2021年01月19日

チェンダオで2ヶ所の山火事により57ライ消失!

20210119fire.png

 1月18日、チェンマイ県チェンダオ郡内の2ヶ所で発生した山火事に対して、軍兵士や国立公園職員、ボランティアなどが出動し、消火作業をおこなって火を消し止めた。この2ヶ所の火事で、合計57ライ(1ライ=40m四方の1600u)の山林を焼失した。・・・

 いよいよチェンマイ県の周辺郡部を中心に山火事のシーズンに突入ですね。山火事が起こると、昼間でも山肌から白い煙がモクモクと立ち上がっていて、たいていは数日間以上延焼し続けて自然鎮火するようです。そうなると、何日も続く山火事の白い煙で、空気が白く靄(もや)って遠くの視界が消えてしまうくらいだ。

 毎年多く発生する山火事ですが、山の林に火入れしないと、ヘット・トープ(ツチグリの1種)などの山の幸の珍味の収穫が期待できない。村人の貴重な現金収入であるキノコ採り。今年の山火事は、例年になく多く発生するのでは?と心配されている。

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 10:00| Comment(1) | チェンマイなどの煙害・パート2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
皆コロナにかまけて山火事防止が手薄になり例年より多くなるのでは?
山焼きがキノコの収穫に寄与すると言うのは間違いと言う研究もある様ですが?
Posted by 菅 久雄 at 2021年01月19日 16:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。