2020年11月25日

ファイナムダン国立公園では早くもタイの桜が咲き始める!

20202225sakuraA.png

20202225sakuraB.png

 11月24日、チェンマイ県メーテン郡にあるファイナムダン国立公園では、早朝の最低気温が17℃を記録した。公園内では、まだ2本ではあるが、早くもタイの桜(พญาเสือโคร่ง・ヒマラヤ桜の1種)が咲き始めている。なお、先の19日から22日の特別4連休では、同じ国立公園にあるポーンドゥアット温泉(โป่งเดือด)やターパイ温泉(โป่งน้ำร้อนท่าปาย)も多くの行楽客で賑わった。

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 07:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月16日

チェンマイのサムーン郡の3つの秘湯温泉(3)

20201116onsenA.jpg
 入り口門横の温泉看板

 <サムーン郡の山間の静かな秘湯・ポーンクワーオ温泉

 なにせサムーン郡の辺境という不便極まりない山間にポツンとあるのが、私営のポーンクワーオ温泉。チェンマイ市内からのバイクツーリングでは、片道2時間以上かかるという“山のあなたの空とおく”にある秘湯。・・・


続きを読む
posted by 新明天庵 at 22:00| Comment(1) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月14日

チェンダオ土管温泉物語・2020年11月13日

20201113onsenB.jpg
 チェンマイ市内からの女性軍団・よくしゃべるわ!

 土管温泉が最もにぎわう冬季に入って初めての湯浴みに。チェンダオ生徒寮での用事を済ませて、昼前の午前11時前に温泉場に到着。最初こそ数人しか先客がいなかったのだが、地元に人を中心に見物者も含めて次々とやってくるではないか。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 14:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月04日

知り合いと2人で薬草サウナと露天温泉バイクツーリング!(その1)

20201104saunaC.jpg
 女性用の2つのサウナ室の様子

 <知り合いと2人一緒の薬草サウナも愉しからずや!

 オラが田舎のお寺薬草サウナ。そのファンである知り合いの方から、「久しぶりに薬草サウナに行きたいので、午前9時からの朝1番でも構わないから、電話予約して欲しい!」と頼まれた。いつもは私1人だけなので、当日朝の8時頃に、朝9時からの予約を入れるのだが、友人と2人なので、前日に電話予約を入れておいた。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 09:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月26日

チェンダオ土管温泉物語2020年10月下旬・「塩ビ配管がひび割れ」

20201026onsenA.jpg
 生徒寮から土管温泉への道は風光明媚!

20201025onsenB.jpg

 庵からチェンダオ土管温泉までは約35キロで、バイクだと40分余りの距離。となると、2〜3週間に1度の割合程度でしか、土管温泉を訪ねることができない。先日は、ボランティア先のチェンダオ生徒寮に野暮用ができたので、用事が終わってから迷うことなく、午前10時前に土管温泉へ。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 14:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月25日

チェンマイのサムーン郡の3つの秘湯温泉(2)

20200924onsenA.jpg
  ここが名湯温泉場です

 <名湯温泉はどうなっているのか、気になるわ!

 サムーン郡ボーケーオ地区が誇るのは特産の冬のイチゴだけではない。恵まれない貧しい山岳民族の子供を集めて全寮制にしているメートー学校があるのも、ボーケーオ地区の誇りである。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 02:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月21日

チェンマイのサムーン郡の3つの秘湯温泉(1)

20200921onsenA.jpg
 クンカーン国立公園入口

 新型コロナ禍で、タイは訪れる外国人旅行者をほぼ完璧に入国禁止に。くわえて、経済活動が著しく低下して、失業者の急増などで、国内、県内旅行さえも大幅減に。チェンマイのどこの観光地も、平日などは閑古鳥が啼いているくらい。
 でも、人出が多い観光スポットが大嫌いな北タイ温泉探検隊には、新型コロナ禍は、文字通り“禍を転じて福となす”で、この機会に「“閑古鳥の啼くような静かで落ち着いた温泉巡り”を楽しまなくちゃ!」となる。温泉探検の“つまらない楽しさ(?)”を一緒に体験してもらうために、今回は、チェンマイ在住ロングステイの2人の老人誘ってのピックアップトラックでの4人旅。さて最初の温泉は・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 10:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月10日

メーリムにある豪華温泉リゾート.・Onsen @ Moncham (温泉@モンジェーム)

20200910onsenC.png

20200910onsenB.png

20200910onsenA.png

 日本風の温泉リゾートで宿泊して、ゆっくり温泉に浸かってくつろぐには最高かと。まあ、料金の方も最高のようですが。チェンマイのメーリム山中にも、このような高級温泉リゾートがあるということを知っていただければ幸いです。なお、詳細は以下の公式フェイスブックなどを参照。
  https://www.facebook.com/OnsenAtMoncham/
  場所地図は https://g.page/OnsenAtMoncham?share

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 13:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月09日

チェンマイのサムーン郡の町の“Samoeng Center”に純日本風温泉!

20200908onsenAA.png

20200908onsenBB.png

 チェンマイで純日本風の風情のある温泉で静かにくつろぎたいならば、ドイ・ステープ&プイ山系の裏手にあるサムーン郡のサムーンの町へ行こう。町そのものが盆地の小さな静かなそれで、その町に“คุ้มสะเมิง(クーム・サムーン):Samoeng Center(サムーンセンター)”というリゾートがある。そのリゾート施設の1つとして純日本風温泉が備わっている。
 日帰り入浴料はいかほどなのかは、このリゾートの公式フェイスブックのココにある連絡先に電話して尋ねてください。また、グーグル地図でのここの場所はココををクリック。粗雑な作りのタイの温泉施設に飽きた方は、是非とも一度ここの温泉に浸かってくつろいでみてください。(私は今後機会があれば1度だけでもここの湯船に浸かってみたいですわ!)

 ◎電話で温泉の入浴料金を尋ねましたら、「大人1人250バーツ(時間制限なし)・5人団体の場合は800バーツ(ただし1時間)」とのことでした。まあ、高級リゾートの日本風露天温泉ですから、そんな料金になるのでしょうね。
 
「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 01:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月08日

サンカンペーン温泉への手前に最高級の温泉&スパ!

20200908onsenA.png

 その名もOnsen Health Spa & Hot Spring Resortで、近くにある公営のサンカンペーン温泉もみずぼらしく思えてくるくらいだ。この「Onsen」は十数年前にオープンしたのだが、高い値段設定で客は来ずに、すっかりさびれていた。近年は温泉ブームにのってリニューアルしてまあまあの観光客が訪れていたようだ。
 でも、今回の新型コロナ禍で客は激減しているようだ。ココの公式フェイスブックを覗くと、雨季のプロモーションで「温泉入浴2人分で通常1400バーツを500バーツに割引(事前に053-037074 , 0866591773に要予約)」とあります。この機会に、チェンマイが誇る最高級の温泉&スパを体験してみましょう!

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 06:00| Comment(1) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月06日

ちょこっとソフトボール練習の後は無料の庭園池銭湯で疲れをとる!

20200906softA.jpg
 あれ?8人で2人はどこに?

 諸般の事情で、いまだにチェンマイ大学でのソフトボール練習ができていない。でも、練習グランドに置きっぱなしであるクラブの用具倉庫の中が心配になっていた。そこで、今日の朝に、随分と久しぶりに部員に集合がかかって、倉庫用具の“棚卸”をやることに。すると、なんと総勢10人も集まったのには嬉しかった。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 23:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月01日

チェンダオ土管温泉物語・「禁止事項絵看板の設置など」・2020年8月(C)

20200831onsenE.jpg
 素晴らしい出来栄え!禁止の3項目わかりますよね?

8月最後の31日(月)に、チェンダオ土管温泉の新型コロナ閉鎖後の再開環境整備のとりあえずの仕上げ作業に、北タイ温泉探検隊など3人で出かけた。セメント流し込み作業もあるなかで、曇りではあるが、雨までは作業終了まで降らなかったのは幸いだった(日頃の行いのお陰かな?)。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 09:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月21日

チェンダオ土管温泉物語・「朝湯は静かでのんびり」・2020年8月(B)

20200820onsenE.jpg
 土管温泉に木陰を作ってくれる大木

 「今朝はなんとか曇りのままで雨も降らないだろう」と強気の読み。そこで、バイクでチェンダオ土管温泉へ。ちょっと肌寒いので、薄手のジャンパー(死後?)を羽織って走る。朝の8時過ぎに到着したのだが、毎朝来ているはずのチェンダオ在住の御隠居ロングステイヤーのTさんの姿がない。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 05:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月15日

