2020年04月01日

メーホンソン県・都市閉鎖で22:00〜04:00まで外出禁止令!

20200401newsA.png

 3月31日現在、5人の感染患者が出ている“陸の孤島”のメーホンソン県。4月1日より、都市閉鎖令を発令。それによると、22:00〜04:00までの外出禁止、タイ国籍以外の外国人の県内に入るのを禁止など、かなり厳しい規制が出ているようです。・・・



20200401newsB.png

 ◎外国人旅行者が多いパーイ郡で、感染者5人のうち4人も出ています。もっとも、現在のパーイの町はすでにゴーストタウンとなっているようです。以下に、在チェンマイ日本国総領事館よりの最新情報を紹介。

 <在チェンマイ日本国総領事館よりの最新情報>
 <新型コロナウイルス感染症予防対策についてのメーホンソーン県告示(第3版)>
 第1条 22時〜4時までの夜間外出禁止(例外:医療関係,感染症予防,殺菌行為,必要物資(消費物,食用品,郵便,医療機器)の運送,緊急車両,公的車両,感染症担当官から野許可を得た場合)
〈略〉
 第3条 外国人のメーホンソーン県立ち入り禁止
  ただし以下の場合は例外または緩和措置の対象とする。
(1)本告示が発表される前に県内に立ち入りしている外国人。ただし,メーホンソーン県外に移動した場合,メーホンソーン県が規定する期間内は,同外国人はメーホンソーン県への立ち入りを禁止。
(2)首相または緊急事態下における責任ある者が,必要性に応じて定めたあるいは許可した場合及び人物は,本措置の例外とする。ただし,条件や時間が指定される可能性がある。
(3)メーホンソーン県内で任務を行う,大使館,領事館,国際機関の職員,または政府の代表者または他国政府の組織。〈以下詳細略〉
 上記(2)(3)の例外及び緩和措置を受ける者については,24時間以内に発効された移動にふさわしい健康状態を示す証明書が必要である。また,メーホンソーン県内に入った後も,厳格な感染症予防措置に従って行動しなければならない。また,県境職員は,外国人または新型コロナウイルスに感染したと疑われる者のメーホンソーン県内入県拒否をする権限を有する。
〈略〉
本告示に違反した場合には仏歴2558年感染症法に基づき,1年以下の懲役又は10万バーツ以下の罰金に処する。
本告示は4月1日から4月14日まで効力を有する。



「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 04:00| Comment(0) | メーホンソーン県情報・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。