2017年03月24日

チューインガムの木の実・ラムットの巨大な果実

20170324furuit.jpg
 これはでかいです!ラムットの果実!

 チューインガムの木(サポジラ)の実・ラムット(ละมุด)であるが、先日、「こんな大きなラムットの果実にびっくり!」と言いながら、妻が庵に持ち込んだ。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フルーツ天国・タイの果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

タイのピサヌロークの今年のマンゴーの価格は低下傾向

 マンゴー(マムアン)の産地であるピサヌローク県ワントーン郡とネーンマプラン郡のマンゴー栽培農家によれば、1月からすでに収穫が始まり、2月に入って郡内の国道沿いではマンゴー販売屋台が多く出ているとのこと。
 農家によれば、今年のマンゴーの収穫であるが、昨年の旱魃被害と雨季の長雨により、実は大きくなく、収穫も多くないとのこと。その影響で、例年より販売価格が低落し、郡内の国道沿いでは黄色完熟マンゴーのナムドークマイが1キロ30〜50バーツで売られている。

タイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by タイニュース(2017年02月11日付引用)
 

 ◎チェンマイでのマンゴー収穫シーズンは6月なのに、チェンマイの定期市などでは、毎年2月頃から黄色い完熟マンゴーの“ナムドークマイ”が出回り始めるではないか。どうやら、マンゴー収穫シーズンが1月から始まるピサヌローク県などから、たくさん入荷してくるようだ。

 ◎そういえば、庵の台所にも1キロ50バーツで購入した“ナムドークマイ”が5〜6個転がっていて、食後のデザートに毎日出てきている。やはり、マンゴーはなかなか美味しいフルーツだ!

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

2016年10月01日

チェンマイの田舎台所にあるフルーツ

image-8cb2e.jpg
image-2e78e.jpg

今年2016年の9月下旬に、庵田舎台所にあるフルーツ。表面は薄い緑で果肉は白いグアッパ、果物の香りの王様ともいうパッションフルーツ、雨季の代表的なフルーツであるノイナー(釈迦頭)。

甘みが少ないグアッパは妻や娘たちが食べるが、私は遠慮している。タイ語でサワロットのパッションフルーツは私の好み。収穫後に乾燥させ、シワシワになってからが食べごろ。

ノイナーも収穫後に、しばらく置いて後熟させて、全体に柔らかくなってから頂く。舌がザラつく砂糖の食感。黒くて硬い種を歯で噛まないように注意。やはりノイナーが、雨季だけのフルーツと言えるかと。

posted by 新明天庵 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | フルーツ天国・タイの果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

チェンマイ県メーテン郡でランブータン祭り

20160918goA.jpg
 祭り会場の祭り会場のステージ

20160918goB.jpg
 1キロ50バーツのランブータン売り場

 毛むくじゃらのトロピカルフルーツといえば、タイでは“ゴッ”と呼ばれるランブータン。チェンマイ県でもその特産地があり、その1つがメーテン郡ソップン地区。地区の特産でもあるランブータンの祭りが開催されている。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フルーツ天国・タイの果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

今年に入って初めてのマンゴスチン・やはり果物の女王は美味しい!

20160901furuit.jpg

 昨年末から今年5月までは、例年にない干ばつ、異常高温の天気だった。その影響はタイのフルーツの不作に及んだ。マンゴスチン(タイ語でマンクゥート)も例外でなく、不作で価格が高騰。・・・


続きを読む
posted by 新明天庵 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フルーツ天国・タイの果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

チェンマイ田舎の定期市・最近はタイ産ブドウ(?)が溢れている?

20160823grapeA.jpg
 これは種無しブドウで1キロ80バーツ

 チェンマイ庵田舎地区では、大きな定期市が週4回もある。もっとも規模が大きく昔からあるのが木曜午前中定期市、次に金曜夜の定期市、そして月曜夜の定期市、水曜夜の木曜定期市の前段回定期市。こんなに多いと、実際にでかけるのは2つぐらいになるのだが。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 12:00| Comment(1) | TrackBack(0) | フルーツ天国・タイの果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

果物の女王・マンゴスチンがチェンマイで1キロ300バーツの異常高値!

