2017年08月25日

チェンマイではノイナー(釈迦頭)が消えてアテモヤばかり

20170823furuitA.jpg
 市場ではアテモヤばかりになっている

 チェンマイなどの雨季のフルーツと言えばノイナー(น้อยหน่า){釈迦頭、sugar apple(シュガーアップル)}。ところが、先日の庵田舎地区の定期市では、ノイナーにそっくりだが、それより大きい果実のアテモヤばかり(上記写真)。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 04:00| Comment(0) | フルーツ天国・タイの果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

ラムヤイ(竜眼)の本場ランプーンで各種ラムヤイを販売

20170807ramuyaiA.png
 左より1キロ50、40、30バーツ

 8月7日より、ランプーン市内ハリプンチャイ寺前の通りで、各種ラムヤイの販売が始まったようです。ラムヤイ品種であるが、最も多く普及しているのが“イードー(พันธุ์ อีดอ)”。次に“ビィアオキィアオ(เบี้ยวเขียว)。そして、果肉が淡いピンク色となっていて最も高いのが”シーチョンプー(สีชมพู)“。

20170807ramuyaiB.png
 これがシーチョンプー品種のラムヤイ
 
 市場などではなかなか売っていない”シーチョンプー(สีชมพู)“品種を、一度賞味して下さい。果肉が淡いピンク色(シーチョンプー)なので、なんとなく甘みが強いように思われます。

 ♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

2017年08月05日

ラムヤイは最低14バーツでの買取を行政命令!

20170805newsA.png

 8月4日午前中に、チェンマイのカウィラ陸軍当局とチェンマイ県知事は、現在1キロ当たりAAクラスが12バーツまで下落しているラムヤイ買取価格に対して、最低でも14バーツでの買取の行政命令を発表。ラムヤイの産地であるランプーン県とチェンマイ県では、まだ25万トン余りの約40%が収穫されずに残っていると推定されている。

チェンマイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by チェンマイニュース(2017/08/05)


 ♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

2017年08月04日

チェンマイの雨季・定期市に溢れるフルーツ・タイメロンのテーンタイ

20170802furuitE.jpg
 これがタイのメロンのテーンタイ

 福井の田舎出身者がひょんなことで(たぶん)タイのチェンマイに定住。“水と安全はタダと思っている(近年は少し違うかな・)”日本、“平和ボケ”しているような日本と比較すると、チェンマイ暮らしの良い点も悪い点もいっぱいある。

 でも、日本で採れないトロピカルフルーツを中心に、種類豊富なフルーツを1年中格安な値段で食べられるのは、間違いなくチェンマイ暮らしの良い点。だからといって、その利点のためにチェンマイに暮らす日本人などいませんけど。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 10:00| Comment(0) | フルーツ天国・タイの果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラムヤイの価格暴落でラムヤイの木を伐採!

20170803newsA.png

20170803newsB.png

 今年はラムヤイの買取価格が暴落して、ラムヤイ産地では社会問題にまでなっている。そんな状況の中、チェンマイ県ジョームトン郡メーソーイ地区のラムヤイ農家では、樹齢20年以上の15本の木を伐採して、炭焼き業者に売り渡した。
 農家によると、今年はラムヤイ価格が暴落し、また、ラムヤイ収穫の労務者不足で思うように収穫できず、労務者日当も値上がりており、収穫してもほとんど利益がなくなるとのこと。そこで、ラムヤイに見切りをつけて伐採することにしたと語っている。このように、ラムヤイの木を伐採する農家が今後増えてくることが予想される。
 なお、1キロのラムヤイ売渡価格であるが、現在ではAAが12バーツ、Aが6バーツ、Bが4バーツ、Cが1バーツで、平均売り渡し価格は1キロで5.75バーツと急落している。また、8月中旬以降になると、ラムヤイの果実が割れてきて売り物にならない事態が出てくる。

チェンマイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by チェンマイニュース(2017/08/04)


 ♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

2017年08月03日

チェンマイの田舎市場に柿が溢れて秋の風情?

20170803furuitB.jpg

 我が庵田舎の木曜午前中定期市(タラートナット)の前段の前日水曜夕方定期市もすっかり定着。勤め帰りや学校帰りの村人で、それなりに賑わっている。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 06:00| Comment(1) | フルーツ天国・タイの果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

2017年のチェンマイやランプーンのラムヤイ(竜眼)価格急落

20170723ramuyaiG.jpg
 収穫したラムヤイ粒を選別機に入れる

“ランプーンはラムヤイ、ラムヤイはランプーン”と言われるが、チェンマイ県でもラムヤイの作付け面積は広い。チェンマイ田舎の庵近在でも、小さなラムヤイ園はいたるところにあり、集落の民家の敷地の中に1本ぐらいはラムヤイの木があるくらい、ありふれた身近な果樹。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フルーツ天国・タイの果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

ラムヤイの本場ランプーンから郵便バックで全国に新鮮ラムヤイを配送!

