2020年07月29日

チェンマイのメーテン郡の古寺の伝統仏教壁画の保存を!

20200729artA.png

 チェンマイ県メーテン郡ソップン地区に、今から156年前に建てられた古寺“ワット・ターカーム”(วัดท่าข้าม ตำบลสบเปิง อำเภอแม่แตง จังหวัดเชียงใหม่)がある。この古寺の本堂の壁画は、昔にタイヤイ族とタイクーン族の絵画職人が描いた貴重な壁画が取り残されている。しかし、壁画や壁装飾が昔のままに放置されるがままになっている。貴重な壁画や壁装飾がこのまま荒廃するのを避けるために、芸術局などが早急に調査してその文化財の保護を行う必要が求められる。{地元新聞タイニュース紙より}
・以下に貴重な壁画写真を掲載。・・・


20200729artC.png

20200729artB.png

20200729artD.png

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 05:00| Comment(0) | チェンマイ観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。