2019年08月22日

2019年8月20日から施行の新交通法・違反現場での運転免許証の没収が不可能に!

 以下の関連記事に、『なお新交通法では、運転手には運転免許証、運転免許証を写した写真、運転免許証の電子情報を携帯することが義務付けられ、警察官からの要求があればそれらを提示しなければなりません』とあります。上記の3つの内の1つ以上が携帯義務ということなのか、それとも3つが携帯義務なのか?・・・

  <タイ交通警察による運転免許証の没収が不可に、2019年8月20日施行の新法律で
 各報道によると、2019年8月20日から施行された新交通法により、交通警察は運転免許証の没収が不可能になりました。
 新交通法で交通警察は、交通違反のために停車させた自動車やオートバイの運転手の運転免許証を、没収する権限がなくなりました。なお交通警察は、交通違反の運転手に対して、違反切符をその場で発行することができます。
 駐車違反のなど、その場に運転者がいない場合は、違反の証拠を添えて車両に貼付するか、運転手か車両の所有者の住所に書留郵便で違反切符を送付することができます。
 なお新交通法では、運転手には運転免許証、運転免許証を写した写真、運転免許証の電子情報を携帯することが義務付けられ、警察官からの要求があればそれらを提示しなければなりません。{THAILAND HYPERLINKS・2019年8月21日 配信を転載}

「にほんブログ村」のタイ情報にリンク開始しました。上位に顔を出せるようにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
posted by 新明天庵 at 04:00| Comment(0) | チェンマイ道路・交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。