2020年07月10日

JAL、関西〜バンコク線は9月末までの全便運休を発表

 JALは2020年度夏期ダイヤのうち、新たに8月1日(土)〜9月30日(水)における国際線の運休・減便を発表しています。
バンコク(スワンナプーム)線については、当初の運航計画では羽田〜バンコク線を1日2便、成田〜バンコク線及び関西〜バンコク線は1日1便運航することになっていましたが、羽田線・成田線はそれぞれ大幅減便、関西線については9月末までの全便運休を決定。
また、8月より運航再開を予定している成田発バンコク行きや羽田発バンコク行きについても、現在の旅客便運航制限が継続された場合は運休するとしています。{アジアトラベルノート・2020/07/10配信を転載}


 以下に「日中韓とのトラベルバブル計画、第2波懸念で延期」の記事も・・・

  <日中韓とのトラベルバブル計画、第2波懸念で延期
 タイ政府は、新型コロナウイルス感染者が少ない一部の国を対象に観光客の入国許可を検討していたが、一時延期することとなった。タイ地元紙によると、タイ民間航空局(CAAT)長官は、感染者数を抑えていた日本、中国、韓国などの一部の国を対象に、特定の地域間で入出国規制を緩和する「トラベル・バブル」を実施する計画だったが、各国感染拡大の第2波が起こっており、この計画を一時延期せざるを得なくなったと語った。{タイ通ウエブより転載}


 ◎日本からタイへの一般旅行者の依然とほぼ同様の入国が、ますます先延ばしになっていくようですね。現段階では、早くとも10月以降ですかね?

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 01:00| Comment(0) | 北タイ最新エアーライン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。