2019年10月29日

タイ空港公社、利用客減少傾向のチェンライ空港の運営見直しを検討!

20191029newsB.png

 タイ空港公社(AOT)が運営している6つの空港(スワンナプーム空港、ドンムアン空港、プーケット空港、チェンマイ空港、メーファールアン・チェンライ空港、ハジャイ空港)のうち、利用者が減少しており、赤字経営の恐れがあるハジャイ空港とチェンライ空港の運営見直しを検討していると発表。・・・



20191029newsC.png

 ちなみに、現在のメーファールアン・チェンライ国際空港だが、国内便が6社、国外便が6社の合計12の航空会社が乗り入れており、1日約40便の利用となっている。今年のこれまでの空港利用客は2,953,254人と300万人を割り込んでいる。

 ◎チェンマイ空港は利用客が年々増加傾向で、空港としての収容能力の限界に近づいており、チェンマイ第2空港の建設がすでに決まっている。そうか、チェンライ空港利用者が減少しているとは意外ですね。でも、1日約40便は、チェンマイ空港と比較すると少なすぎますよね!

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 09:00| Comment(0) | 北タイ最新エアーライン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。