2020年01月04日

“年末年始の危険な7日間2020”の事故件数でチェンマイ県は全国第2位!

20200104ziko.jpg

 2019年12月27日〜2020年1月2日の“危険な7日間”の交通事故結果が発表されました。タイ全国での事故件数は3,421、負傷者は3,499人、死者は373人(1日あたり約53人)。以上の数字ですが、前年比で交通事故件数は9.76%減少、負傷者数は10.1%減少、死亡者数は19.4%の減少になっている。・・・

 この「危険な7日間」では、高速道路職員と警察官64,000人超がタイ全国2,000箇所のチェックポイントに配置され、100万台を検査し、230,306人の交通違反者が出た。その殆どがヘルメット未着用か運転免許証の不携帯または無免許だったようです。

 なお、チェンマイ県は全国で第2位である104件の事故件数、負傷者は104人、死者は14人。
 ちなみに2018年中の日本での交通事故死者数3,532人。タイの人口は日本のおよそ半分なのに、危険な7日間の約10倍である「わずか70日間で日本の1年間の交通事故死亡者数を上回る」計算になる。これで、異常なまでの交通事故死者の多さがわかるかと。

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 03:00| Comment(0) | チェンマイ道路・交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。