2019年10月13日

タイヤイ族伝統のオークパンサーの宗教行事・ポーイリンシップエッツ

20191013taiyaiA.png

 ワン・オークパンサーの翌朝に行われる仏教行事が「タックバート・テーウォーローハナ/ตักบาตรเทโวโรหณะ」(「テーウォー/เทโว」とも呼ぶ)。天界(テーワ・ローク/เทวโลก)から人間界に戻って来た僧侶が一列に並んで早朝托鉢(たくはつ)を行い、その列を待ち受けた信者らは僧侶の鉢に食べ物などをお布施する。・・・



 この伝統行事をメーホンソン県に多く暮らすタイヤイ族は“ปอยเหลินสิบเอ็ด”(ポーイリンシップエッツ)と呼び、各地区のタイヤイ寺では“จองพารา”(ジョンパラ)と呼ばれる城を飾り付ける。そして夜には、その“จองพารา”(ジョンパラ)のパレードが行われる。

 ※「タックバート・テーウォーローハナ/ตักบาตรเทโวโรหณะ」は、ワン・オークパンサーの翌日、すなわち、วันแรม 1 ค่ำ เดือน 11(旧暦11月の黒分/下弦の1日)に行われる。

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

posted by 新明天庵 at 04:00| Comment(0) | メーホンソーン県情報・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。