2020年07月23日

チェンマイの日本料理店・499バーツのビール飲み放題プロモで罰金5万バーツ!

20200723newsA.png

 タイはアルコール飲料の宣伝や広告は一切禁止。ビールやウイスキー、焼酎のビン写真はTVや新聞雑誌にも、街の広告看板にも一切ありません。タイへの旅行日本人は、その異常さに(?)なかなか気づかないようですがね。
 驚くのは、TVでドイツやイギリスのプロサッカーリーグの試合中継に、なんとスタジアムの特定の広告にボカシが入ることです。ボカシで何の広告かわかりませんが、ビールのハイネケンなど人気有名アルコール飲料会社の広告に違いありません。以下に関連記事。・・・

  <チェンマイの日本料理店「愛巴」、ビール販売プロモで罰金5万バーツ
 タイはアルコール飲料の販売に関しては非常に厳しい国で、販売時間が制限されており、宣伝を行うことも出来ません。そんな中で、ビールの販売プロモーションを行った日本料理店が摘発されました。
 摘発されたのはタイ北部チェンマイのお堀近くにある日本料理店「愛巴(Ai ToMoE)」。「愛巴」では、499バーツのビール飲み放題プロモを行ったことで、罰金5万バーツが科されました。
 なお「愛巴」は罰金を支払うことで営業停止にならず、引き続き営業が可能とのこと。また「愛巴」のシェフは、アルコール飲料の写真が入っているメニューなど、全ての宣伝に注意をするように呼びかけをしています。
 飲食店の皆さんは、アルコール飲料の宣伝はないか、法律に沿っているか、改めて見直しをした方が良いのかもしれません。{THAILAND HYPERLINKS・2020年7月22日 配信を一部転載}


「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 01:00| Comment(1) | 北タイ暮らしの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
営業停止にならず、プロモーションも禁止では無いはずだから、5万バーツはお店の良い宣伝費では無かったか(笑)。
Posted by 菅 久雄 at 2020年07月23日 12:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。