2020年07月14日

タムロート(ロート洞窟)観光に公園当局が重複する入園料徴収・それに地元猛反対!

20200714newsA.png

20200714newsB.png

 メーホンソン県の有名人気観光地の1つに、パーンマッパ郡の石灰岩地帯にあるにあるタムロート(ロート洞窟)内の見学や筏下りがある。その洞窟内観光を長年やっている地元観光グループは、7月14日に、「タムロート(ロート洞窟)観光に公園当局が重複する入園料徴収」反対の集会を開催した。・・・

 現在、洞窟観光では、2つの洞窟案内巡りでは3人以内のグループで200バーツ、3つの洞窟巡り筏下りでは3人以内のグループで450バーツを、タイ人も外国人も平等に徴収している。しかし、国の森林動物保護公園当局は、7月1日より、洞窟観光に対して、タイ人20バーツ、外国人200バーツの入園料の徴収を始めた。これに対して、地元観光グループは、タムロート(ロート洞窟)観光に重複する観光料金を徴収することになるとして、猛反対の運動が起こっている。

 ◎洞窟観光では外国人もタイ人も同じ料金なのに、公園入園料はタイ人20バーツなのに、外国人はなんと10倍の200バーツの徴収。これでは、ツアーで押し寄せる中国人観光客を始めとして、外国人観光客が立ち寄らなくなるのは火を見るより明らかかと。

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 06:00| Comment(1) | メーホンソーン県情報・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
外人料金がタイ人の10倍と言うのはボッタクリ、タイ人料金はメチャ安過ぎる。公園当局は料金体系の見直しが必要。
この洞窟に限っては100B位の均一料金を上乗せして、管理安全一切を地元に責任を持たせたらよいと思う。
Posted by 菅 久雄 at 2020年07月15日 10:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。