2006年10月21日

映画「ランボー4」がチェンマイロケ

 シルベスター・スターローン主演で人気を博した映画「ランボー」。そのシリーズ第4作目が、チェンマイロケをすることになった。タイのロケであるが、チェンマイ県の他にはプーケット、スラターニー、クラビの各県が予定されている。11月にタイロケのために、シルベスター・スターローンがやってくることになっている。
 映画やCMなどの撮影ロケ地としてタイを利用する外国諸国が増加傾向にある。今年1月〜9月までですでにタイ撮影ロケが372件で、それによる収入は13億バーツ以上と推定されている。タイでの撮影ロケ件数のもっとも多いのは日本で107件、ユーロー諸国が57件、インドが54件、オーストラリアが18件などとなっている。撮影の内訳だが、CM用が161件ともっとも多く、ドキュメンタリーが131件、長編映画が20件、ドラマシリーズが30件、ミュージックビデオが30件などとなっている。
チェンマイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by チェンマイニュース(10月21日付引用)
posted by 新明天庵 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元紙・エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

ローソク献納パレードコンテスト

 チェンマイ市は、7月9日午後6時より、ローソク献納パレードコンテスト(プラクアット・ティアン・パンサー)を行います。学校団体、地域団体、職場団体から参加したローソク献納パレードが、午後7時頃からチャンクラン通りのナイトバザールを出発し、ターペー通りを経て、ターペー門広場までパレード。1位には2万バーツ、2位1万5千バーツ、3位1万バーツ、4位7千バーツが贈られます。
 

 チェンマイ市内におられる方、是非とも見物に行って、できれば写真入でブログで様子を紹介してくださったら有難いのですが(甘えるんじゃネー!)。こんな行事、昨年もあったのかしらん? このパレードで、1位はともかく、4位以内に入ると思われるのが、チェンマイ大学、パヤップ大学、ラチャパット大学、ワタノータイ高校、ユパラーチ高校などでしょう。もっとも、パレードに参加したらの話ですが・・・。
posted by 新明天庵 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元紙・エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

チェンライ県で象ポロ大会開催

 タイ政府観光局北タイ第2局チェンライは、タイ政府観光局の協賛でアナンタラー・リゾートが、9月4日〜9日に象に乗ってのポロ国際大会を開催すると発表。第6回目となるこの大会であるが、これまではフアヒンで開催されてきたが、今回はチェンライ県チェンサーン郡にある、ゴールデントライアングルに会場を移すこととなった。競技会場は、チェンセーン高校グランドを予定し、イタリア、ドイツ、アメリカ、オーストラリア、イングランド、スコットランド、インド、ネパールなど10ヶ国より、15チームの参加が予定されている。
 この大会が開催されることにより、観光地チェンセーンが世界的に有名になり、この大会を見物に来る外国人観光客が期待できるとしている。また、この大会での収益は、ランパーンにあるタイ象保護センターに寄付されて、象の餌や薬購入などに役立てることになっている。
チェンマイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by チェンマイニュース(6月25日付引用)
posted by 新明天庵 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元紙・エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

来年の花祭りは2月1日より4日間

 来年で第31回目を迎えるチェンマイ伝統花祭り(フラワー・フェスティバル)であるが、チェンマイ国際園芸博覧会が終了する1月31日の翌日から、特別に4日間の期間で盛大に開催することとなった。
 チェンマイ伝統花祭りであるが、毎年2月の第1週の金・土・日曜の3日間に開催。それに従えば、来年の第31回花祭りは、2月2日の金曜から4日の日曜までの3日間となる。しかし、11月1日からチェンマイで開催される国際園芸博覧会が、来年の1月31日に終了。博覧会を訪れた観光客が、引き続いて花祭りを楽しめるように、次回の花祭りは特別に2月1日の木曜から4日の日曜までの4日間とすることに決定。
 そして例年より規模を拡大して盛大に行うことになる。具体的には、会場となるノーンブアックハード公園はもちろん、ターペー門広場も花で飾り立てる。チェンマイ市内も、広い区域にわたって、通りや公園を花で飾り立てることなどを計画。このことにより、花祭りに訪れる観光客の増加が見込めるとしている。
タイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by タイニュース(6月21日付引用)
posted by 新明天庵 at 01:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 地元紙・エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

