2007年10月06日

田舎の美味しいカオソーイ

 チェンマイ名物料理というか、チェンマイ伝統料理として真っ先にあげられるのがカオソーイ。旅行ガイドブックには、「チェンマイに行ったら美味しいカオソーイを食べずして何を食べるのか?」などと紹介されているのだが・・・

田舎のカオソーイなどとは侮れませんぞ!

 ところがチェンマイの老舗カオソーイ屋を取材して意外な事実が! それは30〜40年前のチェンマイには、カオソーイなる料理はまったくなかったとのことだ。この詳細については「ちゃーお」の第59号特集「チェンマイ名物・カオソーイを食べ歩こう!」をご覧あれ!

 奥の深いカオソーイの歴史はさておいて、確かにカオソーイはたまに頂くと美味しい。チェンマイ市内の老舗を含めての美味しいカオソーイ屋は、ある程度の数である。

 田舎では、チェンマイ市内にあるような美味しいカオソーイ屋はない。と断言したいのだが、うまい具合にそれなりの美味しいカオソーイ屋がちゃんとある。
 今日はどういう風の吹き回しか、昼に無性にカオソーイが食べたくなった。庵からバイクで10分もかからない隣の地区のカオソーイ屋へ。
 長靴姿で田んぼ仕事の帰りのおばさんが、テーブルでカオソーイを食べながら、店の人と何やら大声で話している。こういう田舎の店には、顔見知りの客しか来ないようだ。この店はクエッテイオ屋だが、カオソーイが美味しいとの評判を得ている。

 田舎でもカオソーイのメニューを掲げているクエッテイオ屋や食堂がまあまあの数ある。食わず嫌いでなく、それらのカオソーイをすべて一度賞味して見ることも必要だ。まあまあの味のカオソーイが幾つか見つかるかもしれない。

【写真】隣地区の美味しいカオソーイ。1杯20バーツですが、ピーセート(大盛り)を頼むと1杯25バーツなり。写真のは1杯20バーツのカオソーイ・カイ(鶏肉)です。
posted by 新明天庵 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | チェンマイなどのカオソーイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

チェンマイでカオソーイ(カオソイ)お店一覧/index of Category :Khaosoi
Excerpt: チェンマイカオソーイ店別一覧。より分かり易い見出しで。 *カオソーイ・ラムドゥアン・ファーハーム *ティンティンマオ(ファーハーム) *スターシニー1(チャンクラン) *ウーウアン(ピン川沿い..
Weblog: タイで想う日々
Tracked: 2008-01-06 01:13