2019年11月02日

タイでインフルエンザが流行!患者割合でチェンマイが5番目に多い!

20191101byouki.png

20191101byoukiA.jpg

 タイ政府保健省疾病予防局によれば、今年2019年1月1日より10月15日までの期間のインフルエンザ(ไข้หวัดใหญ่・カイワットヤイ)患者は310,678人で、死亡者は22人になっている。患者数は、昨年同期より約3倍にもなっている。感染ウィルスであるがAH1N1型が大半となっている。
 タイ各地の患者割合であるが、最も多いのはバンコク、以下、ラヨーン、ナコンパトム、チャンタブリーと続き、第5位がチェンマイとなっている。これから冬に入り、インフルエンザが流行しやすいので、感染予防に注意が求められる。

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

posted by 新明天庵 at 01:00| Comment(0) | チェンマイでの病気・治療・病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。