チェンダオ土管温泉のカレン族村がコミュニティー露天温泉オープン

20200814onsenA.jpg

 チェンマイの秘湯と言えば無料の“チェンダオ土管温泉”。その土管温泉谷川清流の少し下流には、近くのカレン族ヤーンプートゥ村が経営する“蛍の湯”温泉(入浴料大人1人50バーツ)がある(雨季は閉鎖中)。そして、今年2020年1月(?)には、同じくこの村の観光開発のために、コミュニティー露天温泉がオープン。この小さな村には3か所の露天温泉が集まることに。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 02:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月14日

チェンダオ土管温泉物語・「日本人6人だけ!」2020年8月(A)

20200813onsenD.jpg

 チェンダオ山は雨雲でほとんど見えず、いつ雨が降ってもおかしくない曇り空の平日の朝。チェンマイ・ソフトボールの仲間5人で、土管温泉に立ち寄って朝湯を楽しむことに。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 08:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月10日

チェンマイ田舎日本庭園露天温泉と近所の子供たち・2020年8月A

20200808onsenA.jpg
 この温泉場にもサーンプラプーム(土地精霊祠)があって、
 毎回拝ませてもらっている

 なんとタイ国内での新型コロナ新規検査感染者が70日間以上もゼロを更新中。となると、感染防止規制はほぼ緩和され、タイ国内はどこへでもほぼ自由に動き回れる。でも、人間は得てして楽な方に流れるので、“外出自粛閉じ籠り”もさほど悪くないとなる。その“外出自粛閉じ籠り”後遺症に甘えてしまい、特にゴルフと縁のないわたしなんぞは、庵からの“攻めの外出(?)”もめっきり少なくなってしまった。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 13:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月07日

チェンマイ田舎日本庭園露天温泉・庭園池銭湯は雨の中!

20200805onsenA.jpg
 この日は集落の中のメーテン側も雨季に入って最大の増水!

 2020年8月5日の午前中。この日の朝の曇り空が、雨が降らずにそのまま持つだろうと期待。目の病気で過去3日ほどシャワーを浴びることができなかったので、庵からバイクで10キロ余り先にある日本庭園プライベート露天温泉へ。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 16:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月31日

北タイ温泉探検隊物語・パーイの第2次世界大戦記念鉄橋横の土管温泉健在!

20200731onsenC.jpg
 今やパーイ観光のゲートウェイともなっている
 第2次世界大戦記念鉄橋

 チェンマイから国道1095線でパーイの町に向かうと、その町に入る手前にパーイ川に架かるコンクリート橋の横に緑色の古びた鉄橋がある。必ず立ち寄るパーイの人気観光スポットの1つで、土産物屋や観光客で大変な賑わいを見せている。
 でも、新型コロナ禍で外国人観光客は皆無で、4連休を利用してのタイ人観光客もわずか十数人いるだけで、なんとも静かで落ち着いた観光地になっている。まあ、さびれて昔ながらに静かなパーイ旅行を楽しみたいのなら、この雨季の時期が絶好のチャンス。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 10:00| Comment(1) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月26日

チェンマイ田舎日本庭園露天温泉と釈迦頭・2020年7月

20200726onsenC.jpg
 庭園池温泉と奥に2つの源泉井戸がある温泉場

 そうだ昨夜は、シャワーを浴びるのが面倒でベッドに横になるとすぐに寝込んでしまった。翌日の今日の素晴らしい好天に誘われるように、銭湯代わりも兼ねて、久しぶりに私のプライベート温泉である日本庭園露天温泉に、いつものようにバイクで出かけた。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 10:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月11日

チェンダオ土管温泉物語・2020年7月(A)

20200708onsenC.jpg
 塩ビ配管つなぎ目をセメントで固める作業中!

 チェンダオ土管温泉修繕第2段で、7月8日(水曜)の朝の8時頃、雨が降り出してもおかしくない曇天の中で、昨夜からの雨に濡れた土管温泉場に到着。天気が悪い朝なので、土管温泉には誰もいないであろうと思いきや、なんと、ビキニ姿の若い女性が1人でいて、土管湯船でのんびり湯浴みしているではないか。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 08:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする