2016年11月09日

チェンマイ県スポーツ協会主催・ミニ&ハーフマラソン大会2016

【日時】11月20日・日曜(ハーフ05:30−、ミニ06:00−)
【場所】プロメナーダ・リゾートモール・チェンマイ
【内容】エントリー料・ミニが200B,ハーフが300B 

 ◎お詫び:11月6日の地方電力局チェンマイ主催のミニマラソンは、服喪期間中とのことで中止になったようです。知らずに早朝に出掛けた方もあったようで、深くお詫び申し上げます。私も午前4時に目覚ましで起きたものの、もうひとつ体調がすっきりせずに、かつ、胸騒ぎを覚えたので(嘘)中止しました。

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

2016年10月31日

チェンマイ市内で「健康&チャリティー・マラソン大会」を開催 

【日時】11月19日(土曜)06:00スタート・19 พฤศจิกายน 2559 (เสาร์)
【場所】3人の王様像
【内容】距離は8.5キロ (四角い濠の内周+α)・エントリー250バーツ
     地図などの詳細は以下に。 
http://www.forrunnersmag.com/events/eventinfo.php?eventid=4618

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

2016年10月25日

第3回坂井しおかぜクロカンマラソンin芝政・15キロに挑戦(2)

image-8e4fb.jpg

ゼッケン(前と後ろの2枚貰うのは初めて)や、日本の大会では当たり前の記念タオルなどのセットを、郵送されてきた受け付け葉書と交換。その日本独自(?)の当日の受け付けを終える。

終えたのに、「すこしお待ちください!」と。すると、福井新聞社のマークを付けた女性記者がやってきて、「タイのチェンマイからお越しのランナーですか?」などと話しかけてくるではないか。

この初参加のマラソン申し込みで、“ひと言”欄があり、「タイのチェンマイからの故郷の県での参加を楽しみに・・・云々」と記していた。

「犬が人を噛んでも記事にはならないが、人が犬を噛んだら記事になる」のが新聞。福井新聞社後援のこの大会を記事にするのに、異色のランナーのひとりに選ばれたようだ。こんな福井の田舎の町のマラソン大会に、海外のタイのチェンマイから走りにやってくるなど、逆立ちしても考えられないだろうから。

これまでにインタビューする立場ばかりで、逆にインタビューされる立場はこれで2度目かも。やはり、インタビューされる方がずっと楽ですね。

「夜に、完走されたかどうか電話で確認させて頂きます。」とのことに、さすがに抜け目がないと感心。そりゃ、途中棄権では、折角の記事だが、読者への説得性がなくなるということだろう。(でも、ちょっと腹立たしい)

  まあ、完走には自信があったのだが、記事の取材のよって、絶対の完走というプレッシャーがかかってきた。でも、2周10キロを終えて、完走には問題ないと確信。

  さすがに15キロとなると、マラソン初心者など皆無で、皆さんマラソン経験者ばかり。粘り強い走りには脱帽。

  完走したものの男子60歳以上では見事にベッタ。記事を掲載してくれた新聞社の女性記者に、ちょっと申し訳ございませんでした。この記事は、これからの私のマラソン人生(それは言い過ぎ?)に大きな励みに。同時に、あまり嬉しくない大きなプレッシャーになるかも??!!

これは期間限定で公開になる記事になるかも知れませよ!



20161024sakai.jpg

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

2016年10月24日

第3回坂井しおかぜクロカンマラソンin芝政・15キロ挑戦(⑴

image-4d8ee.jpg
image-2c434.jpg

日本海の海岸線に沿って、一面芝生の緑の緩斜面の小高い丘が広がる。この広い公園を“芝政”と言い、福井県の方 なら一度は訪れているピクニックスポット。

そこで開催されるクロスカントリー・マラソン大会の15キロにエントリー。初めてお目にかかったと広大な芝生公園と、その向こうに広がる日本海の青い水平線に、海のないチェンマイから来た私たちは「うわー綺麗!」と感動。