20160810newsD.png 20160810newsC.png

 例年ならば8月のチェンマイでは、果物の女王とさえいわれるマンゴスチンのシーズン。市場などで、1キロ30バーツ前後で購入して、白いクリーミーな上品な味を毎日のように楽しむことができる。ところが、今年2016年の8月には、あるはずのマンゴスチンがほとんど見かけないではないか?・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フルーツ天国・タイの果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

えっ?タイの甘くない安価なバナナのナムワーの価格が高騰だって?

20160805banana.png

 タイでは、生食よりもテンプラやや焼いたりする加工用バナナがกล้วยน้ำว้า(ナムワー)品種。生食用バナナより太って短いので簡単に区別できる。その格安バナナがチェンマイで品不足で高騰しているようですが? 気になる方は確かめてください。

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

2016年07月28日

もぎたての新鮮なランブータン(ゴッ)は美味しい!

20160728fruit.jpg
 もぎたてのみずみずしいランブータン

 妻が知り合いから、もぎたての新鮮なランブータン(タイ語ではゴッ)を手に入れた。さすがに、枝葉のついたみずみずしい色のランブータンは、見た目にも美味しそうだ。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フルーツ天国・タイの果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

夕方前に賑わうチェンマイ田舎のラムヤイ(竜眼)集荷場

20160726furuitD.jpg
 ドラム型選別機を据えた集荷場光景

20160726furuitA.jpg
 本日のラムヤイ引き取り価格ベニヤ看板

 昨日、夕方前のマラソン練習を終えて帰宅途中に、田舎集落外れのお寺横で、テントを張ってのラムヤイの臨時集荷場に出くわした。様子をうかがうためにちょっとバイクを止めることに。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フルーツ天国・タイの果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

チェンマイの雨季はアボカド(Avocado)の季節・その1

20160725avocadAA.jpg
 ピーター3の品種・1キロ40バーツ

20160725avocadBB.jpg
 1キロ35バーツ・3キロ100バーツ

 私もずーっと勘違いしていました(あんただけだろう?)。「アボガド」と発音しがちですが、正確な名称は「アボカド」とのことです。もっとも、「アボガド」で通しても人に迷惑を掛けるわけでなし、「アボカド」はカドが立つような言い回しで、あまり好きではありません(?)。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フルーツ天国・タイの果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年のラムヤイ(竜眼)は不作で価格低迷!

20150725ramuyai.png

 ラムヤイ畑や農園が多くあるランプーン県やチェンマイ県では、7月中旬頃からラムヤイの出荷が始まっている。今年は例年にない水不足・干ばつに見舞われ、ラムヤイの木が立ち枯れする被害も少なくなかった。その影響で、今年のラムヤイ生産は少なくなっている。
 ランプーン市で400本のラムヤイ園を持っている74歳の老人によれば、今年の収穫量は少なく、かつ売り渡し価格もなぜか低迷しているとのこと。当初は最も大粒のAAサイズの価格が高くてよかったのだが、現在では1キロ27バーツまで低下している。これでは収入が10万バーツ以下になり、赤字になるのが確実として嘆いている。

チェンマイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by チェンマイニュース(2016/07/25)
 
 ◎田舎の道を走るときにみかけるラムヤイの木。今年は、果実が明らかに小さく、木になっている果実の量も少ない木が大半。田舎の市場で売っている生食ラムヤイも少なく、小粒なのに値段も高くなっている。
 でも、7月から9月まではラムヤイのシーズンなので、しばしば買い求めて季節のフルーツを賞味したくなる。

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

2016年07月13日

チェンマイでもよく見かけるようになったトゲのある果実“ファックカーオ”

20160713fruitA.png 20160713fruitB.png

チェンマイでは、以前にはほとんど見かけなかったが、最近ではよく見かけるフルーツに“ファックカーオ(ฟักข้าว)”がある。つる性の植物で、日本では“ナンバンカラスウリ・南蛮烏瓜”と呼ぶそうだ。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フルーツ天国・タイの果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

干ばつの影響でチェンマイ県のライチ収穫は昨年の40%!

