2019年11月01日

ランパーン県トゥーン病院で大麻クリニックオープン!

20191101newsA.png

 タイで医療用大麻の栽培・研究が認可され、大麻(タイ語ではกัญชา・ガンチャー)から抽出された大麻オイルでの治療がタイの病院で解禁になった。ランパーン県トゥーン病院でも、タイ伝統医学の医師による大麻クリニックがオープンした。・・・


 ◎医療用大麻の種類と効用を知りたい方は、
  “ Webナショジオ”の「 米国〈医療マリファナ〉本当の話」のココの記事を参照下さい。大麻にも2種類ある事、大麻から抽出したオイル成分も2種類ある事、「てんかん」や「特定のアレルギー」に効能がある事などが理解できます。

◎もちろん日本では医療用大麻からの薬は解禁になっていないので、日本からわざわざタイに来て大麻の薬の治療を受けにくる患者が増えてくるのではあるまいか?

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 02:00| Comment(0) | チェンマイでの病気・治療・病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。