2020年08月08日

8月12日の母の日にペルセウス座流星群が極大に!

20200808starA.png

 今年2020年のペルセウス座流星群の活動は8月12日20時頃に極大を迎えると予想されています。今年は8月12日が下弦の月ため、流星群を観察しやすい時間帯のほとんどに月明かりがあり、見える流星の数は条件の良い年より少ないでしょう。それでも、月がそれほど明るくないため、まずまずの数の流星を見ることができそうです。
 普段より目立って多くの流星を見ることができるのは、11日の夜から13日の夜までの3夜でしょう。12日の夜に最も多くの流星が出現すると予想されます。いずれの夜も、19時頃から北東の空のペルセウス座付近に流星が出現するようになり、夜半を過ぎて薄明に近づくにつれて流星の数が多くなると考えられます。

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 10:00| Comment(0) | 北タイ暮らしの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。