20170220newsB.jpg

20170220newsC.jpg

 ラムヤイの本場ランプーン県の郵便局では、郵便バックで新鮮ラムヤイを全国に配送するサービスを開始した。それによると、最上級のAAクラスのラムヤイ果実を5キロ段ボール箱に入れ、EMS郵送料を含めて275バーツ(毎週価格を決定)でタイ全国に配送する。この配送サービスは7月15日から8月18日まで行う予定。
 7月15日から開始したこの配送サービスだが、7月19日までの5日間に9070箱(約45トン)を全国に配送している。問い合わせは電話091-7721249番か最寄りの郵便局で。{cmprice.com より}


◎北タイにはラムヤイはありふれた身近な果実なのですが、バンコクなどにいる友人知人への”雨季お見舞い(?)”に郵送するのも面白いかと?

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

2017年07月15日

チェンマイの雨季の市場に溢れるフルーツや枝豆(前編)

20170712furuitG.jpg

20170712furuitH.jpg
 左の縞のある果物は“タイスイカ”

 ほぼ毎日が“曇り一時雨”のぐずついた空模様が続く、雨季真っ最中の7月のチェンマイ。青空と太陽が眺められないので、気分もふさぎがちになる。でも、田舎の市場に行けば、今がシーズンの熱帯フルーツなどが溢れている。以下に写真で紹介しよう!・・・


続きを読む
posted by 新明天庵 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フルーツ天国・タイの果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

ランプーンのラムヤイ収穫始まる・価格は普通

20170712ramuyaiA.jpg

20170712ramuyaiB.jpg

 7月12日に、ランプーン県農業事務所は今年のラムヤイ(竜眼)の状況を以下のように発表。それによれば、県内のラムヤイの木は127,934 本あり、そのうちの6%が収穫されている。まだまだ、市場にはわずかしか出回っていない状態。乾燥ラムヤイ用の1キロ当たりの農家よりの買い取り価格であるが、現時点では、AA クラスが19バーツ、Aクラスが14〜16バーツ、 Bクラスが8〜9バーツ、Cクラスが2〜3バーツ。
 生食用では、AA クラスが39〜40バーツ、 A クラスが36〜38バーツ、Bクラスが33〜35バーツ、 C クラスが25〜30バーツとなっている。乾燥ラムヤイは中国に輸出され、生食ラムヤイはおもに中国やインドネシアなどに輸出される。

チェンマイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by チェンマイニュース(2017/07/12)

 
 ◎チェンマイのラムヤイは、全般的にまだ収穫できるほどの大きさには成長していない。8月に入れば、あちこちのラムヤイ園などで収穫が本格化するかもしれません。

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

2017年07月11日

チェンマイで大粒ライチ(リンチー)の収穫最盛期

20170712raichiD.jpg
 枝から葉を取り、大きさ別に選別作業

 チェンコーンへの2泊3日の旅の最終日。チャイプラカーン郡のイスラム中国人村に立ち寄ることに。その村に入ると、数軒の民家では軒先で、午前中に収穫してきたライチ(タイ語ではリンチー)の選別箱詰め作業をやっているではないか。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フルーツ天国・タイの果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

チェンマイ田舎定期市で数種類のマンゴーが並ぶ

20170629mangoA.jpg
 マンゴーのチョークアナン種(1キロ20B)

 先日の水曜夕方にメーマライの町の定期市を覗いた。果物関係では、さすがにそのライチ(リンチー)のシーズンは終わったようで、ライチ(リンチー)は見当たらなかった。(産地ではまだ残りのリンチーが出回っているのであろうが)・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フルーツ天国・タイの果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

ランパーンの軍が価格暴落のパイナップルを大量購入して農家を支援!

20170624newsB.png

 パイナップル産地の1つであるランパーン県では、パイナップルの生産過剰から工場引き渡し価格が暴落。これまで1キロ当たり10バーツの工場引き渡し価格が、4.5〜5.0バーツと半額以下に暴落。これでは生産農家は赤字になってしまう。その生産農家を支援しようと、6月23日に、ランパーン県のロイヤルタイアーミー基地では大量のパイナップルを購入して、一般に販売し始めた。{cmprice.comより}


 ◎この雨季の時期のチェンマイでは、国道脇トラック荷台果物販売屋台が多く見受けられる。荷台に積まれているのはドリアン、ランブータン、メロン、ミカンなどに混じって、パイナップルもある。ただし、そのパイナップルは、上記写真のように缶詰になる大きなそれではない。

 ◎大人の握りこぶし大の小ぶりのパイナップルの“プーレー種”で、驚くほど甘くてジューシー。小ぶりだけれども1個10バーツと手頃な値段で販売。缶詰用の大きなパイナップルは、市場などではほとんど見かけなくなりました。だって、酸っぱい上に、口の中にざらつき感が残りますよね!