緩斜面だが芝生をある公園内の5キロのコースを3周する。さて、奇跡の復活の後の第2弾のマラソン。もちろん、完走が目標。

青い水平線や秋の潮風、緑一面の芝生などを楽しみながら走れるので、なんとか完走できそうです。




♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

2016年10月22日

1年ぶりのマラソン・20キロハーフ完走で奇跡の復活(その3)

その後、チェンマイに戻って、数ヶ月は膝をかばって走る運動は控えることに。その後、そろそろとマラソン練習を始めることに。

庵田舎のマラソン練習コースのメーガットダム湖堰堤を、5キロ程度走ることに。それを日を置いて数回繰り返した。ところが、3度目となる膝の水溜りの鈍い痛みが出てきたではないか。

これにはさすがにショック。「仏の顔も3度まで」というので(?)、「膝の水を抜くのも3度まで」と猛反省。でも、チェンマイの病院で、安心して水を抜いてくれる所など、いったいあるのか?

ありそうもなさそうで、お先真っ暗。落ち込んで暗澹たる気分に。かと言って放置すれば、いつまでも痛いままで、マラソンなどキッパリ断念しなければならないだろう。

そこで、一縷の望みを託して、妻に行きつけのランナー病院に、電話で“膝の水抜き”治療が可能かどうか問い合わせてもらう。返事は可能とのこと。

まあ、タイのことだけに疑心暗鬼を拭いきれない。案の定、膝の水抜きを頼んでも、医師は「先ずは痛み止めのお薬を飲んでみましょう!」と、取り付く島もない。

仕方なしに、日本でもらってきた消炎症サロンパスを、毎日のように貼り替えることに。もちろん、足の運道はなしに。

すると、数週間後に腫れが引くと同時に鈍い痛みも和らいでくるではないか。はっきりとはわからないが、溜まっていた膝の水が少なくなったようだ。自然な治癒力が高まったのかも知れない。

膝に多くの水が溜まって、注射器で抜いてから、半年経過。9ヶ月経過して、8月にチェンマイ県庁敷地内の裁判所で開催される10キロのミニマラソンに出場する事を考えた。

というのも、そのマラソン大会は、私が初めて走った記念すべき大会なのだ。でも、大事な用事が重なり断念。

その後も、右膝に地雷を抱えたような不安を持ちつつも、断続的だがマラソン練習を継続。そして9月に入り、捲土重来を期して、膝を痛めた池田能楽の里・ハーフマラソンにエントリー。

1年ぶりの“病みあがり再起マラソン”が、いきなり20キロのハーフマラソン。チョット無謀な気がしないでもない。でも、遅くとも完走できたら、1年もの長きに閉ざされていたマラソン人生を、なんとか再開できそう。[続く]




♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

2016年10月13日

1年ぶりのマラソン・20キロハーフ完走で奇跡の復活(その2)

医者は言う。「あんたなら、止めても走るでしょうから、決して無理せずに走って下さいね!」と、お墨付き(?)をもらう。

生まれてこの方、膝に水が溜まることなど知らず、膝の鈍い痛さの原因が、膝に水が溜まってのそれともわからなかった私。医者に膝に溜まった水を注射器で抜いてもらった瞬間に、膝の痛みがなくなるのにはビックリ。もう完治したと、誰もが思うに違いない。

だが、痛みをこらえての完走後の右膝は、小さな腫れがあり、明らかにまた膝に水が溜まっている。2回目となると、自覚症状ですぐにわかる。

翌日朝に、早速医者を再訪。なんと、太い注射器2本分の“薄い黄色の水”が取り出されたではないか。「2回目とはいえ、あら不思議!水を抜いた途端に痛みはまったくなくなるではないか!」

医者は言う。「まあ、液に血が混じってないので、幸いにも炎症までは起こしてないようです。でも、こんな短期間に水が溜まるのは異常。紹介状を書きますので、午後にでも、武生の林病院のスポーツ専門医者に診てもらいなさい」と宣告される始末。

