2020年05月15日

チェンマイでお一人様ドリアンを食べるならこの店!

20200515dorianB.png
 このようにバラ売りしています

 5月のこの暑い時期、暑さにバテルことなくスタミナをつけるには、今が旬の果物の王様ドリアンを毎日でも食べよう。私はダイエット中なので食べるのを我慢、我慢。・・・


 おらが田舎でも、チャンタブリーやラヨーンから仕入れたドリアンを荷台に乗せたピックアップ自動車が国道脇に止まっていて、行き交う人にドリアンを商っている。値段であるが、この時期、1キロ160バーツ(約560円)の値札が多い。

 たまに、買う人が何人も集って賑わっている屋台がある。そこだけは1キロ130バーツの値札を下げており、飛ぶように売れている。

 ドリアンはトゲトゲの1個単位で売っているのが普通。そうなると、1人では、1個単位での購入は食べるには多すぎて、買いそびれてしまう。(ラップに巻いてばら売りしている場合もあるのだが)

20200515dorianC.png
 「キートラ50」は「100gあたり50バーツ」の意味

20200515dorianA.png
 重さを量って値段を出します

 そこで、ドリアンの中身を品質別に100gあたりの値段で小売しているドリアン専門店が、チェンマイ市内にある。その店が、「สถานีทุเรียน สาขา 2 เชียงใหม่(サタニー・トゥーリアン・サーカー2)」なのです。

 googleマップでは  https://goo.gl/maps/EnNEEGAxEvym1BhV8 です。まずは、その店に行って、ドリアンの中身をちょこっと買って、お一人様ドリアンをこっそり楽しみましょう。たぶん、ドリアンの虜になってしまうかと。また、この店の公式フェイスブックはココをクリック。

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 14:00| Comment(0) | フルーツ天国・タイの果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。