2019年12月17日

12月のチェンダオ生徒寮昼食ボランティア!クリスマススペシャル!

20191217suteapF.jpg
 嬉しいプレゼント交換 

 生徒寮のステープ夫妻は、毎週教会の日曜礼拝に通うくらいのクリスチャン。そのこともあって、毎年クリスマスパーティーを開催。今年はクリスマスまでにはかなり早いのだが、第2土曜開催の昼食ボランティアと同時開催することに。・・・

 チェンマイなどで暮らしていると、各種パーティー開催時には、参加者が持ち寄ったプレゼントを、くじを引いての交換会が必ず行われることを知る。ちょっとしたワクワクドキドキがあって、パーティーの楽しさを増すようで、日本人も取り入れたい良い習慣かと。

 さすがに生徒寮でのプレゼント交換会なので、「30バーツちょいのプレゼントを参加者全員が持参」ということに。まあ、参加した大人の支援者は100バーツ前後のものでの参加。

20191217suteapD.jpg

 大人から見ると他愛のないプレゼント交換に思えてしまうが、やはり参加した児童生徒は本当に嬉しそうである。振り返って後ろを遠く(?)子供の頃を眺めれば、何であれプレゼントをもらえたら、胸が小躍りしていたよなー。

 今回はクリスマススペシャルということで、常連参加のSさんが、子供たちに、なんと肉の入れない野菜カレーを、いつものムーカタ鍋の前菜(?)として作って食べてもらうことに。これまでの幾度かのカレーボランティアで、「日本のカレーなら美味しく食べてくれるに違いない」などと思い込んで、たくさん作って出している場合が多い。

 だが、予想以上にお代わりしない子供達なので、食後に率直な感想を聞かせてもらう。すると、「ウンチみたいで、中に入っているのが(煮込んでいてカレーの泥の中に入っているので)じっと見ても何かわからないので…気味が悪い。また、カレー(タイ語でゲーン)なのにちっとも辛くない・・・云々」と、控えめに告白(?)するではないか。

20191217suteapC.jpg
 人気の美味しい野菜カレーを配る初参加の2人の女子大生
 もちろん、食べた生徒の中には口にあって美味しく頂いた者もいるだろうが、まあ、たぶん半分くらいは、「皿に盛ってくれたので一応我慢して食べなくちゃ!」と思っているのではなかろうか。

 ところが、Sさんが用意したMAKROで買ったゴールデンカレー(辛口)と、見た目でもわかりやすい(ここがポイント)大きく切ったジャガイモ、ニンジンなどの野菜がたくさん入っていること。それに、今回初参加のタマサート大学短期留学中の青山学院女子大生の2人の1人のYさんが、細腕によりをかけてカレーを煮込んだこともあって、生徒もお代わり続出の極上の野菜カレーとなった。

 女子大生のYさん。来年も参加して、野菜カレーを生徒達に食べさすことに、勝手に決定しましたのでよろしくお願いします。

 このように、いつものムーカタ鍋の前に、別の料理を“ちょこっと”作って、生徒達に食べさせてくれる方の参加も大いに歓迎です。今後ですが、作って食べさせてあげたい料理としては、手作りギョウザ・焼そば(厚い鉄板は用意してあります)、冷やしソーメン、太巻き、手巻き寿司、おにぎり、鮭の兜焼など各種あります。

20191217suteapA.jpg
 いつものムーカタ鍋をほぼ豚肉だけを食べる 

 やっぱり、毎月相も変らぬ“豚肉食べ放題のムーカタ鍋”では、生徒達も(我々常連支援者も)ワクワクドキドキ感がなくなるのですよね!ハイ!

20191217suteapG.jpg

 反省点としては、やはり、ムーカタ鍋はこれまで通りの長テーブルの上の1ヶ所で集まって食べないといけないと。それには、丈夫な長テーブルがもう1脚揃えられたらいいのだが。 

 さて、来年2020年1月のムーカタ鍋昼食ボランティアですが、いつものとおりその月の第2日曜日ということで、1月11日(土曜・11時から15時頃まで)を予定。ボランティアに興味関心のある方は、このブログのコメント欄に連絡・質問などをお願いします。

■12月14日の会計報告(原則として領収書は保管してあります)■
  <支出> 
 1.ムーカタ用のソフトドリンク・炭(1俵)・ナマズ餌・氷の
   ステープさん購入分            610バーツ
 2.MAKROでのムーカタ鍋の食材などの購入分
                        1900バーツ
  (今回は近所の子供参加分も含む)
 3.野菜カレー食材代(Sさんに後日払い)    150バーツ
 4.濱月米代基金1ヶ月分           1700バーツ
   {注・タイ米2袋(写真参照)を購入}                          
              合計4360バーツ(2660バーツ)
                         
  <収入>
1.定住者財団より(参加費1人分含む)      1000バーツ
2.参加費1人300バーツ・4人=        1200バーツ
3.+αの収入 
  200B×1人=                200バーツ
 
4.濱月米基金                  1700バーツ 
              合計4100バーツ(2400バーツ)                        
 ◆米代基金の収支
  基金支出:1700バーツ
 ◆全般の収支:4360−4100=260バーツ
 
 ●次回への手持ち繰越現金:
  1.前回の繰り越し現金
    A.一般繰越金     10507バーツ 
    B。米代基金繰越金    1360バーツ  
  2。次回への繰越現金
    A.一般繰越金 
      10507+260=10767バーツ       
    B。米代基金繰越金 20400+1360ー1700=20060バーツ  
  *備考・濱月様からの次の1年分米基金20400バーツを今回から会計に計上。


「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

posted by 新明天庵 at 10:00| Comment(0) | チェンマイ・ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。