2020年04月20日

3月と4月のムーカタ鍋昼食ボランティアの報告!

20200314chendaoA.jpg
 いざ!町のムーカタ店まで出陣だ!

 <3月はチェンダオの町のムーカタ店で!

 3月の第2土曜日もムーカタ鍋ボランティアは、常連支援者が誰1人参加出来ないという事情で、チェンダオの町のムーカタ店に招待ということになりました。・・・

 田舎町のチェンダオですので、ムーカタ店は2軒ほどしかなかったのですが、今では5軒もできています。今回の店は、ステープ生徒寮に最も近くテーブルの数も多くて、1人179バーツ{約630円}(ちょっと前までは149バーツだったのに)。

20200314chendaoB.jpg

 最近はほとんどの店でそうであるように、ムーカタ食べ放題の中に、水、コーラ、スプライトなどのソフトドリンク、デザートのアイスクリームまで無料に含まれている。

 たまには、本当にいろんな食材の揃うムーカタ店で、肉はもちろん他の食材も腹一杯食べてもらうのも悪くはないであろう。

20200314chendaoC.jpg
 豚肉以外にも野菜やキノコなども食べていますよ!

 生徒寮のムーカタ鍋では、豚肉大半で、あとはママー(乾麺)、ソーセージ、ルークチン(つみれ)ぐらいしか食べない寮生。だが、この店では、野菜もキノコ類も春雨なども結構食べているのを発見。次回からのムーカタ鍋では、栄養のバランスを考えて、上記の物も買ってきて食べてもらおう。

 ステープさん夫妻と子供2人、寮生の小学生3人、それに私の合計8人が、腹一杯食べての費用はなんと1024バーツポッキリ。まあ、子供無料で小学生は半額なので、そんな代金なのだろうが、それにしても安くすんでよかった。なお、この時に、3月分の飯米代金の1700バーツを渡しておきました。

 夜食のムーカタ鍋招待でしたので、飯米代金での購入とその写真は後日としたのですが、新型コロナ騒動で生徒寮訪問がママならずに、とうとう写真を撮る機会がなくなったことをお詫びいたします。

 今回のムーカタ店に夕食として招待してのムーカタ鍋ボランティアは特別事情ということで、あくまで生徒寮でテーブルを囲んでの昼食ボランティとして今後も継続していきたい。

 あらためて、1回300バーツ+αの会費でのチェンダオ生徒寮での毎月第2土曜日(11時から15時頃まで)のムーカタ鍋昼食ボランティアの気軽な参加をお願いします。

 <4月は新型コロナに負けてムーカタ鍋は中止に!

20200419kome.jpg

 4月の第2土曜を過ぎた頃、「米が切れたので、4月分の米を買ってくれ!」とのSOS電話が、ステープさんの携帯よりかかってくる。先に、新型コロナ感染防止のために、4月のムーカタ鍋ボランティの中止を伝えていた。

 濱月さん米基金から1ヶ月分の1700バーツを、チェンダオのステープ寮に持って行きたいのだが、生徒寮のある集落は完璧なロックダウン(閉鎖)で、検問所があり集落外の人はシャットアウト。違反したら、なんと最高2万バーツの罰金ときている。

 つまり、私は部外者なので生徒寮訪問は御法度。そこで、チェンダオの洞窟村に隠遁ステイしている知り合いの日本人の家に、私がひと足先にお邪魔して待つことに。そして、ステープさんがピックアップで飯米代金を、先に来ている私がいる知り合いの家で、やってきたステープさんに1700バーツを渡す。

 そして、町に購入してきてもらい、飯米1袋(タイ米)と日常食品など1700バーツ分をステープさんのピックアップに乗せたまま記念写真(上記)をパチリ。チェンダオ田舎でさえも、外出時にはマスク着用は欠かせません。

 まあ、バイクで外出する村人は村々の検問所で、ヘルメットなしはOKだがマスクなしは通してくれません。バイク事故より新型コロナ感染が、命に係わる最重要問題ということなのか知らん?

 さて、5月の第2土曜日のムーカタ鍋昼食ボランティアですが、新型コロナ感染の収束具合によります。中止の可能性が大きいのですが、5月の第2土曜直前まではっきりしたことはわかりませんので、ご了解お願いします。  

 なお、薬草サウナ小屋プロジェクトですが、3月26日に非常事態宣言、引き続いて夜間外出禁止令などが出されて、プロジェクト工事はは中断せざるを得ない状況です。5月以降に工事再開が可能な状況になりましたら、それ以降に工事を再開する予定です。ご理解をお願いします。

■4月19日の会計報告(3月分も含む) 
 <支出> 
 1.3月14日ムーカタ店代金 1024バーツ
 2.濱月コメ代基金 3月4月の2か月分 3400バーツ
   {注・タイ米1袋と日用食品(写真参照)を購入}
 <収入>
 1.定住者財団より(参加費1人分含む) 1000バーツ
  合計(米代基金除外) 1000−1024=−24バーツ

●次回への手持ち繰越現金:
  1.前回の繰り越し現金
    A.一般繰越金     13414バーツ 
    B。米代基金繰越金   24360バーツ  
  2。次回への繰越現金
    A.一般繰越金 
      13414ー24=13390バーツ       
    B。米代基金繰越金 24360ー3400=20960バーツ

posted by 新明天庵 at 15:00| Comment(0) | チェンマイ・ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。