2020年08月12日

やはりタイはやります!タイから帰国しての空港検疫での陽性2人のタイでの行動歴の調査開始!

 先にココの記事で紹介したように、「2020年8月に入ってタイから日本へ入国した2人が新コロナウイルスのPCR検査で陽性が確認された」件の続報です。・・・

『タイ国内では8月11日現在で78日連続して国内での感染者が確認されていない中で、日本に渡航した2人が陽性だったことで、タイ保健省疾病管理局は、2人のタイでの足取りについて調査を行っています。

・8月1日にタイから羽田空港に到着した、長野県に居住する20代男性。無症状。
 1人目は、日本で建設業に従事する24歳のタイ人男性。男性は7月7日に一度日本からタイに戻り、7月21日まで政府施設で(14日間の)隔離検疫。検疫後、故郷のチェンライに戻って母親と2人だけで過ごしました。その後7月31日にはタイを発ち、8月1日に羽田空港に到着しています。なお、男性の母親は検査の結果、陰性が確認されています。

・8月8日にタイから羽田空港に到着した、埼玉県に居住する40代男性。無症状。
 2人目は、8月8日に羽田空港に到着した47歳の日本人男性。現在報じられているのは、この情報のみです。』{THAILAND HYPERLINKS・2020年8月12日 配信を転載}

 ◎日本の空港検疫では個人情報保護という“隠れ蓑”で、新型コロナ感染防止の緊急事態にもかかわらず、検査での感染陽性者の国籍自己申告は“したくなければ”免除されているらしい。だから、上記のタイからの入国後の検査陽性者が「タイ人なのか日本人なのか、他の国の外国人なのか」が表に出ないことになっているようだ。

 ◎さて1人目は日本での技能研修タイ人で、故郷のチェンライに戻っていたとのこと。彼の故郷の村や地区では、感染恐怖でパニックになっていてもおかしくない。

 ◎2人目の「埼玉県に居住する40代男性」は日本人だとすると、タイ政府関係者によるタイ国内での行動超調査の聞き取りなど、「本人がコメントできません」といえば、たぶん不可能になるであろう。プライバシーどうのこうので、タイ国内での行動歴調査を断られたら、タイ政府は、今後「タイ在住日本人」に対して厳しく対処してくるかもしれない。それは杞憂であって欲しいものですがね?

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 03:00| Comment(0) | チェンマイでの病気・治療・病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。