2020年08月04日

チェンライ県チェンセーンのメコン川国境から18人が密入国!

20200804newsA.png
 メコン川の対岸はラオス

20200804newsB.png
 箱船に乗せられてタイ側に来たのであろうか?

 8月2日夜に、チェンライ県チェンセーン郡のメコン川国境で、対岸のラオス方面から外国人18人が密入国して上陸したところを、チェンセーン郡警察によって全員逮捕された。・・・

 ◎新型コロナ禍で仕事を求めて、ラオス、ミャンマー、カンボジアからタイへの密入国者が増加している。タイ各地の国境付近では外国からの密入国者が次々逮捕されている。タイへの密入国者はこれまでもあったのだが、今回は、「新型コロナ感染者をタイ国内に絶対に入れない」という至上命令があるので、周辺国からの密入国者を徹底して取り締まる必要が出てきている。
 それでも、長い陸路国境なので、捕まらずに入ってくる密入国者の実際の数はかなり多いに違いない。チェンマイでもミャンマー国境付近の村ではやってきた密入国者が潜んでいると考えたほうが自然であろう。

 ◎海に囲まれた日本ならば、現在ならば主要空港だけで徹底水際作戦をやればいいのですが、政治的思惑があって検疫が形骸化している懸念があるようです。

 ◎現在、タイ国内では「70日間新規感染者ゼロ」を記録していて更新中。空港検疫は徹底した水際作戦なので、外国からの入国者がタイ国内に感染を持ち込む心配は、現時点ではほとんどないと思う。今後、タイ国内での新規感染者が出るとすると、“周辺国からの仕事求めての密入国者”からであろうと、私は考える。

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 05:00| Comment(0) | チェンコーン(国境)情報・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。