2019年10月12日

チェンマイのLRTの赤路線建設前の駅予定地の発掘調査開始!

20191012tramB.jpg

20191012tramA.jpg
 
 タイのチェンマイ市では、2027年の開業を目指して、ライトレールシステム{Light Rail Transit System (LRT)}{ระบบรถไฟฟ้ารางเบา}を計画。赤路線(北のナコンピン病院と南のメーヒアを結ぶ)建設開始を前に、駅を建設のチャーンプアック門で、チェンマイ第7芸術事務所の考古学グループ が発掘調査を開始した。・・・

 今後は以下の8つの駅予定地点での発掘調査を行うことになっている。

20191012tramC.jpg

1.บริเวณตลาดบริบูรณ์ (จุดที่รถไฟฟ้าเริ่มลงสู่ใต้ดิน)
2.บริเวณพื้นที่ว่างใกล้แยกช่วงสิงห์(สถานีข่วงสิงห์)
3.บริเวณมหาวิทยาลัยราชภัฏเชียงใหม่(สถานีราชภัฏเชียงใหม่)
4.บริเวณใกล้ประตูช้างเผือก(สถานีช้างเผือก)
5.บริเวณประตูสวนดอก(สถานีสวนดอก)
6.บริเวณแจ่งกู่เฮือง(สถานีหายยา)
7.บริเวณใกล้หมู่บ้านไทยสมุทร(จุดที่รถไฟใต้ดินยกระดับขึ้นสู่ผิวดิน)
8.บริเวณแยกแม่เหียะสมานสามัคคี(สถานีแม่เหียะสมานสามัคคี จุดสิ้นสุดโครงการ)

 ◎720年余り前にできたランナー王朝の古都チェンマイ。都を囲む四角い濠を中心に、考古学で貴重な遺物が採掘されるのを期待しましょう! なにか驚くべき遺物が発掘できたニュースを待っています!

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 05:00| Comment(1) | チェンマイ道路・交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本日12日午後に見ましたが、日本と比較すると大雑把な発掘調査のようですね。拡張するかどうかは不明ですが、試掘坑をやや広くした程度の調査面積です。グリッドもトラは使わずメジャーで適当に設定しているようですし、標高原点を持ってきた痕跡も見られませんでした。タヌキ掘りをしたような痕跡も見られ、遺物の取り上げもどのようにしていたのか・・・。遺構はどのように記録したのか・・・。掘り下げが終わり、壁面のセクション図も一部終わって(実際に図面をとったのか・・・釘を打って紐を絡ませ線を強調していたので写真撮影だけで済ませた可能性も)、土壌サンプルを採取中でしたが器具を交換することも洗浄することもなくあちこち掘るなどかなり大雑把でした。
ちなみに遺物は採掘するものではなく出土するものですなどと言ってはいけませんね。日本人がこだわりすぎるのですよね。ここはタイ、マイペンライですね。
Posted by 今日見ました at 2019年10月12日 19:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。