ブーチャ・サオ・インタキン儀式開催

 チェンマイ市は、ワット・チェディルアンなどと協賛して、伝統行事ブーチャ・サオインタキン儀式を執り行う。今年は5月24日より31日の期間で、ワット・チェディルアン本堂で開催。
 サオ・インタキンは、都を守る守護神としての祭柱とされ、都やチェンマイ市民の安全や繁栄を願って建立された。毎年8番目の月の12日にサオ・インタキン儀式が行われ、今年はそれが5月24日にあたる。その5月24日の午後2時から、フォーンセーンハー仏像を冠した山車パレードが、市内を練り歩く。パレードのコースは、ワット・チェディルアンを出て、プラポッククラ通り、ターペー通り、ラーチャダムヌーン通りを経て、ワット・チェディルアンに戻る。また、5月31日には、108人の僧侶を招いて食事を捧げ、市民が、サオ・インタンにロウソク花束と聖水(ナム・カミンソンポーイ)を捧げる儀式を行う。
タイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by タイニュース(5月21日付引用)
posted by 新明天庵 at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元紙・エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

ドイ・ステープ登り行列

 5月11日午後8時、チェンマイ市ドイ・ステープ参道ふもとにある、クルバー・シーウィチャイ記念像広場で、恒例のドイ・ステープ登り行列(ティアオ・クンドーイ)の開会儀式が執り行われた。この儀式は、毎年ウィサカブーチャーの前日夜に行われるもので、徹夜で参道を登り、早朝にドイ・ステープ寺に到着し、運んできた聖水を献納。チェンマイ市民と参集した人々の吉兆を祈願する。
 折りしも、今年はドイ・ステープ寺建立635年にあたり、635人の僧侶が信者行列の先頭に立っての行列。また、今年は現国王即位60周年となっており、その記念の祈願も行われた。
 この行列には、僧侶、学生・生徒、官吏、警察官、チェンマイ市民、県内各郡からの在家信者グループなど多数参加。開会儀式の前の午後7時頃に激しいスコールに見舞われ、降雨の中の行列と危ぶまれたが、儀式開始の午後8時には雨がぴたりと止む幸運に恵まれた。そして、ドイ・ステープ寺までの約11キロの徒歩での登り行列が行われた。
チェンマイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by チェンマイニュース(5月13日付引用)


続きを読む
posted by 新明天庵 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元紙・エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

パヤオ県リンチー祭り

 リンチー生産で有名なパヤオ県は、恒例のリンチー祭りを5月19日〜23日に、パヤオ県バスターミナル横の公園で開催。県内の50箇所以上のリンチー園からのリンチーの産地直売会、リンチー品評会、リンチー山車パレード、OTOP展示即売会、コンサ−トステージなどを開催。
 また、リンチーシーズンにあわせて、メーチャイ郡とポン郡の6箇所のリンチー園が協賛しての、リンチー狩りツアーを、一人40バーツの料金で実施中。このツアーの詳細は、電話054-481830番の県観光局まで問い合わせを。

タイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by タイニュース(5月12日付引用)
posted by 新明天庵 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 地元紙・エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

パイナップル祭り開催

 タイ政府観光局北タイ第2区は、チェンライ県が毎年恒例の「パイナップル・ナンレーの日祭り」を、5月1日〜3日の午前10時から午後8時の時間帯で、チェンライ市サマットディ高校前広場で開催すると発表。この祭りを通して、パイナップルのなかでも美味しい品種とされているナンレー品種の普及をはかり、また、観光客誘致などを目的にしている。
 祭りでは、ナンレー品種やプーレー品種の品評会や格安即売会。パイナップル加工品品評会、パイナップル早食い競争、パイナップル・ナンレー乙女コンテスト、ステージでの各種イベントなどを開催予定となっている。
チェンマイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by チェンマイニュース(4月28日付引用)


 ◎サッパロット(パイナップル)については、以前のここのブログを参照していただけたら幸いです。
posted by 新明天庵 at 04:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元紙・エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

パヤオ・リンチー祭り開催

 パヤオ県はリンチーの産地として有名で、今年は5月〜6月が出荷シーズンとなり、今年の生産高は14,569トンと推定。パヤオ県では、恒例のリンチー祭りを、5月19日〜23日の期間でパヤオ県バスステーション横の広場で開催。リンチーの品評会、リンチー加工製品の品評会、GAP基準合格の安全リンチーの即売会、リンチー乙女コンテスト、リンチー山車パレード、OTOP製品展示即売会などのイベントを開催。
チェンマイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by チェンマイニュース(4月28日付引用)
posted by 新明天庵 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元紙・エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