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

2017年06月14日

Thailand King Fruit Paradiseのドリアンなどフルーツ食べ放題299B

20170614newsC.png

 チェンマイ市内のドイステープ寺参道へ続くファイケーオ通り。その通りのリンカム交差点の南西角のThink Park内のThailand King Fruit Paradiseでは、6月末までは1人299バーツでのサービスを行うようです。
 内容などについては以下のフェイスブックを参照下さい。
  https://www.facebook.com/thailandkingfruitparadise/

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

2017年06月09日

チェンマイでドリアンの殻ゴミが1日3〜4トン

20170609newsA.png

20170609newsB.png

 毎年5月から8月はドリアン(トゥーリアン)のシーズンで、チェンマイを訪れる外国人観光客のドリアン消費が急増し、チェンマイ市民の消費も加わって消費量が増加する。チェンマイ市清掃局によれば、このところドリアンの殻ゴミが1日3〜4トンにも達している。市清掃局では、椰子の実の殻、パイナップルの殻、ドリアンの殻などの生ゴミは有機肥料になるとして、まとめて集めて土の中に埋めている。{cmcmprice.comより引用}


♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

2017年06月07日

北タイのプレー県で美味しいドリアンを収穫!

20170607dorian.jpg

 チェンマイでも雨季のこの時期、なぜか“ラヨーン県産ドリアン”との看板を出して、市場や沿道で山積みにしたドリアン(トゥーリアン)を売っています。そうなんです、トロピカルフルーツ天国タイといっても、果物の王様ドリアンは南タイが特産地。北タイ北部では、ドリアンは植えていないのです。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 18:00| Comment(1) | TrackBack(0) | フルーツ天国・タイの果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第8回・Chiangmai Mangoes and Best Products Fair 2017

20170520mango.jpg

【日時】6月7日〜8日(09.00 - 19.00)
【場所】チェンマイ県庁敷地内
【内容】วันมะม่วงและของดีเมืองเชียงใหม่ ครั้งที่ 8
    5月8日:(08.30 - 09.30)オープニングランナー伝統舞踊披露
        :(13.00-) オープニングセレモニー

     県内各郡特産のマンゴー(マムアン)の果樹園直送の展示即売
     マムアン12品種の品評会/タムマムアン競技会/マムアン加工食品展
     マムアン果樹展示即売など各種イベント開催
【ひと言】マンゴーの様々な品種はもちろん、最近多く収穫されるようになった各種
     アップルマンゴーなども市価よりお得な値段で購入できるようです。
     もちろん、日本へ輸出されて“高価なタイ産マンゴー”としてスーパーなど
     で販売されている“ナムドークマイ”や“マハチャノック”が安値で販売されるようです。

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

ドリアンなど食べ放題!Thailand Amazing Durian & Fruit Fest 2017

20170607furuit.png

<Buffet Ticket Price>
* 499 Baht / person/ 1.30 hour / round
* 399 Baht / person only for the 11.00 a.m. -12.30 p.m. buffet round

【ひと言】庵からチェンマイ市内への行き帰りに、道路脇屋台やピックアップトラック荷台で売られている山積みドリアンを見かける。その丸ごとドリアン果実値段だが“1キロ80〜〜100バーツ”。

 ロングステイヤーや定住者などはいつでも食べられるドリアン。でも、このフェアーの時期に訪チェンマイする方は、是非ともこの食べ放題を見逃さないようにしたいものです。だって、日本で“ドリアン食べ放題”など絶対できませんよね!

 なお、”食べ放題”の会場の様子は以下を参照。ドリアンは薄い手袋をつけて食べるのはどうして?
 https://www.facebook.com/chiangmai108/videos/1465070680205824/

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

Durian Fuffet 399バーツはいかが?

20170518buffet.jpg

【日時】5月19日〜9月15日
【場所】リンカム交差点南西角のThinkPark
【内容】各種フルーツやフルーツ菓子の食べ放題(1時間30分以内で399バーツ)
    ◎5月19日(12:00−)はオープンプロモーションで1人199バーツ
    プロモーションなどの最新情報などは以下の公式フェイスブックを参照下さい。
    https://www.facebook.com/thailandkingfruitparadise/

 ♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

2017年05月28日

格安のパッションフルーツをヨーグルトに混ぜて食べると最高!

20170527foodA.jpg

 ブラジル南部の原産のようです。「パッション」というのは、「情熱」という意味ではなく、新大陸発見後、南米に渡った宣教師が、この果樹の花の形から「キリスト」受難の姿を連想し、PASSION(受難)の花と命名したとのことです。・・・
 
続きを読む
posted by 新明天庵 at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | フルーツ天国・タイの果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする