2020年01月17日

チェンマイ市バスの新B3路線は一律15バーツ

20200117busC.png
 
20200117busA.png
 クリックを2回して拡大

 チェンマイ市外のメーリムのナコンピン県立病院などに行き来する場合には、一律15バーツの新B3路線のチェンマイ市バスが便利。でも、日本人の利用者など誰もいないかな?

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 05:00| Comment(3) | バス・タクシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
緑色の路線ソンテウに過去5年、500回は乗っている。
日本人らしき人を見たことがない。
ミニバン型や大型バス型の路線バスも日本人をほとんど見ない。
中国人は良く見る。
赤ソンテウでは時々日本人に合う。


使い慣れると、
快適、安い
交通事故の心配が少ない
(バイクは危ないですよ、特に年寄りには)
しかも地球にやさしい

Posted by 四天王寺の番人 at 2020年01月17日 11:15
なぜサラピー方面からエアポート方面へのバスがないのか不思議

ブルーのソンテウはナラワット橋方面のみ運行、それだって乗客がてんこ盛りです。

後ろの方が底に届きそうなくらい重量オーバーなので、お年寄りや女性を乗せるには問題あるかと?
Posted by なんだかな〜 at 2020年01月17日 15:00
チェンマイのバス路線はどうして往復でルートを変えるのでしょう。例えば、チャングプアクのバスステーションで乗車したお年寄りが、ナコンピン病院で下車した場合、帰りは一旦、エキジビションセンターまで行き、乗り換えてから戻らねばならない。往路、復路が違うなんて日本ではあり得ないね。
Posted by B3 at 2020年01月18日 12:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。