2017年06月27日

タイ・ラオス・中国の3ヶ国横断・自家用車&バスの旅日記(ラオス編4)

20170627loasA.png
 ラオス・ファイサーイの祈りの朝

20170627loasB.png
 僧侶は少し先に進んで立ち止まって読経?

 <ファイサーイの朝食は中国食堂に限る?

 ラオスのファイサーイ到着の翌朝は、Mさんの自家用車でルアンナムタの町へ向かうR3A道路のドライブから始まる。その前に、朝の腹ごしらえ。ファイサーイの町中に戻ることは時間の無駄だと、これから行くルアンナムタへのR3A道路を先に進みながら、沿道にあるであろう食堂を探す。自家用車やバイクでの旅となると、そのような自由がきくので好きである。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラオス情報・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

チェンマイからラオス縦断してベトナムのディエンビエンフーの旅

20170620raosB.jpg
 ラオス・ベトナム国境のイミグレ建物

 中古ワンボックスワゴン車で、チェンマイからチェンコーンの国境友好橋を渡ってラオスへ入国。車でラオスを縦断してベトナム国境へ。でも、乗って来た車でのベトナム国境通過は出来ずに、越境後にレンタルバイクや路線バスでベトナムのディエンビエンフーに。その旅の記事がココに多くの写真とともにアップされています。今後の旅の参考になります。

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

2017年05月17日

タイ・ラオス・中国の3ヶ国横断・自家用車&バスの旅日記(ラオス編3)

20170517raosE.jpg
 この犬が早朝マラソンで吠え立てそうな犬です!

 <国境町ファイサーイは、まだタイにいる雰囲気濃厚!

 町に自動車で乗り入れたものの夕暮れも近いので、まずは今晩の宿探し。幾つかあたったのだが、昨年の3月に仲間3人と北ラオスバイクツーリングこの町に来た時に、泊まったと同じゲストハウスに逗留することに。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラオス情報・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

タイ・ラオス・中国の3ヶ国横断・自家用車&バスの旅日記(ラオス編2)

 <ラオス側もタイ側も入国させないと断られて万事休すか?

20170516raosA.png
 タイ側イミグレ建物・左側が出国車両レーン

 ようやく自動車で国境友好橋を通過して、ラオス側の税関まで辿り着いたのに、「車のパスポートのタイ側のスタンプがないので、タイ側にすぐ引き返してくれ!」と宣告される。なにがなんだかよくわからないのだが、係官に言われるままにUターンして橋を渡って、タイ側に戻らざるを得ない。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラオス情報・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

タイ・ラオス・中国の3ヶ国横断・自家用車&バスの旅日記(ラオス編1)

20170505raosD.jpg
 国境橋の上でMさんの愛車の記念写真

20170505raosE.jpg
 国境橋中央の橋の銘板と自家用車

  <奇跡的とも思える自動車での国境橋通過成功

 当初の予定より2日も遅れて、4月24日(月曜)の午後に、ようやくチェンコーンの町郊外にあるタイ・ラオス第4友好橋にMさんの自家用車とともに到着。もちろん、その日の朝早くから出かけたチェンライ県トゥーン郡の陸運支局で作成した車のパスポートを持参して。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラオス情報・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

ラオス・ファイサイの祈りの朝

IMG_4441.JPG


IMG_4447.JPG


小雨パラつく涼しい朝。ゲストハウスの部屋から通りに出ると、ちょうど、黄色い袈裟の数人の列がこちらに歩いて来る。

通りばたでは、女の人が路上に正座して、僧侶の列を待ち受けている。

posted by 新明天庵 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ラオス情報・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

ゴールデントライアングルからちょいとラオスに渡って自転車ツーリング・その5

 <最後は坂道で自転車を押して歩くとは情けない!

20151006raosA.jpg 20151006raosB.jpg
   ラオス側の友好橋は閑散としている       自転車をバスに載せて橋を渡れとはね?

 そもそもツーリング用自転車など買ったこともなく、まして、長距離自転車ツーリングなど一度さえ経験していない。それなのに、60キロ程度のサイクリングならばなんとかなるだろう、と軽く考えていた。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 12:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ラオス情報・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

ゴールデントライアングルからちょいとラオスに渡って自転車ツーリング・その3

 <田舎道のんびりサイクリングでラオスを見つける!

