2019年09月21日

メージョー大学に学ぶブアカーオが医療用大麻植栽を行う!

20190921newsB.png

20190921newsA.png
 ガンチャー・第39本目・・・と厳重管理?

 先のココの記事でお分かりのように、チェンマイ県メージョー大学に学ぶことになった格闘技でのタイの国民的英雄ブアカーオが、9月21日に、大学が行う医療用大麻1200本のビニールポットへの植栽を行った。
 このようにタイでは、政府から許認可を受けた機関による医療用大麻の栽培育成が、まるで競争のように全国各地で急増しているようです。栽培大麻の横流し、密売の犯罪も増えてくるのは火を見るより明らかだと思うのですが??!!・・・



 ◎補足記事を以下に。
  『タイ北部チェンマイ県のメージョー大学に、国内最大の医療用大麻栽培施設が開設された。同大学は、医療用大麻を供給するほか、栽培方法も教授する。22日付バンコクポストが報じた。 大麻は、3,040平方メートルの温室で有機栽培される。21日に行われた施設開設の式典で、大麻の苗木1200本を植えた』

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 13:00| Comment(0) | チェンマイ地元新聞・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。