2020年09月17日

日本からタイに必要な薬をEMSで送ってもらったが住所に届かないトラブル発生!

20200917mailA.jpg

 新型コロナ禍により、日本へ戻れなくなった方がチェンマイにも多くいるようだ。そのような方の中で、困っているのが日本の病院でもらっている持病の薬が、予定外の長期滞在を強いられて、手持ちがなくなることである。・・・

 そこで、日本にいる家族や友人に依頼して、必要な薬をかかりつけの病院の医師にもらってもらい、それをEMSでタイに郵送してもらうことになる。ところが、そのEMSで問題なくタイの住所に届いた場合もあるが、なぜか、何日経過しても住所にいっこうに届かない場合が出てきているようです。

 知り合いの方によれば、2回目のEMSでの日本からの薬がいつまでたっても届かないという困ったことに。そこで、チェンマイ市内の郵便局に問い合わせた結果、あれこれ変なことを言われたのだが、結局は「チェンマイ空港の税関で留まっている」との返事。

 そこで仕方なく、チェンマイ空港の税関に、タイ人に日本語通訳を連れて行くことに(こんな事態では通訳がどうしても必要)。そしたら、空港の税関では、「ここでなくて隣のcargo(カーゴ)の方に行ってくれ」と言われる。そちらへ行ったら、ようやく自分あてのEMSがそこで見つかった。

 だが、係官はEMSの中身の薬を確認して、“600バーツの税金”を言い出す始末。1回目の薬は住所の部屋まで早く届いたのに、2回目はなんで住所に届かずに、おまけに税金を取るとは・・・と呆れかえる。通訳を通して、猛烈に抗議したら、600バーツの税金は取り下げてもらったとのこと。

 ここで教訓その1。薬はEMSの専用封書(上記写真)にうまく詰めて(?)、なおかつ、薬(medicine)との内容物表示は控えたほうが無難かと。EMSの小包での郵送には、内容物を薬(medicine)と記すと、輸入薬には税金がかかる場合があるらしく、空港の税関で留め置かれる場合が出てくる可能性が高いようです。

 このような日本からEMSでの薬の郵送での体験がある方は、コメントいただけたら幸いです。

 そしてこの機会に、日本の病院での処方薬を、チェンマイ大学薬局などにサンプル持参して、「同じ薬がないのか?」、「この薬のジェネリック薬がないのか?」と尋ねてみたいものです。そこで、その薬の購入料金を調べて、日本から郵送してもらう必要がなくなる場合も出てくるかもしれませんので。

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 01:00| Comment(6) | ロングステイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
輸入郵便物は全部保安検査通関されます。書状でなくて物の場合は通関手数料を請求されます。何処の国でも化学物質(薬品)の輸入には厳しい制限があり、分析検査などされる場合は時間と費用が掛かります。内容物を表示しない、隠すのは密輸の疑いを持たれます。むしろ表示した方が通関料だけで済む物もあります。内服薬は専門家(医師)と相談すれば代替品がタイでも入手可能と思います。
Posted by 菅 久雄 at 2020年09月17日 12:16
空港税関は通関時にX-RAYを通しますから内容表記を誤魔化そうとしてもわかりますから、薬物と言う事で逆に要チェック人物として目を付けられるので、そのようなアドバイスはなさらない方が。

チェンマイの一流私立病院ならば、ちゃんと診察を受ければ日本の病院で処方される治療薬と同じ効用の物を継続して出してもらえます。

支払う治療費用は一時的に高額になりますが、日本の国保申請用の証明書と領収書をチェンマイの病院で発行してもらい日本の住民票のある市役所の窓口で申請すれば、国保と高額医療保険証と合わせて支払った金額の9割程度まで返って来ます。

証明書発行はラジャベーが200バーツ、チェンマイラムとバンコク病院は無料でした。







Posted by 白髪ハゲ爺 at 2020年09月17日 12:39
私は、2年前ですが、記載のように日本での薬をチェンマイまで送って貰いました。内容物は、詳しく、薬と書いて貰いましたが、間違いなく、チェンマイの宿に届きました。

今回は、当地で薬を入手すべく、何軒もの薬局を廻り確認しました。精神安定剤以外は、薬局で入手可能です。値段も日本より安いです。精神安定剤は、医師の診断が必要なので、病院へ行かねばなりません。一応、本件も病院で確認しました。
Posted by アジアの星一番 at 2020年09月17日 14:38
高血圧、糖尿病などは薬の成分名を医師に伝えれば、同じ成分のものを医師が処方します。私は逆にチェンマイのマコーミックで処方してもらっていた高血圧の薬を大阪の病院で処方してもらいました。ジェネリクッスだが日本のほうが小さくて少し甘く飲みやすい。ただし高血圧でも幾つかの種類の成分の薬があるので、成分名は必要です。症状だけだと違う成分の薬が処方される可能性があります。
Posted by 四天王寺の番人 at 2020年09月17日 21:24
この7月に子供に頼んで、正露丸をEMSの小包で送ってもらいました。品物の名称として「Supplement]と書くように指示しました。
日本発送から約1週間でチェンマイの自宅に届きました。
心配していましたが、問題なく配達されました。
Posted by 斉藤 孝 at 2020年09月18日 10:33
>>なおかつ、薬(medicine)との内容物表示は控えたほうが無難かと。
→この記述、まずいでしょう。犯罪指南していますね。
Posted by 犯罪指南していますね。 at 2020年09月20日 08:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。