2019年08月27日

チェンマイ県ミャンマー国境山中で戦闘、覚醒剤980万錠押収

20190827newsB.png

 8月午前1時頃、タイ北部チェンマイ県メーアイ郡タートン地区バーン・サントンドゥーのミャンマー国境近くの山中で、麻薬密輸業者とみられる30人ほどの武装グループとタイ警察・軍の合同部隊の間で戦闘が起き、武装グループ側の男1人が死亡し、男1人を逮捕した。
未舗装の山道に入っていった不審なピックアップトラック2台を合同部隊が追跡したところ、武装グループから銃や手りゅう弾で攻撃を受けた。合同部隊が反撃し、20分ほど戦闘が続いた。合同部隊は夜明けを待って現場を捜索し、1人の遺体と逃走した男1人を逮捕。現場では手りゅう弾2発などを発見。乗り捨てられたピックアップトラック2台に積んだ覚醒剤約980万錠を押収した。{タイニュースより}

 ◎近年は膨大な量の覚醒剤ヤーバー錠の摘発が繰り返されています。それによって、近年は覚醒剤ヤーバー錠の1粒の価格が下落しているとのことです。それでも、ヤーバー1錠の末端価格が100バーツとすれば、今回の押収覚せい剤の末端価格9億8千万バーツ(約34億円)ということになろうかと。これならば密輸業者と軍が戦闘になっても仕方ないかと。

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 10:00| Comment(0) | 地元紙・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。