2020年01月05日

チェンマイのクンワーンのサクラ満開のトンネルにたくさんの見物客!

20200105sakuraA.jpg

 1月4日、チェンマイ県メーワーン郡メーウイン地区にある“チェンマイ農業研究センター(クンワーン・ขุนวาง)”(ศูนย์วิจัยเกษตรหลวงเชียงใหม่(ขุนวาง) ต.แม่วิน อ.แม่วาง จ.เชียงใหม่)にある桜並木が90%満開になり、サクラ満開のピンクのトンネルが出来て、多くの見物客で賑わいを見せている。・・・

 随分と前になるが、そこに花見に訪れた。ほぼ満開の桜並木の見事さにうっとり。今でもその光景が心に残っているほどだ。この農業研究センター内の並木通りのサクラの木だが、どの木も他では見られないような太い幹をしており、枝ぶりも大きく見事で、満開の様子は日本のサクラの華やかさに決して引けを取らない。

 まだ90%の開花ということなので、来週初めの1月6日(月曜日)〜8日(水曜日)にでも出かけると、100%満開の花見が楽しめるかも。今年は、どこのサクラの名所も例年になく奇麗に咲きそろっているようです。

 日本人ならサクラの花咲く下で、ムシロ(?)を敷いて車座になって酒宴の席を持ちたいもの。ですが、センター内は多分禁酒だと思うので、そうでしたら酒宴は御法度なので注意して下さいね。


 クンワーンの最新のサクラの様子です!

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 01:00| Comment(0) | チェンマイなどの季節の花木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。