2018年05月02日

メーホンソン温泉巡りバイクツーリング(12)

 <テープパノム温泉は広大な温泉池が人気?

20180502onsenA.jpg
 看板の背後には広大な温泉池

 国道108号線のメーサリアン郡からホート郡への途中に、メーチェム郡への横道(1088号線)に入って10キロ程走ると、周囲には何もない道路横に、広い敷地の温泉公園が忽然と現われる。それがน้ำพุร้อนเทพพนม(テープパノム)温泉公園。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 05:00| Comment(0) | タイ・バイク・ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

メーホンソン温泉巡りバイクツーリング(11)

 <メーサリアンの町は落ち着いた田舎の町

20180426onsenA.jpg
 リバーサイドのゲストハウスからの眺め

 チェンマイ市から国道108号線の南回りでメーホンソン市に行き帰りする場合に、中継点として通らなければならないのがメーサリアン郡のメーサリアン市。市内には取り立てて人気観光スポットがあるわけでなく、こんな見知らぬ市で一泊する日本人など、1年間に10人もいないであろう(多分ですが)。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 06:00| Comment(0) | タイ・バイク・ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

メーホンソン温泉巡りバイクツーリング(10)

 <こんな所に「日本兵士鎮魂の塔」が!

20180425onsenB.jpg

 メーホンソン市から国道108号線で次の宿泊地メーサリアン市に向けて、バイク5台のツーリング。2月下旬と乾暑季の最中なので雨の心配は皆無だが、煙害による白い煙が遠くの視界の邪魔をする。それにしても、この国道108号線はよく整備されてアスファルト道で、路面に穴も皆無で快適な走り。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 03:00| Comment(1) | タイ・バイク・ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

メーホンソン温泉巡りバイクツーリング(9)

 <メーホンソン市郊外のパーボーン温泉は地元民利用の掛け湯温泉で!

20180425onsenE.jpg
 夕方に掛け湯にやってくる村の家族

 「はるばる来たぜ!辺境の地メーホンソン!」。宿の予約などせずに市内に到着したものだから、困ってしまったのだが、なんとか市内の便利な場所のゲストハウスに投宿できた。やはり、予約はなしでも、事前に下調べはしておく必要がありそうだ。・・・
続きを読む
posted by 新明天庵 at 01:00| Comment(0) | タイ・バイク・ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

メーホンソン温泉巡りバイクツーリング(8)

 <メーホンソン市手前のプーコロン・マッドスパ温泉は楽しめない?

20180424onsenH.jpg
 この泥スパ温泉の入り口看板


“北タイの陸の孤島”あるいは“北タイの辺境”といわれるメーホンソン市。チェンマイ暮らしが長いこともあって、この市には幾度も訪れている。だが、バイクで訪れるのは初めて。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 01:00| Comment(0) | タイ・バイク・ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

メーホンソン温泉巡りバイクツーリング(7)

 <静かな林の中の湧水谷川ぬるま湯温泉!

20180423onsenB.jpg
 国道からこの看板に従って横道に入るのだが?

 朝にパーイの町を発ってバイクでメーホンソンへ向かうのだが、その途中で右折して横道を数キロ入ると“サイガーム温泉(น้ำพุร้อนไทรงาม)”がある。“ぬるま湯温泉で浸かっても温まらない”との皆さんの意見で、とりあえず様子を見るだけに立ち寄ることに。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 13:00| Comment(1) | タイ・バイク・ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

メーホンソン温泉巡りバイクツーリング(6)

 <外国人300バーツのターパイ温泉は行かなくてもいいわ!

20180303onsenD.jpg
 この温泉が湧き出る地質構造説明ですが?

 パーイで最大の温泉場といえば、ファイナムダン国立公園に属するターパイ温泉。ドイ・インタノン国立公園同様にA級国立公園に属するファイナムダン国立公園なので、外国人入園料は300バーツ(子供は半額の150バーツ)と、タイ人50バーツのなんと6倍。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 02:00| Comment(0) | タイ・バイク・ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

メーホンソン温泉巡りバイクツーリング(5)

  <怪しい焼酎製造民家で焼酎を仕入れる!

20180302sakeB.jpg

 甲子園球場以上の敷地があると思われる大規模なリゾート。その広い敷地の中の1棟のコテージが宿泊場所(上記写真)。宿泊料金もそれなりだけあって、宿泊場所に必須のフリーWiFiもさくさくと速いスピード。
 安宿でも一向に気にならない粗雑な私(清貧な私と言いたいのだが?)には、久しぶりに贅沢な寝場所だが、このように紹介された時に泊まらないと、なかなかリゾートなどに自分から泊まる機会が訪れない。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 02:00| Comment(1) | タイ・バイク・ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

メーホンソン温泉巡りバイクツーリング(4)

  <第2次世界大戦記念鉄橋の麓に知られざる土管温泉が!

20180301bridgeD.png
 土管温泉湯船の向こうには記念鉄橋が!

 訪れた観光客の記念写真ポイントである、緑の記念鉄橋やその出入り口は、主に中国人や韓国人などで大賑わい。それを避けるようにして、道路下の空き地へ降りて行く。そこにはお目当ての野天土管温泉が。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 01:00| Comment(0) | タイ・バイク・ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

メーホンソン温泉巡りバイクツーリング(3)

  <パーイへの道とパーイの想い出!

20180301bridgeA.png

 ファイナムダン国立公園内のポーンドゥアット温泉の入り口ゲートで、覚悟はしていたのだが、入園断念の痛恨のUターン。気を取り直して、引き続き国道1095線の九十九折の山道を快適バイクツーリング。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 02:00| Comment(0) | タイ・バイク・ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

メーホンソン温泉巡りバイクツーリング(2)

 <国立公園内のポーンドゥアット温泉は入り口ゲートでUターン?