20160527newsB.png

 チェンマイ県商業局によれば、チェンマイ県のライチ(リンチー)の特産郡であるメーアイ郡、ファン郡、チャイプラカーン郡を中心に、リンチーの収穫量は昨年度の40%まで落ち込むとの予測を発表。その原因は長引いた干ばつで不作になったことがあげられる。不作の上に、粒が小さく、果皮の赤い色付きも不足するなど、よくない品質になっている。リンチーの1キロ当たりの売渡価格だが、AAクラスが25バーツ、Aクラスが20バーツ、Bクラスが18バーツなどとなっている。なお、生食用以外に缶詰用として工場に出荷される部分もある。

チェンマイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by チェンマイニュース(2016/05/27)

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

2016年05月23日

チェンマイはライチ(リンチー)とマンゴー(マムアン)のシーズン

20160523furuitB.jpg
 1キロ35Bのフォンフォイ品種

20160523furuitC.jpg
 1キロ70Bの珍しいオーヒャ品種

 昨日夕方前に、退院後3回目となる骨折ギブスの右手親指の傷口消毒に、チェンマイ市内のランナー病院へ。もちろん、愛車カブバイクで通うわけにもいかず、妻の運転する自家用車に乗せられて。その途中で、妻が唐突(いつものことだが)に、「山岳民族が夕方に売りに来るリンチーを買う!」と言い出すではないか。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フルーツ天国・タイの果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

50年来の干ばつでライチは小粒で品質悪く昨年より安値傾向!

20160519newsAA.png

 5月19日の10:00頃に、ライチ(リンチー)売り屋台が多く並ぶスーパーハイウエー(国道11号線)のランプーン市内シーブアバーン地区を当紙記者が取材した。リンチー売り屋台主によれば、今年は50年来の干ばつ・水不足で果実(フォンホイ種、チャカパット種、キムジェーン種)が小粒で、また、色が悪いなど品質が良くなくて、昨年より安値で売られているとのこと。

チェンマイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by チェンマイニュース(2016/05/19)

 ◎チェンマイ市内で毎年まとまってリンチー売り屋台群が並ぶのが、旧市街を囲む四角い濠の南西角のブアックハート公園前の歩道。今年はまだ屋台が出ていないのでしょうかね?

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

2016年05月13日

今年のチェンマイのライチ(リンチー)は旱魃で不作傾向

20160513raitiA.png 20160513raitiC.png

 
5月12日にチェンマイ県商業事務所は、リンチーの産地であるチャイプラカーン郡では、旱魃の影響で収穫高は昨年度の70%にとどまると発表。この減産傾向はメーアイ郡、ファン郡でも同様となっている。また、旱魃の影響で果実が大きくならず小粒の傾向で、熟しても果皮が赤く染まらない。しかし、味は甘くて例年同様となっている。
 最初に多く出回るフォンフォイ種(ลิ้นจี่พันธุ์ฮงฮวย)であるが、5月7日現在での出荷価格は1キロ40バーツから50バーツ。市場での小売価格は1キロ50バーツから60バーツとなっている。今後、収穫最盛期に向けて価格は下落していくと予想されている。{.hedlomnews.comより記事と写真を転載}


◎5月と6月の2ヶ月間でそのシーズンを終えてしまうライチ(リンチー)。シーズン中は毎日でも我慢して(?)食べないと、シーズン後にきっと後悔しますよ!

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

2016年05月05日

早くチェンマイに戻らないと!ライチ(リンチー)が出ましたよ!

20160505itibaA.jpg
  ついに出ました初物ライチ(リンチー)

20160505itibaB.jpg
  1キロ20バーツのナムドークマイ品種マンゴー

 木曜午前中開催の我が地区のチェンマイ田舎定期市。最近では、前日の夕方に出掛けることに。野菜・果物などを商いする山奥からの山岳民族の売り子が、距離が遠いこともあって、前日夕方に来て早々に店開き。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 05:00| Comment(1) | TrackBack(0) | フルーツ天国・タイの果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

暑さには冷たいフルーツジュース&アイスクリーム屋台・チェンマイ市内6選

20160224iceA.png 20160224iceB.png

 タイのチェンマイにはトロピカルフルーツがたくさん。その生鮮フルーツを氷とともにジューサーにかけると“冷たいフルーツジュース”。それに、「こりゃ便利だわ!」の街角の移動アイスクリーム屋さん。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フルーツ天国・タイの果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

ソンクラーン正月の時期・チェンマイ田舎庵にあるフルーツ

20160414furuitA.jpg

 上記写真の豪華なフルーツ盛り合わせ(どこが?)。3種類あるのですが、日本にいる方はその名前がおわかりでしょうか? サイコロ状に切れ目が入ったのがマンゴー(マムアン)で、それに赤フトモモ(チョンプー)と黄色い果実マヨンチット。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フルーツ天国・タイの果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする