2018年07月14日

チェンダオ土管温泉になぜか時計と湯温表示看板が?

20180715onsenF.jpg
 こんな看板はこれまでなかったのに?

 毎月1回の“チェンダオ生徒寮ムーカタ鍋昼食ボランティア”に出掛けた帰途、約1ヶ月ぶりにチェンダオ土管温泉に立ち寄ることに。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 19:00| Comment(2) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

生まれ変わったチェンマイの新ドイサケット温泉(その2)

20180707onsenJ.jpg
 左側が家族風呂棟と大浴場棟

 せっかく温泉に来たのであるから、もちろんひと風呂浴びることに。4人が一緒に入れるとなると、大人1人、30分50バーツの銭湯風の大浴室しかない。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 11:00| Comment(1) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

生まれ変わったチェンマイの新ドイサケット温泉(その1)

20180702onsenB.jpg
 新温泉公園の平面図看板

 6月の23日以降に、全面的にリニューアルした新ドイサケット温泉がソフトオープン(その全容紹介の動画はココの記事を参照)。3ヶ月間の試行期間を経てから、正式にオープンとのこと(これも?なのがタイですが)。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 16:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

チェンマイのドイサケット温泉が全面リニューアルしてオープン!


  拡大してご覧ください

 チェンマイ在住日本の温泉好きな方には、多くの旅行者で混雑するサンカンペーン温泉よりも絶大な人気を誇るのが、田舎自然の中にあるドイサケット温泉。そのドイサケット温泉が、サンカンペーン温泉を超えるような“温泉リゾート公園”として、全面リニューアルしてオープンしているようです。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 03:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

チェンマイ県ファーン露天温泉に蛍が舞う夜の湯浴み

20180604fan.png
 借り物の露天湯船写真ですが

 チェンマイ県の露天風呂ではベスト3に入るのが、ファーン郡のファーン国立公園内にある露天風呂(上記写真)。山麓のなだらかな丘陵地帯という大きな自然公園の中にあるので、露天温泉に浸かって、周囲の静かな温泉公園を眺めていると本当に心身ともに癒されます。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 10:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

チェンマイ県チェンダオ郡の土管温泉逍遥

20180519chendaoD.jpg
 地元温泉場だけに地元の人とのふれあいあり

 チェンダオに出掛ける機会があった折には、なるたけヤーンプゥート・カレン族村にある土管温泉に寄って、ひと風呂浴びるようにしている。だが、看板もない無料の自然谷間温泉場にもかかわらず、地元の人たちが入れ代わり立ち代わりやってきて賑わっていて、土管温泉でゆっくり湯浴みできなくなってきている。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 04:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

HUG温泉・HUG ONSENはランナー温泉のすぐ手前!

20180516onsenA.jpg

 緩やかな傾斜の緑の谷間にぽつんとあるランナー温泉。だが、そのすぐ手前に隣りを接するようにあるのが、新しくオープンしたHUG ONSEN。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 04:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

チェンライで自然環境も湯船も最高の温泉といえばランナー温泉

「LANNA ONSEN」の目印看板が消えている!

20180515onsenA.jpg
 タケノコ温泉の源泉噴水

 旅先での本日の朝風呂は、チェンライが誇る自然環境も湯船室も最高のランナー温泉へ。勝手知ったる馴染のその温泉だが、不覚にも国道から入る横道を間違えてしまい、少し遠回りしていわゆるチェンライ方面への出口から逆に入ってしまうことに。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 11:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

チェンライ県のメーカチャン温泉の足湯は中国人でいっぱい!

20180430newsA.jpg

 チェンライ県ウィアンパパオ郡を通る国道118号線沿いにある、噴水泉が目印のメーカチャン温泉。チェンライとチェンマイを結ぶ国道沿いにあり、ドライブインとしても最適なメーカチャン温泉。その温泉の足湯施設が、観光で行き来する中国人で溢れている。

チェンマイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by チェンマイニュース(2018/04/29)


 ◎足湯は中国人で占領状態にあるのは以前からで、今に始まったことではない。こうなると、そこの足湯には近づかない方が無難。
 ◎実は、その温泉場の国道を挟んだ反対側車線沿いも同じメーカチャン温泉。そこの足湯施設には、さすがに中国人観光客はほとんど来ないようで、ゆっくり静かに足湯を楽しめるかと思います。ここにも中国人が押し寄せて来ているのでしょうかね?

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

posted by 新明天庵 at 01:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

チェンマイ県サラピー郡で電柱から突然温泉蒸気噴き出す!



 4月22日、チェンマイ県サラピー郡チョムプー地区ロムパートン村のロムパートン寺の住職が、通り横の電柱付近から熱い温泉蒸気が噴き出していると紹介。確かに、電柱周囲の地面の割れ目より熱い温泉蒸気が噴き出ているのが確認された。現場周囲を立ち入り禁止にして、温泉が噴き出してきたのかどうかを調査することになっている。

チェンマイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by チェンマイニュース(2018/04/22)


 ◎チェンマイでは過去にも同様に電柱周囲から熱い温泉蒸気が出たことがありましたが、結局、その蒸気の噴出も止まって、元の木阿弥になってしまったことがありました。つまり、ここで温泉が湧き出てきて、新しい温泉になるようなことは、まず考えられないようです。

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリック(以上?)をお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


posted by 新明天庵 at 12:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

プラーオ郡の温泉でディープな探検!テント張って一泊!

