2020年07月28日

コメの輸出国タイはベトナムに抜かれて世界3位に後退!

 コメの輸出でインドが世界第1位で、2位がベトナムで、タイが第3位とはまったくの予想外でびっくり!そうだ、北タイでの日本米収穫量は急増していると思うのですが、どこかに、それを裏付ける統計はないのかしらん? 以下に関連記事。・・・

  <ベトナムのコメ輸出、タイ抜き世界2位へ
 ベトナムの今年のコメ輸出量が、前年の世界3位から2位に浮上する見込みだ。前年2位のタイがバーツ高や干ばつで低迷しており、今年は過去20年で最低を記録する見通し。ベトナムからは、シェア拡大を期待する声が出ている。地元各紙が伝えた。
 ベトナム税関総局によると、上半期(1〜6月)のコメ輸出額は5%増の352万トン、輸出額は19%増の17億米ドル(約1,810億円)。タイ・コメ輸出業協会(TREA)によると、同国はそれぞれ32%減の314万トン、12%減の22億米ドルだった。
 今年通年の輸出量は、ベトナムが670万トン、タイが650万トンとなる見込みだ。ベトナム産は、タイ産より手頃となっており、中国、香港、フィリピン、マレーシアなど主要市場への販売契約が増えているという。統計サイト「スタティスタ」によると、昨年の国別コメ輸出量は、インドの979万トンが最多で、タイ(756万トン)、ベトナム(658万トン)と続いた。
{NNA ASIAアジア経済ニュース・2020/07/28配信を転載}

 
 ◎これまでの関連記事も以下に紹介。

  <タイのコメ輸出 開発プランなければ10年以内に世界5位に転落か
 タイ・コメ輸出業者協会によれば、タイは現状に甘んじて稲の品種改良や競争力強化を目的とした長期戦略を打ち出すことがなければ、コメ輸出においてこの10年のうちに世界5位に転落する恐れがあるという。
 同協会のチャルン会長は、「タイのコメ政策は継続性と長期開発プランを欠いており、このままではコメ輸出は減少し続けるだろう」と指摘する。例えば、タイ米の主要輸入国であるフィリピン、マレーシア、中国などでは柔らかいコメが好まれるようになっているが、タイはまだ対応できていないとのことだ。{バンコク週報ウエブ・2020/7/23配信を転載}


  <今年のコメ輸出 過去10年で最低か コロナ禍、バーツ高、干ばつなどが原因
 タイ・コメ輸出業者協会によれば、今年のタイのコメ輸出は当初予測の750万トンを下回り、過去10年で最少となる650万トン程度にとどまる見通しだ。
 タイ米の輸出が減っているのは、新型コロナ感染拡大に伴う世界的なコメ需要の低下、バーツ高によるタイ米の国際競争力低下、長引く干ばつによるコメ生産量の減少などのため。なお、同協会の統計によれば、昨年のタイのコメ輸出は758万トンとなっている。{バンコク週報ウエブ・2020/7/21配信を転載}


「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 18:00| Comment(3) | チェンマイの日本食・日本食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご存知なかったですか?日本米(ジャポニカ)は最早北タイの特産ではありません。米どころイサーンで大量に生産されていますよ。私は数年も前からイサーンの義兄から送って貰っています。有名な日本食チェーン「Y」のご飯もイサーン日本米と思います。私の義兄たちはイサーンの米作農家ですから在タイ30年お米を買った事は殆どありません。
Posted by 菅 久雄 at 2020年07月28日 21:52
日本米(ジャポニカ)は最早タイの特産でもありません。
昔は北タイで日本人が指導してやってましたが、今は日本の大手業者がベトナム(メコンデルタ)で大規模生産してます。
Posted by 名無しさん at 2020年07月29日 12:25
ヴェトナムで大量生産?日本に輸出出来る訳も無いし誰が食べるのかな?タイではタイ人もジャポニカを食べる様になって来ていますが,ヴェトナム人も?
Posted by 菅 久雄 at 2020年07月31日 16:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。