水掛け遊びすでに始まる

 ソンクラーン正月直前を控えて、蒸し暑い猛暑が続くチェンマイ。チェンマイ市郊外や周囲の郡部では、通りや道路で行きかう車に対しての水掛け遊びがすでに始められており、すでにソンクラーンに突入。チェンマイ市内は、まだ水掛け遊びは始まっておらず、12日から始まると予測されている。
 ソンクラーン期間中の交通事故死者であるが、チェンマイ県では最初の2日間ですでに5人の死者となっている。
 北タイ各県のソンクラーン行事であるが、パヤオ県では4月13日パヤオ湖畔公園でソンクラーン行事イベントを盛大に行う。ランパーン県では、ソンクラーン期間中はランナー伝統衣装を着るように呼びかけており、4月12日午前8時より、エメラルド仏陀をテーサバーン・ナコンランパーン事務所より、ランパーン・ルアン寺へ奉納行列が行われる。引き続いて13日、14日も伝統ソンクラーン行事が行われることになっている。
チェンマイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by チェンマイニュース(4月11日付引用)
posted by 新明天庵 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(2) | 地元紙・エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

メーホンソン3郡ソンクラーン

 メーホンソン県のメーサリアン郡、メーラノーイ郡、ソップモエイ郡の3郡は、合同で「タイ・ビルマ各種民族・ソンクラーン祭り」を開催する。祭りは、メーサリアン地区メーナムユアム橋付近で、3月13日に開催。13日の午前中は、各民族の各宗教に基づいたソンクラーン伝統儀式。午後1時からは、カレン族、ラワ族、タイヤイ族、モン族、ビルマ族、それにタイ人などが、伝統衣装を着けての山車20台のパレードを開催。午後4時以降は、各種民族の伝統芸術踊りステージなどを開催。
タイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by タイニュース(4月7日付引用)
posted by 新明天庵 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元紙・エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

仏像山車行列コンテスト

 チェンマイ市は、「チェンマイ市ソンクラーン正月祭り(ガーン・プラペニー・ピーマイ・ムアンチィンマイ)」の4月13日に、正月祝い恒例の仏像山車行列とそのコンテストを行うと発表。行列は、午後2時9分にナワラット橋を出発、ターペー通りを通過して、終点のワット・プラシンまで。同時に、その行列のコンテストも行なう。コンテストの参加条件は、山車の行列人数は100人以上で飲酒は禁止。行列の人の服装は、ランナー伝統正装、ないしは、その民族の伝統正装(ヨーン族、タイヤイ族、ルー族、山岳民族)などとする。参加山車グループには7千バーツが支給される。
タイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by タイニュース(4月3日付引用)


続きを読む
posted by 新明天庵 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元紙・エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

Fun Plazaがオープン

 3月に入り学生・生徒が学年末長期休暇に入っており、チェンマイ・ナイトサファリ園では、それに合わせてFun Plazaをオープン。このFun Plaza(ラーン・ナムプー・ドントリー)とは、音楽に合わせて噴水が踊るようになっており、タイ国内では初の音楽噴水。子供たちは、何本も吹き上がる噴水園の中に入って、音楽に合わせて上下する噴水の間を縫って水遊びできるようにもなっている。
 Fun Plazaであるが、平日の月〜金曜日は午後1時〜4時、週末の土日は午前10時〜午後4時にオープン。ナイトサファリ園では、長期休暇特別プロモーションとして、一つの学校あたり30人の生徒に、午後7時より、20分間の噴水遊びを無料にしている。
チェンマイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by チェンマイニュース(3月12日付引用)
posted by 新明天庵 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元紙・エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

3月13日はタイ象の日

 タイの国を象徴する動物である象を大切にしようと、1998年に3月13日をタイ象の日と制定。それ以来、3月13日には各地の象キャンプで、タイ象の日の特別イベントが、毎年開催されるようになった。チェンマイ県メーリム郡のメーサー象キャンプでも、3月13日午後1時より、象の日にちなんだ各種催し物を開催。小学生100人を招待しての象の特別ショー、70頭の象によるサトーク食事など、各種イベントやセミナーを開催予定。
チェンマイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by チェンマイニュース(3月9日付引用)


夕映えの中の象
 
続きを読む
posted by 新明天庵 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元紙・エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

ドーク・シィヤオ

 ランパーン県ムアンパーン郡ジェソーン地区パーミヤン村で、第5回ドーク・シィヤオ祭りを、2月17日から19日に開催する。パーミヤン村は県内でもドーク・シィヤオがたくさん咲く場所として有名で、毎年1月から2月がそのシーズンとなっている。祭りでは、山車パレード、山岳民族ステージ、ミヤン(発酵噛み茶)コンテスト、郷土料理コンテスト、OTOP展示即売会などのイベントを開催する
タイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by タイニュース(2月17日付引用)