 <なんとか温泉場でテント泊できそうだ!

20180331onsenH.jpg

 マンゴーの里の小さな集落の山麓にひっそりとたたずむのが、チェンマイ県プラーオ郡にあるノーンクロック温泉。チェンマイ市内からだと100キロ余りもあるので、地元の人しか来ないような“知られざる温泉”ともいえる。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 16:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

チェンダオの秘湯・谷川清流エメラルド温泉で温泉湯船作り!

20180327onsenA.jpg
 掘って作った谷川湯船に浸かって満足!

 チェンダオのとある県道から、車もバイクも通れないような荒れた坂道を歩いて降りる4人のおっさん(老人もいる)温泉探検隊。途中、林の中の道なき道を“藪コギ”するために、長靴に手にはナタという重装備のA隊員が先頭あるいて、通路を切り開く。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 09:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

チェンマイ県プラーオ郡への温泉逍遥

20180324onsenA.jpg
 ノーンクロック温泉の
 源泉掛け流し適温露天風呂プール?

 わからないように(?)北タイ温泉探検隊を名乗っているだけあって、1ヶ月以上も温泉に行かないと、ビタミンAならぬビタミンO(オー)不足でもやもやするというストレスがたまる。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 06:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

朝夕に村人の掛け湯で賑わうチェンマイのドイサケット(ドーイサケット)温泉

20171219onsenA.png
 ちょっと古いですが3つの源泉池

 チェンマイ県ドイサケット郡パーミアン地区ポーンクム村にあるドイサケット(ドーイサケット)温泉。当紙記者が12月16日午前6時に訪れたら、温泉公園の入り口にある3つの源泉池では、村の男の人や女に人が多く集まり、掛け湯で寒さを和らげていた。
 村人によれば朝は午前6時から賑わい、夕方は午後3時から賑わうとのこと。温泉湯は皮膚にも良くて、健康にも良いとあって、村人で源泉池は大いに賑わっている。
 なお、温泉公園奥では、来年2018年6月頃の完成を目指して、露天風呂、足湯施設、浴室コテージ、家族風呂建物、マッサージ棟、食堂・レストラン棟などの日本のような総合温泉施設を建設中となっている。

タイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by タイニュース(2017年12月18日付引用)


 ◎最新のドイサケット温泉の様子は、ブログ「チェンマイ日記」さんのココの記事をご覧ください。そこの写真では来年5月3日に建設終了予定となっていますが、1〜2ヶ月程度遅れるのは当たり前のようです。まあ、来年の7月には完成していることを期待します。

 ♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

2017年12月08日

チェンマイ県のメーチェム郡のテープパノム温泉・寒さを和らげる温泉池賑わう!

20171208newsA.png

 まだ朝夕の寒さが残る12月7日、当紙記者はチェンマイ県のメーチェム郡のテープパノム温泉(บ่อน้ำพุร้อน เทพพนม)を訪問。この温泉はホート郡からメーホンソーンへ向かう国道108号線から、メーチェムに向かう1088号線に入って約8キロの左側にある。この温泉地の大きな温泉池は、寒さを和らげるには適温で、近在の住民が朝夕に入浴にやってきて賑わっている。

チェンマイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by チェンマイニュース(2017/12/08)




posted by 新明天庵 at 03:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

ファイナムダン国立公園のポーンドゥアット温泉に新施設!(後編)

20171205onsenA.jpg
 この角度ではこれまで通りの野天岩風呂

  <静かな林の中の野天温泉場周辺が工事で騒がしい!
 年に数回も来ないのだが、十数年以上通っていることから、温泉公園内に入れば“私の庭”も同然。でも、湯浴みできる野天温泉へわき目もふらず直行。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 03:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

ファイナムダン国立公園のポーンドゥアット温泉に新施設!(前編)

20171205onsenG.jpg
 チェンマイで最高の野天岩風呂温泉

 <“父の日”12月5日は国立公園温泉日和だわ!
 祝日である“プミポン前国王の誕生日”の12月5日がこれまで通り“父の日”として継続することになって、最初の12月5日の祝日。・・・
 
続きを読む
posted by 新明天庵 at 13:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

チェンダオに年末オープンの新露天温泉施設!(その3)

見えない所で新しく露天温泉と足湯施設建設中!

20171203onsenE.jpg
 テント場には5つくらいのテントがある?

 この小さくこじんまりとした林の中の温泉場には、一応テント場もある。でも、こんな寂しい温泉場でキャンプする人など、今まで1度も見たこともない。でも、今回は5個もテントがあるではないか。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 03:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

チェンダオに年末オープンの新露天温泉施設!(その2)

20171202onsenD.jpg
 2つの源泉池の1つで58℃

  <国立公園内温泉へのゲート通過はわくわくどきどき?

 チェンマイ市内から80キロ以上もあり、しかも周囲は自然の林だけの閑静な山間にぽつんとあるポーンアーン温泉。チェンダオ郡に広がるパーデーン国立公園に所属するので、温泉場入り口ゲートで国立公園入園料を払わないといけない。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 12:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

チェンダオに年末オープンの新露天温泉施設!(その1)

  <やはりチェンダオ山はいつ眺めても惚れ惚れする!

20171130yamaA.jpg

 毎日が晴れの行楽日和に突入した11月最後の30日(木曜)。どうしても、チェンダオに野暮用があって、そこを訪ねなければならないことに。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 08:00| Comment(0) | 北タイ温泉探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする