2017年03月21日

2017年2月の訪日タイ人数、前年比22.5%増で第5位

  <2月の訪日タイ人数、前年比22.5%増
 日本政府観光局(JNTO)によると、今年2月の訪日タイ人数(推計値)が国・地域別で5位となる前年同月比22.5%増の7万5100人となった。訪日外客数全体では同7.6%増の203万5800人となった。
 国・地域別トップは韓国の前年同月比22.2%増の60万人、2位は中国の同2.0%増の50万9100人、3位は台湾の同1.7%減の34万3000人となった。
 これにより1〜2月ではタイは国・地域別で6位となる前年同期比14.6%増の14万300人となった。全体では同15.7%増の433万1500人となった。{タイ通ウエブ・2017-03-20 12:20配信を転載}}

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

2017年02月17日

2017年1月の訪日タイ人・6.7%増の6万5200人

 日本政府観光局(JNTO)によると、今年1月のタイ人の訪日数は全体で6位となる前年同月比6.7%増の6万5200人となったようです。以下に関連記事。・・・


続きを読む
posted by 新明天庵 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本からタイ・チェンマイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

タイ人による検索数最多の海外旅行先は日本

 海外旅行の検索サイト「スカイスキャナー」(ココをクリック)によれば、昨年1年間にタイ人によって最も検索された旅行先の国は日本だったようです。その中の日本の都市での検索数が多いベスト4都市は? 以下に関連記事。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本からタイ・チェンマイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

2016年度の訪日タイ人は国・地域別第6位の90万人余り

 タイの人口は約6千万人、日本の人口は約1億2千万人。大雑把ではあるが、タイの人口は日本の半分。2016年度の訪日タイ人は90万1400人で、これを2倍すると180万2400人。2016年訪タイ日本人は144万人。人口割合では、訪日タイ人が訪タイ日本人を大きく上回っていることになる。以下に関連記事。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本からタイ・チェンマイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

2016年訪タイ日本人は第4位の144万人

 タイ観光スポーツ省によると、2016年にタイに入国した外国人(速報値)は前年比8.9%増の3258万8303人で、初めて通年で3000万人を超えたようです。以下に関連記事。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本からタイ・チェンマイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

2016年11月の訪日タイ人、前年比5.5%増

 日本政府観光局(JNTO)は、今年11月の訪日タイ人数(推計値)が国・地域別で6位となる前年同月比5.46%増の8万300人となったと発表したようです。以下に関連記事。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本からタイ・チェンマイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

日本で国外退去処分のタイ人・2016年は大幅増加

 タイの入国管理当局によれば、日本で今年1月1日から12月25日までに国外退去処分となったタイ人は合計1138人で、昨年1年間の693人を大きく上回ったそうです。以下に関連記事。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本からタイ・チェンマイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

日本人に人気の海外観光スポット2016・タイからはランクインなし

 旅行口コミサイトのトリップアドバイザーが発表した日本人に人気の海外観光スポット2016で、タイからランクインしたスポットはなかったようです。どうなっているのでしょうかね? 以下に関連記事。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本からタイ・チェンマイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

タイの人気ドリンク「M−150」が日本でも販売!

20161207newsA.png
エナジードリンクの文字が!

 タイでは、栄養ドリンクがソフトドリンク並みに人気があり、選ぶのに苦労するくらいいろんなブランドがある。日本で人気の大正製薬のリポビタンD(1本12バーツ?)まである。物価の優等生で、十数年以上にわたって1本10バーツ(30円)のまま。

 そんな中で、タイの人気ドリンク「M−150」が日本でも販売となった。1本120円と約40バーツと、タイの4倍の価格。でも、日本にいるタイのファンなら、1本飲んでみたくなりますよね。以下に関連記事。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本からタイ・チェンマイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

10月の訪日タイ人は14%増の9・8万人で第6位

 日本政府観光局(JNTO)によると、10月に日本を訪れた外国人(推計値)は、前年同月比16・8%増の213万5900人で、10月として過去最高だった。以下に関連記事。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本からタイ・チェンマイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

訪日外国人旅行者が10ヶ月で初の2000万人を突破!

 先月の日本への一時帰国ですが、さすがに福井県や滋賀県の城などの超ローカルな観光スポットには外国人観光客はわずかで、タイ人となると皆無。それでも、大阪城見学の折には、中国人を筆頭に外国人観光客が大半で、日本人は少数という驚くべき事態(?)になっているではないか。もちろん、大阪城では、タイ人旅行者も来ており、十人以上目撃。以下に関連記事。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本からタイ・チェンマイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

日本で運転免許の更新・高齢者は免許証返納せよ!


image-0c857.jpg
平成29年3月(?)より改正だそうです

image-363b2.jpg
我が故郷の免許返納者特典ですって!

日本は世界でも有名な長寿国。そのこともあって、「高齢者は65歳以降」で、75歳以降は後期高齢者と呼ばれる。他方、タイでは定年の60歳以降を老人と呼び、いろんな場所で“老人割引”や“老人無料”サービスが当たり前。例を上げると、国立公園入場が無料、映画館や有料公園も割引の価格などとなっている。

翻って日本の老人サービスは、高齢者となる65歳以上や70歳以上が大半ではなかろうか?  平均寿命がタイでは日本より短いので、それはそれで国の違いの範疇かもしれない。

タイでは15年程まえまでは運転免許証が終身免許だった。その時に終身免許を取得していたドライバーは、現在でも終身免許が継続している。

50歳になっても、30年前の20歳の時の顔写真の古びた運転免許証をもっている。「そんなの別人の顔写真だろうが!」「ボロボロで文字もよくわからんぞ!」。などと、突っ込みどころがいっぱいの終身免許証。

我が日本では、お上は下々の国民に、なるたけ運転免許を与えないことになっている(多分)。そればかりでなく、高齢者を越えると、70歳と75歳には高額な(多分)高齢者講習を事前に受けないと、免許更新を受け付けてくれない。

欧米などの先進国でもそのような高齢者講習を義務化しているのだろうか?  タイではそんな非常識なことは、この先もやらないであろう。

昔はなかった高額負担の高齢者講習の義務化。これによる年間収入総額を、野党は追求して、国民に発表して欲しいものだ。

やることに事欠いて(?)、「高齢者になったら免許を返納しましょう!」運動を始めている。これこそ「小さい親切、大きなお世話」そのもの。日本の常識は世界の非常識・・・??!!

もっとも、折角高額なお金で取得した運転免許証なので、それに見合う見返りが必要。その見返りは市町村により様々。多いのはコミュニティーバスなど3年間無料などの特典。

笑うのが、その自動車に代わるバスなどの無料が終身でなく、長くて3年間。要は、3年でお亡くなりになるだろう、との予想(期待?)を立てている。実際は予算の関係であろうが、そのように受けとられても仕方ないかと。

マイカー所有率全国1位の福井県。高齢者の免許返納者は年間何人なのか、是非とも知りたいものです。一度返納したら最後、元気になっても戻してくれません。(そんな 馬鹿な)



♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

福井の南条の山里・ついにチェンダオ山頂並みに6℃に!

image-87eb2.jpg
image-253d4.jpg

昨夜(24日)は寒くて、早く布団の間に潜り込んで暖かくする。程よい暖かさに包まれ、いつもよりだいぶ早く眠りにつく。

そして、いつもよりだいぶ早い午前4時半前に目覚めてしまう。外に出て寒空を見上げると、オリオン座が少し西に傾いて煌めいている。寒くて、星空もちょっとの間眺めてるだけ。

午前6時前の気温がついに5℃まで下がる。この寒さはチェンマイの平地ではあり得ない。あるとしたら、タイで第三番目に高いチェンダオ山の冬の山頂の気温かと。

今年の年末年始から来年の2月にかけて、チェンダオ山登山予定が2件ほど入っている。タイで最も美しい山のチェンダオ山。山歩きの好きな日本の方には、是非とも1度は登って欲しい山です。

冬のチェンダオ山といっても、最低気温が6℃前後。日本の冬から比べたら、晩秋の冷え込み程度かと。先ず、晴天続きのチェンマイの冬なので、雨の心配はゼロなのが安心ですね。

