2019年09月30日

チェンマイ県サラピー郡でもローンコーン収穫



 チェンマイ県サラピー郡ノーンフェーク地区バーン・クーデーン(บ้านกู่แดง หมู่ที่ 6 ต.หนองแฝก อ.สารภี)ではローンコーン果樹園があり、甘くて品質も良くて1キロ30バーツの高値で出荷している。もともと、ローンコーンの特産地であるタイ南部のナラチワート県からのローンコーンの実の種から、芽が出た苗木を多く育ててみた。それから約20年経過して、木も大きくなり、ローンコーン果実も収穫できるようになった。収穫した果実は、本場の南部タイのローンコーンに負けず品質も良くなった。今では、チェンマイ県産のローンコーンとして出荷されている。

 ◎ローンコーンはブドウみたいに房状になっているのだが、北タイではそのローンコーンの果樹がほとんどない。それで、木にどのように実がなっているのか疑問である。
 枝の先の部分ではなく、むしろ太い幹や枝の根元に房状に“鈴なり”になっているのを見て、ちょっと驚いた。冷静に考えれば、あんな大きく重い房が、細い枝の先にぶら下がったら、細い枝は折れてしまうことがわかる。

 ◎機会があれば、上記の記事の村に出掛けて見て、果樹園の中を見学したいものです。

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 05:00| Comment(0) | フルーツ天国・タイの果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。