20150930raosB.jpg 20150930raosA.jpg
  ファイサーイの町まで残り49キロの標識      こんな長閑な道のサイクリングです 

 チェンマイから遠路遥々(はるばる)ラオスにサイクリングにやって来たのに、なぜか漢字の看板ばかりが目立って、中国に迷い込んだような妙なサイクリング気分。メコン対岸のラオスにやってきたはずだが、そこは中国だった。かつての中国のイギリス領香港のように、地図を正しく書き換えて欲しいものだ(?)。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラオス情報・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

ゴールデントライアングルからちょいとラオスに渡って自転車ツーリング・その2

 <晴れた暑い空の下・奇妙な光景の中で自転車ツーリング開始

20150922raosA.jpg 20150922raosB.jpg
  右側奥にチェンセーンの黄金仏像         メコン河よりタイ側の黄金仏像を眺める

 自転車3台を渡し船の先の方に載せて、茶色に濁った広い川面を対岸のラオス側に船は進む。渡し小舟に乗ってメコン河を対岸のラオス側に渡るのは幾度となく体験しているので、それほどワクワクはしない。でも、やはり、国境になっているメコン河を渡る短時間の船旅は感慨深いものがある。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラオス情報・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

ゴールデントライアングルからちょいとラオスに渡って自転車ツーリング・その1

 <自転車とともにメコン対岸のラオスに入国できるか?

20150920bikeA.jpg 20150920bikeB.jpg
  黄金の三角地帯のメコン河を渡る直前           自転車3台を渡し船に載せる

 目の前には茶色の濁流をゆっくりと下流へと流している大河メコン。その河沿いの堤防の上にチェンセーンイミグレーションがあって、午前8時の出国窓口オープンを待つ3人の日本人おじさん。朝早くからご苦労なことである。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラオス情報・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

メコン流域で動植物の新種が年間367種も発見!

 チェンマイ在住日本人の数ですが、総領事館に在留届を出していない方も含めると、推定約4,000人はおられるのではなかろうか。ここまで数が多くなると、熱帯地方だけに動植物マニアの方も少なからずおられる。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラオス情報・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月29日

ルアンパバーン発チェンマイ行の国際バス乗車体験記

 知り合いのNさんが、今年2012年4月のソンクラーン正月時に、ビエンチャン〜ルアンパバーン〜フェイサイ〜チェンコーン〜チェンマイまでのバス旅行を行いました。そのバス旅行体験記を以下に紹介します。
 以前に、ココのブログで、「チェンマイからルアンパバーンまでの国際バス体験記」を紹介。今回は、その逆ルートである「ルアンパバーンからチェンマイまでの国際バス体験記」です。「事実は小説より奇なり!」で、どうやら国際バスというよりも“酷最バス”なのかもしれませんね?・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラオス情報・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

チェンマイ・ルアンパバーン間の国際バスの乗車体験記

 今年2012年の1月19日に、チェンマイとラオスの世界遺産都市ルアンパバーンとの間で国際バスの運行が開始された。(詳細はココのブログなどを参照)チェンマイで朝にバスに乗ったら、翌日の朝はルアンパバーンに到着という、画期的な国際バスの運行開始で、一度はそのバスに揺られてルアンパバーンに行ってみたいと・・・


続きを読む
posted by 新明天庵 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラオス情報・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

チェンマイ・ルアンパバーン間の国際バスの乗り方

20120212busD.jpg 20120212busC.jpg

 去る1月19日に、チェンマイとラオスの世界遺産都市ルアンパバーンとを結ぶ国際バス(上写真左)が運行開始。では、チェンマイで実際にそのバスに乗るにはどうしたらよいのでしょうか?・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラオス情報・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

チェンマイからルアンパバーンへの国際バスがついに運行開始!

