2019年08月28日

10月から医薬品店で処方薬の購入が可能に!非感染性疾患(NCD)の4つの慢性疾患治療薬

20190827medicin.png

 タイ保健省国家医療保障事務所(NHSO)は、国立病院に来る4つの慢性疾患の患者{4 โรค ได้แก่ เบาหวาน(糖尿病) ความดันโลหิตสูง (高血圧)หอบหืด(喘息) และจิตเว(精神病)}の薬を、患者で込み合う病院窓口ではなく、外部の指定の医薬品店(500店を予定)でもらえるようにすることを検討。早ければ、10月1日より実施したいとしている。このサービスにより病院内で処方薬を手にするために長時間待つ必要がなくなる。NHSOでは200万人あまりが同サービスを利用すると見込んでいる。

 ◎チェンマイやチェンライ在住日本の方で、糖尿病や高血圧の薬はどうして入手しているのでしょうかね? 「こちらの薬局で、日本の医者にもらった薬を見せて、その薬のジェネリックを安く購入できるので助かります」などと言う話はちょくちょく耳にするのですがね? まあ、必要とする薬によって入手方法も値段も違うのでしょうけれども?

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

posted by 新明天庵 at 14:00| Comment(0) | チェンマイでの病気・治療・病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。