2020年07月07日

7月上旬のチェンマイ田舎定期市・出回り始めた旬の野菜や果物

20200707foodC.jpg
 新ショウガ(ขิงใหม่)は1キロ50バーツ(約180円)
 レシピとしてココなどを参照
 
 新型コロナウイルス禍で数か月もの間閉鎖されていた定期市ですが、7月に入ってようやく以前のように開催されることになった。庵地区では、月曜夕方にも食品中心の定期市が開かれる。昨日、この1週間以上切れている糠漬けの野菜を買いに出かけた。そこで、この時期に出回り始めた旬の野菜や果物を写真中心で簡単に紹介しよう。・・・




20200707foodE.jpg
 日本輸出用の生枝豆のアウトレットが定期市に!
 1キロ20バーツ(約70円)で、自分で煮て枝豆にします!

20200707foodD.jpg
 ラムヤイ(竜眼)は1キロ35バーツ、3キロ100バーツ
 チェンマイ田舎ではどこにでもラムヤイの木はあるので売られていない?

20200707foodA.jpg
 雨季といえば各種アボガドが大量に出回ります。ここは1キロ60バーツ。

20200707foodB.jpg
 甘い小ぶりのパイナップル・プーレー品種(1個5バーツ程度)
 終わりかけのマンゴーもまだ売られている(1キロ25バーツ)

 ◎まだまだ出回っているのがミカン、ブドウ、ドリアン、マンゴスチン、スイカなどがあります。

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 05:00| Comment(0) | フルーツ天国・タイの果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。