 バイクツーリング(1)の走行ルート地図でおわかりのように、出発してから昼前には最初の温泉地となるファイナムダン国立公園内のポーンドゥアット温泉(น้ำพุร้อนโป่งเดือด・Pong Dueat Hot Spring)に到着。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 01:00| Comment(0) | タイ・バイク・ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

メーホンソン温泉巡りバイクツーリング(1)

仲間で泊まりがけのバイクツーリングの旅はなかなか難しい?

201802onsenA.jpg
 クリックを2回して拡大
 ★7ヶ所が訪ねた温泉
 赤い印は訪ねなかった温泉

 チェンマイ市内から我が庵田舎地区まではバイクで約1時間。その庵地区のメーホンソンへ向かう国道1095号線のバイパス入り口付近で、午前8時40分に、チェンマイ市内方面からくる仲間の4台のバイクと待ち合わせ予定。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 01:00| Comment(0) | タイ・バイク・ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

初めてのベトナム・ハノイからホーチミンまで2千キロのバイクツーリング!(5)

 <番外編「チェンマイ市内ホテルでクアンビン省観光プロモーション開催」>

20180124vetnamA.jpg

 ココの記事で紹介したように、Jetstar Pacific Airlinesがチェンマイ・ドンフォイ間に就航している。そのフライトのプロモーションとクアンビン省観光プロモーションなどを兼ねて、チェンマイ市内ホテルで夜に開催。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 10:00| Comment(0) | タイ・バイク・ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

初めてのベトナム・ハノイからホーチミンまで2千キロのバイクツーリング!(4)

 <ハノイ市内観光の歩き方の“イノハ(?)”

20180120vetnamA.jpg
 夜のハノイ大教会 (セント ジョセフ教会)
 
 ベトナムの首都ハノイでは2泊。深夜近くに1泊したので、翌日はレンタルバイクの手配と準備を一応終えて、ハノイ市内の定番名所を歩き回ることに。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 03:00| Comment(1) | タイ・バイク・ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

初めてのベトナム・ハノイからホーチミンまで2千キロのバイクツーリング!(3)

 <レンタルバイクを乗り慣れたホンダカブに急遽変更!

20180117vetnamC.jpg
 この4台のホンダカブと後部に付けた両国国旗

 遅れて当たり前(?)のLCCで、ハノイ空港に到着したのは夜遅く。夜遅くに、空港から宿泊ホテルに行くのに、タクシーでは不安なので、Mさんは事前に空港で我々を待つように送迎自動車を手配していた。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 09:00| Comment(4) | タイ・バイク・ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

初めてのベトナム・ハノイからホーチミンまで2千キロのバイクツーリング!(2)

 <格安航空(LCC)のVietjetに乗る

20180114betnamuB.jpg
 タンソンニャット国際空港のVietjet

 チェンマイ在住者として、今回のベトナムバイクツーリングの実現に寄与した要因の1つに、格安航空(LCC)のVietjetが、チェンマイ・ホーチミン間を運行していることがあげられるだろう。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 08:00| Comment(1) | タイ・バイク・ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

初めてのベトナム・ハノイからホーチミンまで2千キロのバイクツーリング!(1)

 <プロローグ

20180112vetnamu1.png
 今回の南北縦断バイクツーリングのおおよそのコース
 クリックして再度クリックして拡大

 ベトナムに知り合いも出来たりして、幾度も足を運んでいるMさん。その彼が「どうですか?ハノイからホーチミンまで南北縦断2千キロのバイクツーリングをしませんか?」と誘いの声がかかる。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 03:00| Comment(0) | タイ・バイク・ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

2017年10月・訪タイ日本人11万650人で第6位

 タイ観光・スポーツ省観光局によると、2017年10月の外国人観光客数が前年同月比20.92%増の272万3971人となった、と発表。以下に関連記事。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 06:00| Comment(0) | タイ・バイク・ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

ドイサケットのメークワーンダム湖にメーテンに通じる橋が完成!

20170807bridgeA.png

 上記写真を見ておわかりのように、ドイサケットのメークワーンダム湖に、対岸のบ้านป่าสักงาม(バーン・パーサックガーム)に通じる橋が完成。これにより、これまで約70キロもあったメーテン郡までの距離が、わずか20キロで行けるようになるようです。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 07:00| Comment(0) | タイ・バイク・ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

ラオス・ルアンナムタの祈り

IMG_4447.JPG



チェンライ県のチェンコンにあるタイ・ラオス友好橋を、これまでのような愛車カブバイクでなくて、Mさんの自家用車に同乗して越境。その自家用車での越境初めてとあって、なんとなんと3日間費やして、メコン川対岸のラオスのファイサイの町に。


そうなんです。メコン川国境橋を渡るのに、想定外の障害が次々起こって、3日目にようやく初めてとなる自家用車でのラオス乗り入れに成功。その想定外は奇想天外とも言うべきことで、後日、改めて紹介します。


予定より2日遅れて到着した北ラオス内陸部のルアンナムタ。宿さがしも、自前の車なので楽ちん。


4つぐらい当たって見て、その最後に訪ねたゲストハウスに落ち着く。もちろん、中国国境を国際バスで越えざるを得ないので、投宿のゲストハウスが2日間Mさんの自家用車を預かってくれることに。


朝早くに、一泊したしたゲストハウスにの前の通りを散歩すると、写真のように"ラオスの祈りの朝"に出会いました。





posted by 新明天庵 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ・バイク・ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする