2020年09月26日

タイ入国後の隔離検疫が7日間に短縮される可能性も、順調に行けば11月中旬から?

 タイ観光・スポーツ省ピパット・ラチャキットプラカーン大臣は、2020年9月24日、10月1日から受け入れる「特別観光ビザ」の外国人観光客が新型コロナウイルスに感染していなければ、11月半ばからは現在14日間の隔離検疫を7日間に短縮できるかもしれない、と発表したようです。

 ◎14日間の半分の7日間隔離検疫にしても、他の高額医療保険契約、72時間以内のPCR検査などの高いハードルをそのままでは、一般の旅行者がタイに行けるようにはならないかと。まあ、入国させた外国人観光客の中から、コロナ感染者が誰1人でないなんてことは、絶対無理かと。

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 17:00| Comment(1) | ロングステイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ビザなしで隔離検疫の7日分除外で現状の30日なら保険と自信の安全を表明するためのPCR検査で日数が半分になったので最低ホテルランクで3食付きで1万バーツなら有かな。
Posted by Kazu at 2020年09月27日 10:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。