2020年06月28日

2020年6月30日よりTM30の簡略化・タイ在住外国人には朗報?

20200624immigreA.png

 2020年6月30日よりのTM30の簡素化のお知らせ!
 (クリックを2回して拡大して下さい)
 以下に関連記事・・・

  <不評のTM30を簡素化、タイで暮らす外国人には朗報
 ホテルやアパートなど宿泊施設のオーナーは、外国人を宿泊させたらTM30という書類を入国管理局へ提出する義務があります。1979年に施行された非常に古い制度なのですが、なぜか2018年より厳格化。例えばアパートに住む外国人が旅行に出かけて、アパートに戻ってから24時間以内に、アパートのオーナーは入国管理局にTM30の届け出をしなければならなくなったのです。
 TM30の届け出を怠れば、本来オーナーに罰金が科されるのですが、外国人居住者(宿泊者)が罰金を支払うこともあり、さらにビザの延長に支障をきたすこともあったようで、非常に評判が悪い制度でした。
 そんな中で入国管理局は、2020年6月30日よりTM30を、最初に外国人が到着した時のみ提出をするように簡素化。例えばアパートに住む外国人が一時的に海外旅行に出かけても、マルチビザや再入国許可がある場合は、アパートに戻っても、オーナーはその都度TM30の提出をする必要がなくなりました。{THAILAND HYPERLINKS・2020年6月28日 配信を転載}


 ◎チェンマイでは定住日本人(タイ人配偶者が一緒に住んでいる家のオーナーの場合)や、アパートやコンドーに部屋を借りているリタイヤメントなどの1年ビザ所持所持の日本人の一部は、「TM30のアップデート」と称して、家やコンドーなどの部屋のオーナーになりかわって、タイに入国後24時間以内に、パスポート持参でイミグレに直接届け出ています。

 ◎つまり、入国外国人が住居に変更がなかった場合には、その外国人がイミグレに「24時間以内のTM30のアップデート」も免除されるということなのでしょうか?(そのように解釈したくなるのですが、ちゃんと“外国人”を主語に書いておいてもらわないと不安です??!!)

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 13:00| Comment(1) | ビザ・イミグレ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タイ語のパンフの直訳です。

<外国人を宿泊させた場合の第38条の改正>
以前のように繰り返し報告することを止め、市民の利便性を高める
実施は仏暦2563年6月30日から

“誰が便利になるのですか”
家主、持ち主、大きな建物の家主、ホテルマネージャー

“どのようになるのですか”
一時的に王国に滞在を許可された外国人を受け入れ宿泊させる場合、
宿泊したときから24時間以内に地域の入国管理局に報告しなければならない
そして、外国人が以下の場合は繰り返し報告する必要はない
★旅行で一時的に他の場所に宿泊し、元の住所に戻る場合、
★マルチビザを持っている場合、リエントリービザを持っている場合

下の二段は翻訳を省略しました。

法律的に建前は主語が家主等ですが、実質的に外国人がアップデートするのを
やらなくても良いという改正ですね。また、タイ語の直訳では解釈しにくいですが、
マルチビザやリエントリービザを持っている場合は再入国のことを言っており、
出国前と住所が変わっていないことが前提でしょう。
Posted by 心配性 at 2020年06月28日 16:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。