マラソン大会の参加費を無駄にしたくないがために、無理してハーフマラソンを完走した。その無謀さをいまさらながら後悔。でも、後悔先に立たず。

武生(現在の越前市)で最も大きな私立病院の林病院。平日の午後は、老人の集まりがあるかのように賑わっている。落語の「老婆の休日」の一節・・・「あら?今日はウメさん、病院に来ないね〜、どこか具合が悪いのかしら? 早く元気になって病院へ来ないとね〜」

白髪の初老の医者の診断を受ける。紹介状で詳しく説明してあるらしく、ベッドの上で膝の曲げ伸ばしを診ただけ。先ずは腰から下の2足のレントゲン撮影。その写真を見せてもらいながら、「ほら、O脚になっているでしょ、これが膝に余計な負担を与えています。あなたの靴は踵(カカト)の外側の底が減りやすいでしょう!」。その通りであり、流石にスポーツ専門医だけはあると感心した。(あんたがそんな簡単なことを知らないだけ?)

ここでも医者に真剣に尋ねる。「膝に水が溜まったら、その後、習慣性になるのでしょうか?」と。答えは最初の医師と同じで、必ずしも習慣性になるとは限りません、とのこと。

ただし、当分はマラソンのようなきつい運動は控えること、との条件付。それでも、今後のマラソン人生を断たれたわけではないので、飛び上がるほど嬉しかった。

膝の半月板損傷があると大変なので、MRIを撮ることをすすめてきた。しかし、チェンマイに戻る日が近くなり、時間的に無理なので断念。医師も、「チェンマイの大学病院でもできると思いますので、具合が悪くなったら受けた方がいいですよ」と言ってくれた。

その後、チェンマイに戻って、数ヶ月は膝をかばって走る運動は控えることに。その後、そろそろ、マラソン練習を始めることに。

庵田舎のマラソン練習コースのメーガットダム湖堰堤を、5キロ程度走ることに。それを日を置いて数回繰り返した。ところが、3度目となる膝の水溜りの鈍い痛みが出てきたではないか。

これにはさすがに落ち込んで暗澹たる気分に。チェンマイに信頼できる医者など簡単に見つかる筈も無い。さて、どうしたものか?[続く]

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング




posted by 新明天庵 at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | チェンマイ・マラソン走ろう会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

1年ぶりのマラソン・20キロハーフ完走で奇跡の復活(その1)

image-bb2d8.jpg
福井新聞の写真より


10月9日午前5時過ぎに起床。これから、家から40分程の田舎山里の池田で行われるマラソン大会に出発。完走出来るかどうか不安な気持ちを、さらに不安にさせるような小雨が降りしきる早朝。

雨天決行なので、小雨が降ろうが、濡れた路面を20キロ走らなければならない。シューズが雨に濡れて、靴下まで濡れた状態で走るのは気持ち悪い。雨の中のマラソンなんて、これまでに1度くらいしかなかった。それだけに、小雨が止まない空を見上げて、「スタートの午前9時20分までには雨が止みますように!」と祈った。

昨年2015年に、この「能楽の里・池田マラソン大会」の20キロハーフマラソンに初参加。スタートから後半も順調に走れた。だが、18キロと最後の方で恐れていた右膝痛を再発。なんとか痛みをこらえて完走だけはした。走者の最後尾を走る大会の自動車の少し前を走るというきわどい走りだった。

なんとか歯を食いしばってゴールしたものの右膝の痛みは引かない。それに、膝のいわる“皿”のしたの部分の右側が柔らかく膨らんで腫れてきている。

実はそのマラソン1週間ほど前に、太い注射器で膝に溜まった水を抜いてくれた医者に、「何? 1週間後に20キロハーフマラソンを走るなんてやめなさい!」ときつく叱られた。