冷え込んだ朝の日昼は好天に恵まれることが多い。とうとう故郷最後の1日になってしまいました。

今日の深夜に関空を発って、シンガポール乗り換えで、明日の午後にはチェンマイ空港です。チェンマイはさぞかし、暖かいのでしょうね。


♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

福井の南条の山里・最低気温7℃とこの秋で最も冷え込む

image-65cc3.jpg

昨夜は寒風が吹き、思わず「さぶー!」と肩を震わせる。今朝方(24日)は、ほぼ雲一つない快晴空。これでは夜間の放射冷却が進んで、地面から熱が奪われっぱなし。

このきつい冷え込むなら、この秋に入っての最適温度を記録したのではないだろうか。確かめに、道路脇温度表示版を見に行く。

午前6時過ぎで7℃と、これまでにない冷え込み。写真を撮ろうともたもたしていたら、上記写真のように8℃に変わってしまったではないか。

夜明け前より雲のない秋晴れの空。雲が幾分かあった方が、綺麗な朝焼けが拝見できるのに、ちょっと残念な気がしないでもない。

南条の里の秋晴れは、雲一つないはずだが、ほぼ一直線の飛行機雲ができてしまいがち。生まれ育った山里のその昔は、飛行機雲が珍しかった。

でも、今では、昼も夜も空高く飛行機が結構行き来する。多分、上空が航空路になっているのだろう。

ちなみに、チェンマイでは空港に発着する飛行機は多いのだが、空高くに出来る飛行機雲は滅多に見られない。

大空へのロマンをかきたてる飛行機雲が見られないのは、ちょっと寂しい。

今朝方のように冷え込みが強まると、山里の紅葉も間近。でも、その美しい紅葉を見る前に、チェンマイに戻ることになる。



♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

福井の田舎町でもコンビニのFree Wi-Fi充実・その2

さてコンビニでのFree Wi-Fi利用であるが、さすがに1日あたりの使用回数と時間に限界が設けられている。

1日あたりの利用時間が最も長いのはローソンで「福井の田舎町でもコンビニのFree Wi-Fi充実・60分×5回」(多分)で、断続的でも1日で使いきれないくらい長時間利用可能。

2番目がセブンスポットで、確か1日60分×3回。Family Martはケチで、1日20分×3回(登録すればもう少し長い利用可能みたい)。ただし、Family Martは店によっては、椅子とテーブル並べてそこでネットを無料で楽しめるサービスを行っている。

家のすぐ近くのセブンイレブンでは、小さな丸テーブルと小さな椅子が2つ置いてある。美味しい100円コーヒーを注文して、そのテーブルで座ってスマホやノートパソコンでネットを楽しめる。(肩身は狭くなるが?)

スマホでのライン電話や書き込み、フェイスブックへの書き込み、検索などは、最寄のコンビニでのFree Wi-Fi利用で済まされるかと。

また、城や博物館などの人気観光スポットでは、大半がFree Wi-Fiポイントが設けられるようになってきている。Free SPOTみたいに、その場でメール登録すると、メールでパスワードを即座に受け取っての利用開始もある。

Wi-Fiルーターを有料でレンタルする方法が一般的だろうが、ビジネスで一時帰国しているわけでなし、24時間営業のコンビニでのFree Wi-Fi利用で十分な私。


今回は、すぐ近くのセブンイレブンがFree  Wi-Fiを設置したこともあり、また、車で5分余りの近所にローソンがあることもあって、出掛ければだが、一応24時間ネットには不自由しなくなった。

それでも、チェンマイのような小さなコーヒー店にまでパスワード入力でのFree Wi-Fiの充実ぶりには、日本はまだまだ遅れていると言えるかも。まあ、ネットスピードだけは日本が勝っているのは確かだが。

タイのように、シムフリーのプリペイド方式が基本の通話・通信料金システムにならないと、日本のFree Wi-Fi 網はいつまでたっても、タイに追いつけないのではないか?


♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

2016年10月24日

福井の田舎町でもコンビニのFree Wi-Fi充実・その1

image-85f20.jpg
image-f9531.jpg

日本の観光庁は、東京オリンピックの開催される2020年までに、訪日外国人を年間4千万人に増やす計画。日本を訪れる外国人を増やすにはいろんな事を整備拡充する必要が。

その整備拡充の1つとして、外国人旅行者がLINEやFacebookを無料で気軽に使えるように、Free Wi-Fiの場所を多くする必要があろう。

Free Wi-Fiの使えないような観光スポット、ショッピングセンター、コンビニ、ホテル、旅館などには、最初から行かないといっても過言ではない。

タイのチェンマイでは、小さなコーヒーショップまでFree Wi-Fiになっているのが当たり前。いろんな場所でFree Wi-Fiが楽しめるという点では、タイの町はハイテク先進国日本よりもはるかに進んでいる。

島国日本にいては、そのような“遅れた日本”など、客観的に見えないであろう。まあ、ネットスピードはさすがに日本の方が早いのはいうまでもないのだが。

福井の田舎町に一時帰国すると、ネット難民と携帯電話難民になって困り果てた。ところが、冒頭に記したように、政府の外国人旅行者増加政策により、Free Wi-Fiスポットの拡充整備が急速にすすんでいるようだ。

2020年の東京オリンピック招致決定で、国内のFree Wi-Fiポイントが急増したように思われる。そして、訪日外国人用に、全国に散在するFree Wi-Fiポイントを1つのグループにまとめて、いちいちパスワードを入力せずに簡単便利にアクセスできるようにした。

それが訪日外国人ならばよく知っている「Japan connected free Wi-Fi」。上記写真は家から200メートルの近さにあるセブンイレブンに貼ってあったシール。

24時間営業のコンビニなので、インターネットを使用したければ、いつでも可能。店にはいらずとも、スマホ片手に店頭で使える。また、車を店頭に駐車すれば、車の中でノートパソコンを開いてインターネットを無料で楽しめる。