photo-1-copy.jpg

 タイとラオス両国の観光経済促進のために国際バスを運行しているタイ政府陸運局は、第8路線としてチェンマイ・ルアンパバーン間の国際バスの運行を開始した。1月19日午前9時に、新しくできたチェンマイ県第3バスターミナル(第2アーケードバスターミナル)において、ルアンパバーン行の国際バス初運行のセレモニーが開催された。そのセレモニーにはチェンマイ県陸運局や運行会社などの関係者が集まって、初運行の国際バスの発車に先立ちテープカットが行われた。この国際バスは2等エアコンバスで、チェンマイを出発し、チェンライとチェンコーンを経由。メコン川をエンジン付きはしけ船で渡り、対岸のラオスのボーケーオ県ファイサーイに到着。そこからはラオス側の運行会社が、ルアンナムター、ウドムサイと経由して、終点のルアンパバーンに到着予定。所要時間は18時間で、乗車料金は1200バーツ。2013年に第4タイ・ラオス友好橋が開通すれば、バスを1等エアコンバスにランクアップして、乗車料金も1500を予定している。なお、この国際バスを利用するにはラオス入国時に必要なパスポートを用意しておく必要がある。ちなみに、タイとラオスを結ぶ国際バス路線は以下の7路線となっている。ウドンタニー・ビエンチャン、ノーンカーイ・ビエンチャン、ウドンタニー・ムアンバークセー、ムクダハーン・サワンナケート、コーンケーン・ビエンチャン、ナコンラーチャシーマー・ビエンチャン、ナコンパノム・ムアンターケークの7路線で、今回の新路線は第8番目の国際路線となっている。

チェンマイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by チェンマイニュース(2012/01/20)

■タイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

posted by 新明天庵 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラオス情報・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

チェンマイからルアンパバーン間の路線バス運行開始

 チェンマイ県陸運局は、チェンマイからラオス・ルアンパバーンの2ヶ国横断の国際長距離バスの運行開始を発表した。それによると、1日2便で4台から8台を最大とし、最低でも2台から4台の1日1便とする予定。運行ルートはチェンマイ・第3バスターミナル(第2アーケード)発で、チェンライ県チェンコーン国境へ。メコン川を横断する第4タイ・ラオス友好橋が2年後に完成するまでは、エンジン付きはしけ船でメコン川を渡り、対岸のラオス・ファイサーイの町に到着。そこからは、ラオス国内をルアンナムター、ウドムサイと経由して終点ルアンパバーン到着となる。なお乗車料金であるが、チェンマイ発の場合、ファイサーイまでは295バーツ(123,750キープ)、ルアンナムターまでは775バーツ(193,750キープ)、ウドムサイまでは950バーツ(237,500キープ)、終点ルアンパバーンへは1,200バーツ(300,000キープ)。そして、初運行が1月19日午前9時にチェンマイ・第3バスターミナルで行われ、翌日朝の午前7時にルアンパバーン到着の予定となっている。

タイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by タイニュース(2012年01月15日付引用)

■タイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラオス情報・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

ウッタラディット県国境からルアンパバーンへ

 ウッタラディット県はラオスのサイニャブリー県と話し合いを持ち、ウッタラディット県バーンコーク郡にあるプードゥー国境を、サイニャブリー県パークラーイを経て世界遺産の古都ルアンパバーンへ行くルートとして開発することに合意した。それによれば、そのルートを観光と物資輸送にするには道路整備が必要で、2年後に整備を終えてプードゥー国境を国際国境にする計画となっている。すでに10月22日から25日には、ウッタラディット県の観光キャラバン隊がプードゥー国境を越えて、ラオス側パーケーオ国境を経てサイニャブリー県に入り、そこからルアンパバーンまで往復してルート調査を終えている。

タイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by タイニュース(2010年12月4日付引用)

 ■タイ関連人気ブログの気になる最新順位?はココをクリック!→タイ・ブログランキング


posted by 新明天庵 at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラオス情報・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

ルアンパバーンと安宿のコールドリバー・ゲストハウス

 荒れたガタガタの地道でのバイク走行で、バイクに積んだバッグも全身も土埃にまみれたままて、ようやくルアンパバーン(ルアンプラバン)市内に入る。11月27日土曜日の時刻は夕方前・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラオス情報・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

タイ・ラオス2ヶ国縦断バイクツーリング探検・その12

 ウドムサイからルアンパバーンへ(ソンチャ村)!
 この国道13号ルートはこれまで何回かバイクで走破しており、勝手知ったるお馴染みの道。といいたいのだが、そこまで言うと嘘になろうかと・・・

ソンチャ村での道路標識と愛車ホンダバイク

続きを読む
posted by 新明天庵 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラオス情報・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

タイ・ラオス2ヶ国縦断バイクツーリング探検・その11:ウドムサイ

 メコン河船旅の中継点パークベンから国道2号線をバイクで走り、ウドムサイに到着。ウドムサイはウドムサイ県の県都でムアンサイとも呼ぶ・・・

ウドムサイの丘の上の仏塔

続きを読む
posted by 新明天庵 at 01:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ラオス情報・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする