2021年02月22日

日本でようやく「198円+税」「198円(税抜き)」などの表示が4月から違法に!

20210222daisou.png
 チェンマイ・エアポートプラザにあるダイソー店

 タイで暮らしていて、たまに日本に一時帰国すると、“日本に文句を言いたくなる”こともちょこちょこある。その1つが、スーパーや店で買い物をするときである。誰もが払わないといけない消費税10%抜きの、「198円+税」とか「198円(税抜き)」とかの“ごまかし価格表示”ですわ。・・・

 その日本の”非常識価格表示”が、今年の4月1日からようやく晴れて(?)違法になるとのこと。となると、「100均ショップ」は「110均ショップ」と表示しなければ違法になるようですが、実際はどうなるのでしょうかね?

 「100均ショップ」の代表であるダイソーですが、チェンマイにも大手ショッピングセンター内など数店あるようです。たぶん、今でも「60バーツ(約210円)均一」のダイソー店かと。「210円均一」と約2倍の」の高値では、チェンマイ在住日本の方は、日本へ一時帰国の機会にしか、ダイソーでの買い物は、死んでもしないようです。(帰国前に死んだ可哀そうな老人もおりますわ)

  話を元に戻すと、タイでは消費税に当たるVAT(付加価値税)は7%で、ほぼすべての価格や料金に含まれていて、そのVAT7%に気付くこともなく買い物をしています。

 でも、一流ホテルや高級レストランなどで食事をする場合には、会計時に別途VAT7%とサービス料10%の2つが加算される場合が大半なので、頭に入れておく必要があるかと。もっとも、そんな高級店とは縁のない庶民は、そんな心配は無用ですわ。

 ついでに、タイのリタイアメントビザや家族ビザなどの1年滞在ビザ所持の日本人ですが、日本へ一時帰国の折には、外国人旅行者同様にTAX FREEが利用できます。

 条件として、海外長期滞在ビザの印があるパスポート提示。そして、一般物品の場合、1つの免税店舗における一人あたりの購入金額が合計5,000円以上の買い物に限り適用です。他にもこまごまとした条件があるようですが、ここでは割愛します。

 たとえば、今年4月以降の話ですが、日本で表示価格3万5000円のスマホは、消費税10%抜きの3万1500円で購入できることになります。

 いずれにせよ、4月以降に日本へ一時帰国すれば、買い物の時の価格表示のストレスがなくなるようで、買い物が楽しみですね。

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 10:00| Comment(1) | 日本からタイ・チェンマイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
外税表記(税抜き表示)になった、野党が「内税表記(税込み価格表記)だと税金額が見えない!!!」「カモフラージュしている!!!」「税額が直接見えないように仕組んでいる!卑怯だ!!!」などと大文句を言ったからですよね。
国民の多くが「外税表記(税抜き価表記)格だと計算がめんどくさいので内税表記(税込み価格表記)を望んでいたのに・・・。
Posted by 税抜き表示 at 2021年02月23日 12:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。