2020年07月21日

タイ内閣・9月26日までの滞在期限自動延長と90日レポート免除を承認!

  <2020年9月26日までの滞在期限自動延長と90日レポート免除を内閣が承認
 間もなく2020年7月31日。この日はタイ国内に足止めされている外国人の滞在期限の最終日ですが、8月1日以降も滞在期限が自動延長されることが内閣により承認されました。
 各報道によるとタイ政府のスポークスパーソンであるトライスリー・トライサラナクン氏は7月21日、外国人の滞在期限を9月26日まで自動延長することが内閣により承認されたことを明らかにしました。90日レポートも免除となります。
 なお入国管理局局長は先日、9月26日までは猶予期間であり、延長手続きをせずに9月26日以降も出国しない場合は、法的措置に直面すると語っています。{THAILAND HYPERLINKS・2020年7月22日 配信を転載}


 ◎留意点 ただし、9月26日以降も在留ビザで在留予定の人は、当然1年ビザ更新(9月26日までにしなければならない外国人)は、これまで通り出頭して更新手続きする必要があるようです(当然かな? 何らかのやむ得ない事情で書類がそろわない場合などは、早めにイミグレに行って相談した方がよさそうだ)。 

 以下には《newsclip》よりの関連記事・・・

 タイ政府は7月21日の閣議で、国内の外国人の滞在期限を手続きなしで9月26日まで自動延長することを決めた。査証(ビザ)の種類を問わず、査証免除で入国した人も対象。滞在期限の自動延長は新型コロナウイルス感染症による渡航規制などを受けた特例措置として、3月26日以降に滞在期限が切れる全ての外国人を対象に導入された。当初の滞在期限は4月30日だったが、渡航規制が長引いたことから、7月31日まで延長されていた。
 タイ警察入国管理局は当初、滞在期限の再度の自動延長に否定的で、窓口に来た外国人に対し、7月末までに出国するよう指示していた。しかし、タイの陸海の国境は閉鎖されたままで、空路の再開も限定的なことから、7月末で滞在期限が切れる外国人すべてを出国させるのは困難と判断した。{《newsclip》2020年7月21日配信を転載}


「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 17:00| Comment(0) | ロングステイ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。