2020年08月05日

Facebookグループがタイ観光地の「二重価格」廃止を首相に提案!

 タイでは国立公園や観光地などでは、タイ人と外国人の入場料金が違う「二重価格」が普通になっている。外国人の方がタイ人より2倍〜10倍も高くなっている。この不公平をなくそうと、Facebookグループがタイ観光地の「二重価格」廃止を首相に提案しているようです。以下に関連記事。・・・

  <外国人は10倍も!タイ観光地の「二重価格」廃止を首相に提案
 タイの観光地などへ行くと、タイ人と外国人の入場料金が違う「二重価格」が当たり前のように設定されています。多くがタイ人の入場料金は外国人が分からないようにタイ数字で書かれていて、外国人が二重価格を知って気を悪くしないように(?)なっています。
 最近では、タイの二重価格情報を共有するFacebookグループ「2PriceThailand」が立ち上げられ、外国人ら約1万2000人が参加して情報交換や議論が行われています。
 各報道によると観光・スポーツ省は、タイ国内の外国人向け二重価格を廃止することを首相に提案するとともに、旅行会社に二重価格を廃止した料金でのパッケージを作るよう求める方針です。
 観光・スポーツ省ピパット・ラチャキットプラカーン大臣は、「外国人に国立公園や寺院などの観光地を訪問する機会をタイ人と均等に与えるため、外国人にもタイ人と同一価格を提供することについてプラユット首相と話し合う予定」と語りました。」
 観光・スポーツ省とタイ国政府観光庁(TAT)、観光事業者らは、8月12日にも会合を開き、外国人向けなどのパッケージ商品の開発について話し合う予定とのことです。なお大臣は2019年にも、外国人に対する二重価格の設定は是正されるべきであると表明していました。{2 THAILAND HYPERLINKS・2020年8月5日 配信を転載}


 ◎観光地等の外国人料金(ค่าธรรมเนียมชาวต่างชาติ)全廃などは到底無理な話なので、「観光地に応じて外国人料金を最高2倍までとする」との具体案の要求のほうが、実現性が高いかと。

 ◎ちなみに、ドイ・インタノン国立公園入園料は以下のようになっています・
『The entrance fee is 300 Baht for foreigners (children 150 Baht) and 50 Baht for local tourists (children 20 Baht). Cars will be charged with 30 Baht and bikes with 20 Baht.』つまり外国人大人料金はタイ人の6倍になっています。


「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 10:00| Comment(3) | チェンマイ観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本でも、外国人に対する二重価格が平気で行われています。
街中のお店やドラッグストアでは、外国人は免税です。なんで街中のお店で日用品まで免税にするのか疑問です。
JRも外国人に超〜安いパスを販売しています。
ここは日本なのに、なんで日本人が不利な思いをするのか疑問です。
Posted by 日本も二重価格あります。 at 2020年08月05日 16:52
そもそも外国人料金徴収が厳格化されたのは軍事政権が始まってからで、それまでは外人でもタイの運転免許証でタイ人と同じ料金でした。またビザの厳格化も然りです。軍事政権=外人嫌い 同政権が続く限り状況は変わらないのではないでしょうか。
Posted by TOYOTA at 2020年08月06日 09:26
この外人価格の効果として、末端国民までが手本に倣って外国人からはボッても良いという常識を作ってしまってますね?

あともう一つは「ガイジンに比べたらお前ら優遇されてるんやで、感謝せえや」っていうね、
自腹を切らずに感謝させる効果がありますから権力者が廃止するとは思えませんよね?
ま、どっちにせよ外国人には一利なしなのですが
Posted by なんだかな〜 at 2020年08月07日 17:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。