「3千円ほど、もう払っていて、キャンセルしても戻ってこないのです。 なんとか走りたいのですが?」と、医者に懇願してみる。すると医者の返事は意外だった。[続く]

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?下記のタイ・ブログランキング文字をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

posted by 新明天庵 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | チェンマイ・マラソン走ろう会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

チェンマイ・マラソン情報:2015年11月下旬〜12月

 チェンマイの冬季は雨が降らず晴れ続きの毎日で、1年の内でマラソンのベストシーズン。チェンマイ県を中心に北タイ北部各県の2015年11月下旬〜12月のマラソン大会を紹介。ただし、他にも大会があるようでしたら追加しますが、日時などが変更になる場合がありますので、参加希望者は再確認をお願いします。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェンマイ・マラソン走ろう会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

11月中旬以降のチェンマイのマラソン大会

■11月22日(日曜06:00−):
第3回サンカンペーン学校ミニマラソン大会(10キロ・参加料150バーツ)。場所などの詳細はココを参照。
  
■11月29日(日曜06:00−)

20151109runC.png 20151109runB.png

 第1回ノーンブア・プラチャオルアン・ミニマラソン大会(10キロ・参加料100バーツ)。場所などはココを参照。    

♦タイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

2015年10月21日

能楽の里池田ハーフマラソンの次はチェンマイマラソン2015!・その2

20151021marathonA.png

 第10回チェンマイマラソン大会2015が12月20日(日曜)に開催される。昨年は開催日2週間前ぐらい(?)でフルマラソンもハーフマラソンもエントリー数が定員に達してしまい、申し込めなかった。残念というか、ほっと安堵したというか複雑な心境だった。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェンマイ・マラソン走ろう会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

能楽の里池田ハーフマラソンの次はチェンマイマラソン2015!・その1

20151023marathonA.jpg 20151023marathonB.jpg

 里山の杉林や田んぼ、それに清流と自然あふれる静かな山間の池田町。そこで10月18日に開催された“能楽の里池田ハーフマラソン”は、朝霧が晴れて雲1つない穏やかな秋晴れの下で午前9時20分ジャストにスタート。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェンマイ・マラソン走ろう会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

チェンマイ大学で動物園走り抜けミニマラソン大会

20150823runC.jpg 20150823runB.jpg

 マンモス大学であるチェンマイ大学には多くの学部があり、その一つの政治学部(とOB会?)が主催するミニマラソン大会(10.5キロ)“SINGHAKAO MINI MARATHON 2015”が開催される。本日8月23日の午前6時スタートのはずだが。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェンマイ・マラソン走ろう会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

6千人以上が参加してメーモ・ハーフマラソン大会開催

20150804newsA.png

 8月2日の05:45に、ランパーン県メーモ郡メーモウィタヤー学校で、第24回メーモ・ハーフマラソンの開会儀式が行われた。この大会はタイ電力局メーモ火力発電所やランパーン県などが主催し、今回は“歩き&走り”に合わせて6,045人が参加。今回はシリキット王妃(82)が8月12日水曜日に誕生日を迎えることと、シリントーン王女が去る4月2日に60歳の誕生日を迎えたことの2つを記念して行われた。競技種目は21.1キロのハーフマラソン、10.5キロのミニマラソンが7つの年齢別で競われた。他にも5キロのマイクロマラソン、5キロと3キロ、1キロのウオーキングなどが行われた。
 なお、ハーフマラソン総合順位では男子はアフリカのケニアの選手が1時間10分3秒で、女子は同じアフリカのケニアの選手が1時間18分56秒で優勝し、優勝賞金1万バーツをそれぞれが獲得した。また、大会ではスポーツ用品特売ブースやOTOP産品販売ブースなどたくさんの出店でも賑わった。

チェンマイニュース(北タイ・チェンマイの地元新聞)by チェンマイニュース(2015/08/04)


ダイヤタイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

2015年08月01日

チェンマイでマラソン・第15回ワンラピ・ミニマラソン大会

20150801runC.jpg 20150801runA.jpg
  チェンマイ県裁判所前が会場        60歳以上で4位入賞のHさん(左から2人目)

 ちょっとさぼり癖がついてしまって、かなり久しぶりとなるマラソン大会参加。庵からバイクで40分余りと比較的近いチェンマイ県庁敷地内の裁判所がその会場(写真上)。涼しい曇天の空の下、裁判所前を午前6時過ぎにスタート。運河沿い道、ファイトンタオ池への道にはいっての折り返し10.5キロのミニマラソン。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェンマイ・マラソン走ろう会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

雨季のメーガット・ダム湖の異常な水不足

20150708damB.png 20150708damC.jpg
   水位低下のままのダム湖            湖底の赤い地面が大きく広がる

 チェンマイ県最大のダム湖であるメーガット・ダム湖。庵からバイクだと10分余りで行ける近さ。ロックフィル式ダムなので、約2キロある堰堤は私にとっては絶好のマラソン練習コース。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェンマイ・マラソン走ろう会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

走ってみよう!Blackmores Run More Live More

20150710run.png

【日時】7月10日(金・05:30〜参加受付)
【場所】ロイヤルラーチャプルック公園
【内容】わずか3キロのマラソン(?)大会のようですが、500バーツ云々がよくわかりません。
    以下の公式フェイスブックをしっかり解読して参加して下さい。(まだ薄暗い午前5時半ではね?)
https://www.facebook.com/BlackmoresThailand
会社名からしてブラック企業・・・なんてことはないかと思いますが?

ダイヤタイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング

2014年11月03日

9th Chiang Mai Marathon 2014(チェンマイマラソン2014)・その1

20141102marathonAB.jpg

 チェンマイで開催されるマラソン大会で最も規模が大きいのが、なんといっても“チェンマイマラソン”。チェンマイでのマラソン大会なので、“チェンマイマラソン”大会とは、突っ込みどころも面白さも全然ないのであまり好きじゃありません。せめて、“走りタイ!チェンマイマラソン”大会程度にはして欲しかったのだが。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェンマイ・マラソン走ろう会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

第35回敦賀マラソン2014は雲ひとつない秋晴れの空の下・その2

image-d12a3.jpg 20141019umiB.jpg
  あのね?減量してから走りなさいね!              敦賀の気比の松原の秋の海水浴場

 「10キロ・60歳以上男子」のプラカードの後ろに並んで、間もなくのスタートを待つ。特に女性を中心に、なんともお洒落なランニングスタイル。頭の帽子から、上下のランニングウエア―、靴まで“値段が高そう”。お洒落なスタイルと走りの速さとは関係ないだろうと、お洒落とは無縁の私は、いささか“ねたみそねみ給う”。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェンマイ・マラソン走ろう会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

第35回敦賀マラソン2014は雲ひとつない秋晴れの空の下・その1

 発表アナウンスでは約4千人近くの参加とのこと。まあ、最長の距離になる10キロのミニマラソンには、600人ほどの参加なので、そんなに大規模な大会ではないのだが。それでも、5キロ、3キロ、1.85キロを合わせると4千人弱とは結構な数。・・・

続きを読む
posted by 新明天庵 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェンマイ・マラソン走ろう会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月08日

THE SINGHA TRAIL RUNNING FESTIVAL 2014

20140907marathonB.png

【日時】9月20日(土)
【場所】チェンライ市シンパーク
【内容】3キロ(無料)、10キロ(450バーツ)、21キロ(550バーツ)のトレイルラン競争
    詳細は以下のウエブサイトを参照
    http://www.refillmarathon.com/the-singha-trail-running-festival-2014/

 ダイヤタイ関連人気ブログの気になる最新順位?右をクリックしてちょこっと覗いて下されば有り難いです!→タイ・ブログランキング
posted by 新明天庵 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェンマイ・マラソン走ろう会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする