2019年10月17日

チェンダオ生徒寮・「東屋キャンプ・ボランティア・ステイ」プロジェクト(10月・F)

20191004borantexiaA.jpg

 9月時点でプロジェクト資金がマイナス4958バーツで、ひと口1000バーツカンパが1件もない。それでは、これ以上の赤字を増やすこともできず、プロジェクトを進める物品の購入は一時ストップせざるを得ないという苦しい状況に。・・・



 しかし、ある日本の方からの紹介で、ほぼ自立して生徒寮運営をやっているチェンライのメーコック財団の見学を紹介された。ステープ寮長を案内して、そのメーコック財団に見学させて頂いた。その生徒寮を運営しているタイ人女性のアヌラックスから、“生徒寮の自立的運営”様々な助言を頂いた。

 そして、先日の北タイ温泉探検隊のチェンライ訪問の折、チェンコーンでパパイヤゲストハウスをやっている高橋さんを訪問。手作りの薬草サウナ小屋でサウナ体験をして、チェンダオ生徒寮に同じような薬草サウナ小屋を建てることに決定。ボランティアステイの方はもちろん、チェンマイからの日帰りの方でも、生徒寮にある薬草サウナを楽しめるようにしたい。

 その薬草サウナ小屋(4人用)を持つには、やはり6千バーツくらいの予算が必要と概算。ともかく、1人1回利用100バーツの薬草サウナを、早急に建設して完成させたいものだ。でも、先立つ資金がないので困っている。チェンマイでもボランティアに関心のある方、是非とも薬草サウナ資金ボランティアをお願いします。

 タイでのボランティアに関心のある方。チェンダオのステープ夫妻運営の生徒寮“バーンデック”の経済的自立運営ができるように、ひと口1000バーツの支援をお願いします。

「東屋キャンプ・ボランティア・ステイ」プロジェクト会計・第5回分
9月15日〜10月12日までの分(15/9―12/10/2019)
●収入  0バーツ
○支出  A.。ステープ寮長のチェンライのメーコックファーム見学同行の燃料代 1180B
合計 1180バーツ
 今回の収支 ●収入―○支出=0−1180=−1180バーツ
 ◎前回の繰り越し −4958バーツ
 ◎次回の繰り越し −4958−1180=−6138バーツ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。