2020年08月04日

やはりチェンマイ市内のカオマンガイの老舗“ナンタラーム3”は極上の味!

 連れ合いのチェンマイ市内の買い物の用事に付き合って、昼食を久しぶりにラジャーベー病院近くにあるカオマンガイの老舗“ナンタラーム3”を利用することに。・・・

 この老舗カオマンガイについては、先に「チェンマイ市内の安旨の老舗カオマンガイ・ナンタラーム3」というココの記事を参照下さい。

 私はいつものメニュー(35バーツ+5バーツ=40バーツ)で注文。連れ合いは、カオマンガイ(蒸し鶏肉)とカオマンガイトート(鶏肉天ぷら)が半々の皿(40バーツ)を注文。

 やはり赤飯のような炊き上がりで艶々しているご飯が、いつまでも変わらない極上の味。今回は、連れ合いが自分で好みに調合したタレを2度もテーブルに運んできた。そして、大きな鍋に入っているスープも自分でお替りした。

 タレもスープも余計に欲しかったらセルフサービスが可能。そんなカオマンガイ店は他にはないと思う。さあ、40バーツで腹が張る美味しいカオマンガイなら、地元の人しか来ない“ナンタラーム3”でしょうね。

 なお、近くのノーンホーイ交差点近くのノーンホーイ市場には、カオニャーオマムアンの美味しい店(ココを参照。)があるので、ついでに持ち帰りしましょう。

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 03:00| Comment(0) | タイ料理・フード関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。