2019年08月29日

チェンマイ・ランプーンの私立病院のパラセタモール一錠の値段比較!

20190829kusuri.jpg

 「タイの48の私立病院・治療費や薬代などの公開義務に従わず!」の先のココの記事を参照。そんな状況の中、チェンマイ・ランプーンの私立病院のパラセタモール一錠の値段の比較が以下のように発表された。最も安い病院では1錠3バーツで、最も高い病院では6倍以上の1錠19バーツと驚くべき結果となった。・・・

パラセタモール一錠500 mgの値段
・ランナー病院  6.04 B
テープパンヤー2病院 3.00 B
・ラジャベー病院 8.00 B
・テープパンヤー病院 10.00 B
チェンマイラム病院 19.00 B
・バンコク・チェンマイ病院 11.00 B
・シーウェーランプーン病院  3.00 B

パラセタモール一錠325mgの値段
・ハリプンチャイメモリアル病院 10.00 B
・マコーミック病院 3.50 B
・シーウェーランプーン病院  2.00 B


 補足:アセトアミノフェンまたはパラセタモールは、解熱鎮痛薬の一つ。 主に発熱、寒気、頭痛などの症状改善に用いられ、一般用医薬品の感冒薬にも広く含有されるが、過剰服用に陥る事例も少なくない。 1877年に発見され、現在は米国と欧州で最も利用される鎮痛薬・総合感冒薬である 。 ウィキペディアより

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 21:00| Comment(1) | チェンマイでの病気・治療・病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は15年前民間病院で心筋梗塞の入院手術を受け退院後は定期検査のみで治療はありませんが、毎日5種類の服薬を続けています。これらの薬は普通の薬局では販売していませんが、病院の薬局では高価であるのを知って担当医師(病院?)が特定の薬局を紹介して月に一度纏め買いをしています。どの位の差かは知らないが、病院よりは安い筈です。
Posted by 菅 久雄 at 2019年08月30日 16:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。