北タイの乾季の訪れを告げる白い花です



続きを読む
posted by 新明天庵 at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元紙・エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

日本人が象に乗ってランナー結婚式

 ランパーン県ハーンチャット郡ヴィアンターン地区にあるタイ象保護センターでは、今年もバレンタインデーにあたる2月14日に、象に乗ってのランナー伝統結婚式を行う。タイ象保護センターでのこの結婚式には、すべに50組のカップルが結婚式を挙げている。今年は、9組のカップルを募集し、7組のカップルが参加することになった。その7組のカップルであるが、日本人同士が1組、日本人とタイ人のカップルが2組、タイ人同士のカップルが4組。タイ人同士のカップルには、先のオリンピックで女子重量挙げでメダルを獲得した選手が含まれている。結婚式は午後2時から始まり、カップルが象に乗ってのパレード、その後、ランナー伝統様式に従っての結婚儀式、サトークでの饗宴料理などが執り行われる。
チェンマイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by チェンマイニュース(2月12日付引用)


続きを読む
posted by 新明天庵 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元紙・エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

世界園芸博覧会の受け入れ態勢準備

 今年の11月1日から来年の1月31日の期間に、チェンマイ県チェンマイ市メーヒア地区で、チェンマイ・世界園芸博覧会「ラーチャプルック 2006」を開催。期間中は1日平均3万人以上の入場者、全体では3百万人以上の入場者が期待されている。それにともなって、チェンマイ市を訪れる見物客の宿泊受け入れ態勢、パッケージツアーの受け入れ態勢が検討され始めている。
 宿泊施設は以下の3グループに分けて受け入れ準備を行う。第1グループは、ダラテヴィー・オリエンタルホテルなど5箇所の五つ星ホテル。それに外国からの政府関係者用の第2グループ。第3グループは、一つ星から四つ星のホテルで、国内外の旅行者用のホテルとなっている。宿泊施設は総計で550ヶ所2万室を確保する予定。また、期間中のホテル予約に「Chiang Mai Travel Business Association」のウェブサイトの準備も整ったことを発表した。
タイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by タイニュース(2月6日付引用)
posted by 新明天庵 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 地元紙・エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

サムン郡イチゴ祭り

 タイで最大のイチゴ生産地として有名なのが、チェンマイ県のサムン郡。恒例の「サムン郡イチゴ祭り」が、今年もやってきました。

続きを読む
posted by 新明天庵 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元紙・エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

メーチェム織物祭り

 チェンマイ県メーチェム郡は、第13回メーチェム織物祭りを2月4日〜6日に、郡役所広場で開催すると発表した。これはメーチェム伝統の“パーティンチョク”を広く知ってもらうために毎年2月に開催している。開会式であるが、2月4日に行われる第30回チェンマイ花祭りの翌日の、2月5日午前9時から行われる。“パーティンチョク”の実演販売、“パーティンチョク”のファッションショー、ミス・“パーティンチョク”コンテスト、山岳民族織物布展覧会、筏下り競争など、各種イベントを開催。
 例年、チェンマイ花祭り後に、ドイ・インタノンに登って観光してから、ここのメーチェム織物祭りに駆けつける、国内外の旅行者が増加している。メーチェム市内には、ホテル2箇所とゲストハウス3箇所しかなく、大勢の旅行者の宿泊が困難になっている。そこで、メーチェムのそれぞれの村がホームステイで、宿泊客を制限なしで受け付けることになっている。ホームステイの問い合わせは電話053-485101番へ。
タイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by タイニュース(1月30日付引用)


続きを読む
posted by 新明天庵 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元紙・エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

錦鯉コンテスト開催

 「Chiang Mai Nisikigoi Club(C.N.C)」と「Koi Fan Club(KFC)」が共催して、2月4日と5日の両日に、カードスワンケーオにて第4回錦鯉(Fancy Carp)コンテストを開催。コンテストは、「KOHAKU」「TAISHO-SANKE」「SHOWA-SANSHOKU」「Variety A(Shiro Utsuri,Tancho,Koromoなど)」「Variety B(Hikari,Kwarimonoなど」の5部門で、70センチ以上と80センチ以上の両部門で競われる。
タイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by タイニュース(1月29日付引用)


続きを読む
posted by 新明天庵 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元紙・エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする