2020年03月21日

久しぶりのメーガットダム湖のマラソン練習・やはり足が重たいぞ!

20200321runG.jpg
 貯水量が減っているメーガット・ダム湖

 雪やみぞれの残る福井の寒い山里に1ヶ月弱。雨やら、晴れても寒くて寒くて、ジョギングもほとんどできない日々。その後に、チェンマイに戻っても、日本からの帰国と言うことで、新型コロナウイルス感染防止のために自宅で15日間の外出控える軟禁生活。そのために実に1ヶ月半以上も、運動らしき運動ができない栄養過多(?)の不健康な暮らしに。・・・

20200321runE.jpg
 国立公園内の山なのに、まだ火事の煙が!

 最近では、運動不足で体重も増えて(多分)、なんとなく身体の軽さもなくなりシャキッとしない。「こりゃいかん、新型コロナウイルスに負けてしまうぞ!」と、まじめに心配する。

 そこで、“家に籠って楽したい自分”を振り切るように、メーガットダム湖堰堤にバイクで向かう。まだ午後3時半過ぎとあって、約2キロの堰堤は見事に誰一人いなくて、贅沢にも貸切(そんな贅沢はあまり意味ないかも?)。これなら、接触感染どころか、周囲に人がいないのだから、新型コロナウイルスの心配はゼロという最高の運動環境。

20200321runA.jpg
 閉鎖されたダム湖の素敵なレストラン

20200321runC.jpg
このような閉鎖の垂れ幕がいろんな場所でみられる

 ダム湖堰堤の端にある眺望の素晴らしいレストランだが、新型コロナの影響で“閉鎖”の垂れ幕が。「国立公園直営なので、もしかしたら閉鎖かも?」と予想したのだが、その通りだった。

20200321runB.jpg
タイ桜の1つ『ガンラパプルック』もなぜか寂しく咲いている

 訪れる人もなく静かなレストランだが、見覚えのある取り巻き(?)の4〜5匹の犬が実にのんびりと日陰で休んでいる。もう顔を覚えられていて、それらの犬に吠え立てられることはないのだが、手を出してオイデをしても寄ってこない。相変わらず可愛げのない犬どもである。

 久しぶりのダム湖は水深が浅くなり、水際が岸部から大きく後退して、茶色の底が半島のように大きく現われている。昨年の11月より5ヶ月間雨が降らずに、農業用水などに放水一方なのだから、貯水量が大きく減るのも毎年の事だ。

 いつものように、堰堤下の外周道路を先に3キロ余り走り、向こう側の堰堤端に上り、大きく湾曲した堰堤道路を2キロ余り走って、元の場所に戻ってきてゴール。そのコースを走っていても、放牧の牛たちや、バイクや車に出会うことはあっても、歩いている村人に出会うことはない。

20200321runD.jpg
 堰堤下の外周道路・見事に誰もいない
 看板は「田舎道路の号線」です

 新型コロナ感染防止のために「家にいて外出を控えなさい!」キャンペーンを、タイ政府保健省がやっている。だが、それは間違いで、「人の少ない自然の多い場所に外出して、ウオーキングやジョギングで、新型コロナウイルスに負けない元気で健康な身体作りをしましょう!」のほうが正解だと、勝手に思っている。

20200321runF.jpg
 ダム湖堰堤コースも誰もいない
 
 まあ、前例のない新型コロナウイルス感染拡大に、チェンマイ県民もいささかパニック状態に思える。日本でもタイでも着実に感染者が増加傾向。とはいっても、チェンマイ県での感染者累計はわずか7人、死者はまだ出ていない。これも事実。

 比較しても意味があまりないのだが、チェンマイ県の交通事故死者は、毎日数人以上は出ている。新型ウイルス感染死亡の心配より、交通事故死亡の方の心配のほうが先決だ。とも、言えないこともないだろう。

 やはり、走りながらでも、上記のように新型コロナウイルスについてあれこれと考えてしまう。考えたところで、空しくなってくるのも事実であるが。そう、「夕陽に向かってでなく、新型コロナに向かって走ろう!」でした。

 ところで、メーガットダム湖へのマラソン練習の帰りには、バナナ集荷民家の前のテーブルにあるお得な値段のバナナを買って帰る楽しみがある。

 値札のないバナナの房を「これいくらなの?」と尋ねる。すると、房の中の本数を数えて、15本あるので30バーツ(約105円)とのこと。いつもよりちょっと高いのだが、まだ緑色で形の揃ったバナナなので、言い値で買い求める。「もう走り終えたのかい?」といつものおばさんは声を掛けてくれる。

 先月日本にいたのだが、スーパーで売っているフィリピン産バナナは3本で120円くらいと、そんなに高くはなかった。それでも、おばさんの家で売っている新鮮バナナの美味しさと安さには勝てないであろう。

 いつも緑の多いバナナを買い求めて、庵の軒下に吊るしておき、黄色く完熟したバナナからもぎ取って頂くことにしている。バナナがいつも軒下のぶら下がっている田舎暮らしは、やはりいいものである。福井の山里の家では絶対できないのだから。

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

posted by 新明天庵 at 13:00| Comment(0) | チェンマイ・マラソン走ろう会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。