2020年05月09日

新型コロナ禍で販路失い価格下落傾向の5月のタイフルーツ!

20200509furuitD.png
 果物の王様ドリアン・モーントーン種130バーツ

 新型コロナ禍で市場への販路を失い、価格下落傾向の5月のタイフルーツ。この5月にチェンマイで収穫期を迎えているのが、マンゴー(マムアン)、ライチ(リンチー)。それにおもに南タイから運ばれてくるマンゴスチン(マンクゥート)、ドリアン(トゥーリアンなどがる。・・・

 以下は5月初旬のチェンマイでの1キロ当たりのバーツ(1バーツ約3.5円なので、バーツ価格を7倍して2で割れば円換算になるかと)。

20200509furuitC.png
 ランブータン(ゴッ)1キロ40バーツ

20200509furuitB.png
 マンゴスチン1キロ50バーツ

20200509furuitE.png
 ライチ(リンチー)1キロ25バーツ
 マンゴーは各種品種、各種大きさがあって1キロ20〜40バーツ

 新型コロナでもっぱら“うち籠り”の毎日。5月に出回っているタイのフルーツを買い込んできて、3食とおやつに“焼け食い”しましょう。フルーツだけに太らないと思いますが、甘いし、カロリー高いので太るのかも?

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 10:00| Comment(0) | フルーツ天国・タイの果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。