2020年07月12日

タイの「トラベルバブル」・入国時の隔離検疫なしで、チェンマイなどで最低14日間滞在条件で検討!

 タイ政府観光・スポーツ大臣は2020年7月10日、「トラベルバブル」を結んだ相手国の外国人旅行者に限り、入国時14日間の隔離検疫なしで、チェンマイなど指定観光都市での最低14日間滞在条件で受け入れる計画を検討していると発表。以下に関連記事・・・

 ◎チェンマイに戻ってきたい日本人には朗報です。だが、また感染者が増加傾向にある日本が、タイから「トラベルバブル」対象国として、相手にされなくなるような事態になってきているようで、その方が心配です。・・・
  <タイの「トラベルバブル」、外国人旅行者に最低14日の滞在を要求か
 報道によるとピパット・ラチャキットプラカーン観光・スポーツ大臣は2020年7月10日、「トラベルバブル」の中で外国人旅行者を受け入れるにあたり、最低14日間はタイに滞在する計画を外国人旅行者に要求するよう、プラユット首相と話し合ったと明らかにしました。
 「トラベルバブル」計画で、外国人旅行者が14日間の隔離検疫なしで訪れることが出来るのはチェンマイ、サムイ島、プーケット、クラビ、そしてパタヤになる見込み。観光スポーツ大臣は、外国人旅行者がその地域に滞在して14日後に新型コロナウイルス検査で陰性に確認されれば、タイ国内を自由に旅行出来るように許可したい考えです。この計画は首相が議長を務める総会に提案される予定です。
 さらに観光・スポーツ大臣は、現在のタイ人およびタイ国内に滞在中の外国人の国内旅行だけではボロボロになった観光産業を復活させることは不可能なため、8月には新型コロナウイルスのリスクの低い国と「トラベルバブル」を開始したいと述べました。新型コロナウイルス感染者が増加傾向の日本は、「トラベルバブル」の枠組みに入れるのでしょうか。
{THAILAND HYPERLINKS・2020年7月11日 配信を転載}


「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 01:00| Comment(3) | チェンマイ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本は、地方は感染拡大防止で頑張っているのに、東京のせいで「トラベルバブル」に指定されないかも・・・。
Posted by 東京のせいで at 2020年07月12日 13:39
コロナ以前の外人観光収入は莫大でした。何とかそれを早く取り戻そうとアガイテいるのが見え見え。観光収入に過大に依存する政策は変更すべき。一カ所に14日滞在してOKならば更に観光を続けるには相当な金と暇のある人でないと出来ませんね。
Posted by 菅 久雄 at 2020年07月12日 16:53
英字紙バンコックポストの報道によればNida(国立開発行政研究所)が1000人余りにアンケートを求めた結果は、55.3%が海外からの訪問者の受け入れに消極的で、これは収まりかけているコロナの第2波の襲来を懸念している理由からである様です。
Posted by 菅 久雄 at 2020年07月13日 14:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。