2019年10月03日

日本のパスポートがビザなし入国数で世界最強!タイは第66位!

 Henley & Partnersは2019年10月1日、影響力のあるパスポートランキングを発表。タイは、ビザ無しで入国できるのが77ヶ国で、ランキングは66位でした。
 なお、ビザなし入国数で1位は日本とシンガポールで、ビザ無しで入国できる国は190ヶ国。2位はフィンランド、ドイツ、韓国で188ヶ国。3位はデンマーク、イタリア、ルクセンブルクでビザ無しで187ヶ国に入国可能。・・・
 

 ただし、この数字にはビザは必要でも空港などで到着ビザ(ビザ・オン・アライバル)が取得可能な国やeTA(電子渡航認証)の取得が必要な国も含まれています。詳しく見てみると、

 ・到着ビザが必要なのは41カ国・地域、
 ・eTAを必要としているのは9カ国・地域。
 ・ということで、純粋に手続き無しに入国が認められているのは140の国と地域ということになります。

 ◎アジアに限定してみると、全31カ国・地域のうち事前のビザ取得が必須なのは以下の4カ国(2019年10月3日時点での情報)。
 アフガニスタン (Afghanistan)
 ブータン (Bhutan)
 トルクメニスタン (Turkmenistan)
 北朝鮮 (North Korea)

 ◎eTAが必要
 パキスタン (Pakistan)
 スリランカ (Sri Lanka) 

 いやいや、日本のパスポートは世界最強で有難いですね。やはり、チェンマイなどを起点に隣国やアジア諸国を旅しないと・・・やはり“損”ですね!

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 01:00| Comment(0) | ビザ・イミグレ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。