2020年07月25日

北タイで最大の骨董・古物定期市“タラートムーソーン・ノーンホー”

20200725oldA.png

20200725oldB.png
 我楽多(ガラクタ)もまた愉しからず!

 チェンマイ市内最大の骨董・古物定期市といえば、マコーミック病院付近のプリンスロイヤル学校裏の定期市が有名であった。だが、2016年に現在の山岳民族博物館近くのノーンホー通りに横空き地に引っ越してきた。その名前も「“タラートムーソーン・ノーンホー”(ตลาดมือสองหนองฮ่อ เชียงใหม่)」に。現在では400ブース以上出展で、週末の土曜日・日曜日(07.00-17.00)に開催されている。(こりゃ、一度は行かなきゃね!)
・場所地図は以下に
 https://goo.gl/maps/PLWhcSs1pPCkLEBr5

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 07:00| Comment(2) | チェンマイ観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
去年 国際展示場から山岳民族博物館まで歩いて行く時に(歩くのは日本人)骨董市ですね 見ました グーグルマップに写真もあります。
昼過ぎだったのでもう終い始めていました。
やっぱり朝に行くのがいいでしょう
しかし 日本からタイには行きたいけど行けない。
10月末までに入国再開が出来ないとチェンマイの観光業は壊滅的になるのでは??
Posted by AN一族 at 2020年07月25日 14:42
PCモニターのDC電源が壊れて電気屋に行ったら交換にすごく高いことを言われたので、山岳民族博物館の所でダメ元で探して調達しました。調達品はコンセント付け根が接触不良なだけだったので交換し今でも使ってます。200Bぐらいだったか。
当たるも八卦当たらぬも八卦、これがジャンク品の醍醐味です。
Posted by 名無しさん at 2020年07月25日 21:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。