それに勝山の県立恐竜博物館に貼ってあったシールです。

もっとも、無料ネットの利用時間には、コンビニにより、場所により、1日の利用回数や1回の利用時間に制限はあるのだが。その状況説明は次回に。


♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

2016年10月22日

826askaの迫力溢れる演奏に詩人今村秀子朗読会

image-83f4f.jpg
郷土詩人の今村秀子さん

イベントといえば集落の祭りぐらいしかなかった、昔の田舎とまったく異なり、昨今の山里では各種イベントが週末や祝日に開催される。本日の土曜日は午後から2つのイベントをハシゴ。

1つは町の消費者グループの祭りで、そのアトラクションとして「826askaさんの迫力満点のエレクトーン演奏会」。家から200メートルもない保健福祉センターでの身近な開催なので、様子を見に出かけた。

1台のエレクトーンで“オーケストラのような迫力”の演奏ができるとはビックリ。それを中学生くらいの女の子がするので2度ビックリ。You Tubeで一気に有名になったらしい。

気になる方はもちろん、気にならない方も騙されと思って、検索して彼女の演奏が動画をご覧下さい。それにしても、エレクトーン1台であそこまで凄い演奏ができるのには驚きと感動ものです。  

ちなみに、地元福井県鯖江市の吹奏楽の中学生だそうです。いたって普通のご家族育ちだそうです。

チェンマイのサタデーマーケット などで、3 人の王様像広場で大音量で、タイ人も親しめる曲を演奏したら絶対大喝采を浴びることに請けあいます。

次に南条のパワースポットである妙見山歓喜寺で開催の「天から見た年上の娘たち展」の2日目の「今村秀子・詩の朗読会」に足を運ぶ。

福井の南条が生んだ郷土詩人・今村秀子さんのお話と詩の朗読。私もそうだが、小高い山のお寺のすぐ下の集落で生まれ育って67歳になる彼女。

癌で62歳に逝去した母の生誕100年を記念しての開催。それがお寺の本堂で行うのが異色。でも、話や朗読を聞き始めたら、逆に慣れ親しんだお寺でやるのが最もふさわしいとわかる。

「母が癌で倒れて余命短いとわかっていても、幼い子供3人の世話に追われて、見舞いや看病できなかった。それが負い目としてずっとずっと残っている。そこで、亡き母への追悼の詩を書くことを決意しました。」と、静かに語る今村秀子さん。

はからずも、「故郷の山に向いて言うことなし。故郷の山はありがたきや!」との、石川啄木の詩を紹介。越前富士を毎日眺めて暮す故郷。その日野山の反対に位置する妙見山のこの寺。

優しすぎるほど郷土を愛し、郷土で生まれ死んだ母を愛する詩人。今村秀子さんを初めて知ったのだが、優しさと強さを頂いたようでパワーが出てきた思い。

お寺でやるということは、若者や中年、年配の村人が気軽に足を運びにくいのだろうか?  爺さん、婆さんが大半の詩の朗読会でした。


♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

またもやドイインタノン並みの寒い朝

image-7abe6.jpg
日の出前の朝ぼらけ?

image-0401f.jpg
締めなくとも寒さで引き締まる?

image-9dc8a.jpg
日野山の朝雲の滝

日の出前のきつい冷え込みに、起きがけに2階の窓から外を眺める。山並みの稜線の上に綺麗な朝ぼらけ。空高くには下弦の月が残っている。

この冷え込みでは、気温も一桁だろう。確認しに少し散歩。やはり9℃。「冷え込む朝に散歩と散策で気温は9℃。これなら、三々九度の朝と言うのかな?」。滅茶滅茶お粗末でした。

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング


posted by 新明天庵 at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本からタイ・チェンマイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

我が家のお宝・恐竜の卵の化石?

image-d6d10.jpg
我が家の先祖代々の家宝?

我が家の勝手口ドアーの開閉の押さえ石として使っている卵型石がある。その形といい、剥がれ具合といい、恐竜の卵の化石に違いない。

テレビの「お宝鑑定団」に出そうと密かに目論んでいるのですが、いかがなものでしょうか?  シラノザウルス(?)の卵化石と確信しているのですが、イシコロザウルス(?)の卵に似た、単なる“石ころ”との説もあるようです??!!


♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

秋深まる福井の山里・ママチャリで散策

image-7e162.jpg
大塩城跡への道標

image-90bd4.jpg
大塩八幡宮の歴史

image-d5b0e.jpg
展望台より武生を眺める

image-9d6ad.jpg
杉木立の美しさ

image-6295a.jpg
夕暮れの空

町が行う健康診断を問い合わせに、ママチャリで昼前に役場に行ったら、「あら?午前中にちょうどやっていたのに・・・」と言われる。「運が悪い」とはこのこと。

仕方なしに、ママチャリで懐かしい自然風景を訪ねてノンビリとサイクリング。でも、こんな平日の昼間にサイクリングする暇人は、私一人だけ。目立たないように気を遣いながら。


♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング