2019年11月20日

“チェンダオ東屋キャンピングステイ”での宿泊予約受け付けています!

 チェンダオの“バーンデック”生徒寮の3棟の東屋でのキャンピングステイ宿泊が一応可能になりました。1泊朝食付200バーツ+カンパで、ちょこっとボランティアしながら、何日でも滞在可能です。先日、日本の盛岡からやってきて、ここで3泊4日のキャンピングステイを体験した方がいます。・・・

 その方は、チェンダオの町に到着して、すぐに町中にある1日250バーツのレンタルバイクを3日間借りて、生徒寮をベースキャンプにして、チェンダオのいろんな場所を探検したり、チェンダオのローカル色豊かな伝統ロイクラトンを体験したりして、楽しんだようです。

 東屋キャンピングステイ宿泊で、湯治湯体験、薬草サウナ体験、温泉バイクツーリング、ミャンマー国境バイクツーリング、幽谷深山寺の瞑想体験、山岳民族村訪問体験などなど、“ワクワクドキドキ体験”にチャレンジしてみて下さい。もちろん、やりたい体験の紹介や(可能ならば)案内をヘルプいたします。

 予約受付やお問い合わせは、chaocnxアットhotmail.com{アットは@に換えて下さい}までお願いします。

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
この記事へのコメント
管理人さんを通さない直接のタイ語での予約は不可でしょうか?
当日、近辺に行って天候が良くないと、さすがにシャワーもエアコンもトイレや水道設備も無いテントでの宿泊は厳しいと思いますので、理想的なのは当日の天候を確認しての宿泊です。
もうひとつご教示願いたいのは、まともな夕食が取れるレストランまでの距離です。






Posted by 興味あるのですが at 2019年11月20日 20:43
寮長のステープさんへの、タイ語での直接予約も可能です。携帯電話は081−366−9598番です。ただし、どこかに置いている場合が多いのでなかなかつながらない場合がありますので、何度も呼び出しして下さい。

エアコンなしですが、シャワー、トイレ、井戸水のポンプ給水の水道は東屋テントから20mくらいの寮敷地に一応あります。でも、山のキャンプ泊が嫌いな方は、宿泊しない方が無難かと思います。

マトモな夕食はチェンダオの町まで、バイクで5分から10分でいけます。

 以上です

>興味あるのですがさん
>
>管理人さんを通さない直接のタイ語での予約は不可でしょうか?
>当日、近辺に行って天候が良くないと、さすがにシャワーもエアコンもトイレや水道設備も無いテントでの宿泊は厳しいと思いますので、理想的なのは当日の天候を確認しての宿泊です。
>もうひとつご教示願いたいのは、まともな夕食が取れるレストランまでの距離です。
>
>
>
>
>
>
>
Posted by 新明天庵 at 2019年11月21日 22:09
ちなみに寝る場所に電灯と電源はあるでしょうか?
あと携帯電話の電波は繋がる場所でしょうか、もちろんwifiが有ると期待していませんので自前の携帯でテント内でネットに繋がるかと充電が出来るかだけ確認したく思います。
Posted by 情報ありがとうございます at 2019年11月22日 21:45
そうですね、肝心な情報の説明が抜けていて申し訳ありません。テント内には電灯はありませんが、キャンプ用の携帯電灯があります。また、WIFIは生徒寮にもありません。でも、ポケットWIFIがあればテントの中でも使えます。充電は、生徒寮内でやってもらっています。ちなみに、以前は寮に3BBのWIFIを毎月640バーツ程度払ってあったのですが、支援金不足で止めざるを得ませんでした。以上です。

>情報ありがとうございますさん
>
>ちなみに寝る場所に電灯と電源はあるでしょうか?
>あと携帯電話の電波は繋がる場所でしょうか、もちろんwifiが有ると期待していませんので自前の携帯でテント内でネットに繋がるかと充電が出来るかだけ確認したく思います。
Posted by 新明天庵 at 2019年11月23日 09:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。